クラウド移行とは? | クラウド移行戦略

クラウド移行(クラウドマイグレーション)とは、データベースやアプリケーションおよびITプロセスを、クラウドの中へあるいは既存のクラウドから別のクラウドに転送する過程のことです。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

クラウド移行

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • クラウド移行とは何かを理解する
  • なぜビジネスがクラウドに移行するかを知る
  • クラウド移行の課題を知る
  • さまざまなクラウド移行戦略を知る

クラウド移行とは?

Internet Cloud Migration

クラウド移行(クラウドマイグレーション)とは、クラウドにデジタル事業運用を移動させる過程のことです。クラウド移行は物理的な移動に似ていますが、物理的な物品の移動ではなく、データやアプリケーション、ITプロセスをいくつかのデータセンターから別のデータセンターへと移動させます。小さなオフィスから大きなオフィスに移動するように、クラウド移行には多くの準備と作業が必要です。しかし、通常であればコスト削減およびより高い柔軟性を得ることができるため、労力に見合った価値があります。

「クラウド移行」は、オンプレミスあるいはレガシーインフラストラクチャからのクラウドへの移行を指すことが最も一般的です。ただし、この用語はあるクラウドから別のクラウドへの移行を指す場合にも使われます。

レガシーインフラストラクチャとは何ですか?

コンピューティングでは、時代遅れでもまだ利用されているハードウェアまたはソフトウェアは「レガシー」とみなされます。レガシー製品およびレガシープロセスは通常最新のソリューションと比較して効率とセキュリティで劣ります。レガシーシステムを運営するビジネスは、競合に遅れをとる危険があり、データ漏洩の危険性も高まります。

レガシーソフトウェアあるいはレガシーハードウェアは信頼性や速度が低下し、またオリジナルのベンダーがもはやサポートを提供していない場合があります。たとえば、Windows XPはレガシーオペレーティングシステムです。2001年にリリースされ、Windowsの後継となる新しいリリースはその能力を超えています。マイクロソフト社ではXP向けパッチあるいはアップデートのリリースを現在行っておらず、XPオペレーティングシステムをサポートしていません。

インフラストラクチャには、サーバー、ネットワーク設備、アプリケーション、データベース、およびその他ビジネス上重要なソフトウェアやハードウェアが含まれます。老化したサーバーや物理的なファイヤーウォール専用機のようなレガシーインフラストラクチャは会社の経営過程を遅らせることがあります。さらに、オリジナルのベンダーが製品のサポートや、セキュリティパッチのリリースを中止すると、より多くの危険にさらされます。

レガシーインフラストラクチャは、典型的にオンプレミスでホストされています。これは、組織の建物あるいは運営設備に物理的に位置することを意味します。たとえば、多くのビジネスでは、従業員が勤務する同じビルでオンプレミスデータセンターをホストしています。

オンプレミスレガシーインフラストラクチャを利用する会社は、クラウドコンピューティングの利点の恩恵を受けることができません。このために、今日の企業はほとんどがクラウドに少なくとも部分的な移行を行いました。

クラウドに移行することの主な利点とは何ですか?

  • スケール拡大の可能性:クラウドコンピューティングは利用率に応じて拡大し、オンプレミスインフラストラクチャと比較してより大きな作業負荷に耐え、より多数のユーザーをはるかに容易にサポートすることができます。オンプレミスでは、追加の自社の物理サーバー、ネットワーク設備あるいはソフトウェアライセンス購入とセットアップが必要になるためです。
  • コスト:クラウドプロバイダーがメンテナンスとアップグレードを行ってくれるため、クラウドに移行した会社はITオペレーションのコストを大幅に削減できます。サーバーを自社で運用する代わりに、開発途上の新製品あるいは既存の新製品改良など、会社にとって最も業務上重要な作業に、より多くの資源を集中させることができます。
  • パフォーマンス:ビジネスによっては、クラウドへの移行をすることでパフォーマンスおよび自社顧客に提供する全体的なユーザー体験を改善できることがあります。アプリケーションかウェブサイトがさまざまなオンプレミスサーバーではなくクラウドデータセンターでホストされるようになり、データの移動の必要がなくなるため、ユーザーに到達するまでのレイテンシーが削減されます。
  • 柔軟性:従業員でも顧客でも、ユーザーは、どんな場所からでも必要とするクラウドサービスおよびデータにアクセスすることができます。ビジネスの新しい領域への拡大や、サービスの国際展開が円滑化され、また従業員にとってはより柔軟な働き方ができるようになります。

クラウドに移行することの主な問題点とは何ですか?

Physical Cloud Migration
    大規模データベースの移動
  • :クラウドで機能するためには、しばしば、すべてのデータベースを異なるプラットフォームに移動する必要があります。特に大きなデータ量が含まれている場合、データベース移動は困難が伴います。一部のクラウドプロバイダーでは、インターネットを介した重いデータベースの移転にはあまりにも長い時間がかかるため、データベースをハードウェアにロードしてから、クラウドプロバイダーにハードウェアを実際に送るような、物理データ移転方法を提供しています。データはインターネットによって転送することもできます。方法にかかわらず、データ移送は長い時間がかかることがよくあります。
  • データの完全性:データが転送された後の次のステップは、データが完全かつ安全でプロセスの間に損傷していないことを確かめることです。
  • オペレーションの継続:現行システムが移行期間全体にわたって使用可能で、ユーザーが利用できるよう保証することが必要です。長期使用保証するためにオンプレミスとクラウドの間で重複期間を設ける必要があります。たとえば、既存データベースをシャットダウンする前にクラウドですべてのデータのコピーを作ることが必要です。ビジネスでは、通常一度にではなく少しずつデータやアプリケーションを移動させる必要があります。

オンプレミスからクラウドへの移行はどのような仕組みですか?

すべてのビジネスはニーズが異なるため、クラウド移行のプロセスも異なります。クラウドプロバイダーは、ビジネスの移行プロセスを支援することができます。ほとんどのクラウド移行には次のような基礎的なステップがあります。

  1. ゴールの確立:ビジネスで目指す業績はどのようなものですか?レガシーインフラストラクチャの停止はいつを予定していますか?ビジネスを測定するためのゴールの確立は、移行の成功を左右します。
  2. セキュリティ戦略の作成:クラウドのサイバーセキュリティには、オンプレミスセキュリティとは異なるアプローチが要求されます。クラウドでは、事業資産がファイアウォールの中にあるわけではなく、ネットワークのペリメータは実質的に存在しません。クラウドファイアウォール、あるいはWebアプリケーションファイアウォールを展開させることが必要な場合があります。
  3. データのコピー:クラウドプロバイダーを選んで、既存データベースの複製を行います。クラウドデータベースを最新に維持するため、これは移行プロセスの全体にわたって継続して実行が必要です。
  4. ビジネスインテリジェンスの移行:リファクタリングあるいはプログラムの書き直しに関わるものがあります(以下を参照)。これは、断片的に実施することも、あるいは一挙に実施することもできます。
  5. オンプレミスからクラウドへのプロダクションの切り替え:クラウドが実行され、移行は完了します。

一部の事業者はこれらのステップの完了時点でオンプレミスインフラストラクチャを終了しますが、バックアップ、あるいはハイブリッドクラウドのデプロイ

の一部として、レガシーシステムを維持することもあります。

企業はどんなクラウド移行戦略を採用すべきですか?

非常に有力な情報技術調査会社ガートナーは、組織がクラウドに移行する際には5つの選択肢があるとしています。これらのクラウド移行戦略は一般に「5つのR」として知られています。

  • Rehost(リホスト) - リホストは「これまでと同一のサービスやアプリケーションをクラウドサーバー上で実行する」ことです。この戦略を選ぶ会社は、選択したIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)プロバイダーのインフラストラクチャ上でアプリケーションアーキテクチャを再構築します。
  • Refactor(リファクタリング) - リファクタリングでは既存のコードおよびフレームワークを再使用します。リホストの場合はIaaSですが、リファクタリングではPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)プロバイダーのプラットフォームでアプリケーションを実行します。
  • Revise(リビジョン) - この戦略は部分的にコードベースを書き直すか拡張し、その後、リホストあるいはリファクタリング(上記参照)のいずれかによってデプロイさせます。
  • Rebuild(リビルド) - 「リビルド」とはPaaSプロバイダーのプラットフォーム上で最初から最後までアプリケーションを書き直し、再設計することを意味します。これは多くの場合で労働集約的なプロセスとなりますが、開発者はPaaSベンダーの最新機能を利用することができます。
  • Replace(置換) - ビジネスは、古いアプリケーションをすべて廃棄し、既に構築されたサードパーティベンダーからのSaaS(サービスとしてのソフトウェア)アプリケーションに切り替えます。

どのクラウドのデプロイスタイルを選ぶべきですか?

クラウド移行戦略および業務上の要望に加え、移行完了後のクラウドデプロイをどのように行うかを決定する必要があります。

ハイブリッドクラウドは、2つ以上のタイプの環境を利用し、パブリッククラウド、プライベートクラウドあるいはオンプレミスレガシーデータを組み合わせます。ハイブリッドクラウドのデプロイを成功させるには、すべてのデプロイしたクラウドおよびデータセンターで強固な統合が必要です。チームメンバーが異なるオフィスに存在する場合では、特に緊密なコミュニケーションが必要となります。

マルチクラウドのデプロイでは、2つ以上のパブリッククラウドを組み合わせます(パブリッククラウドは2つ以上の顧客によって共有されます)。 マルチクラウドには、たとえば冗長/バックアップ、原価削減、異なるクラウドプロバイダーの機能を利用するなど、さまざまな目的があります。

1社のクラウドベンダーからの単一のクラウドをデプロイさせることは、ビジネスで必ずしも実現可能だとは限りませんが、これは1つの選択肢です。クラウドプロバイダーはパブリッククラウドとプライベートクラウドの両方を提供します(違いは、プライベートクラウドは、その他のビジネスとは共有されないことです)。

Cloudflareでは、どのようにクラウド移行を支援しますか?

Cloudflareは、DNS負荷分散Cloudflare WAFなど、クラウド移行を成功させるために必要なすべての機能およびセキュリティ製品の単一の制御盤を提供します。これらの製品はすべて統合され、単一のダッシュボードからすべて管理することができます(クラウド移行の導入事例を参照)。Cloudflareは、どんなタイプのクラウドデプロイとも容易に統合が可能です(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、あるいはマルチクラウドを選択できます)。

クラウドコンピューティングの仕組みについて詳しく学習します