Cloudflare、Gartner® Magic Quadrant™(SSE部門)で2年連続の認定 発表 >
ウェビナー

3つの推奨ユースケースについて学び、データ保護戦略を最新化しましょう ウェビナーを視聴する

データを保護する

どこででも統合型のデータ保護
https://drive.google.com/drive/folders/1KlZQMhBqgg0P5lXhfSE4IkRMHnkGqK0m
  • 機密データの可視性確保と制御 — Web、SaaS、プライベートアプリの全環境で
  • 最新データリスク管理の最先端 — 新たなAIツールやソースコードの暴露など
https://drive.google.com/drive/folders/1KlZQMhBqgg0P5lXhfSE4IkRMHnkGqK0m
データ保護

ユースケース上位

データ保護

開発者コードを保護 - アップロードやダウンロードの際にソースコードを検出し、ブロックします。SaaSアプリをスキャンしてコードを検出し、露出や窃取のリスクを低減します。

規制要件に適合 - 規制対象データの動きを検出して制御します。ログを維持し、監査レポートを作成のためにSIEMへプッシュします。ゼロトラストポスチャで攻撃対象領域を縮小します。

データ露出を抑制 - SaaSアプリをスキャンし、設定ミスや機密データがないか確認します。シャドーITを可視化し、アクセスを許可または拒否します。ゼロトラストを適用してアプリへのアクセスをロックダウンします。

生成AIを可視化 - ユーザーがChatGPTなどのAIツールに機密データをコピペしたり入力したりするのを防止します。AIを活用しつつ安全性を確保しましょう。

データ保護

Cloudflareは、Applied SystemsがAIツール内のデータを保護するのに役立っています。


Applied Systemsは、自社のChatGPTインスタンスをCloudflareの分離されたブラウザーで実行し、ユーザーがデータをツールと過剰共有するのを防いでいます。

「従業員がAIを活用しつつ安全を確保できるようにしたかったのです。ユーザーが機密データを他のアプリから当社の分離されたChatGPTインスタンスへコピペするのを防止し、多くの企業情報がツールに暴露されないようにしています」とRandolph氏は述べています。


Cloudflareは、Applied Systemsが従業員、アプリケーション、ネットワークのセキュリティを統合できるよう幅広い支援を提供しています。

詳細については事例をお読みください。

「Cloudflareは数年前から当社のデジタルトランスフォーメーション推進に欠かせないパートナーであり、ユーザー、アプリケーション、ネットワークのセキュリティ制御統合を支援してくれています。

今後、Cloudflareによる継続的なデータ保護、そして特にDLPやCASBなどのサービスにおけるビジョンとロードマップに大きく期待しています。」

Tanner Randolph氏、CISO

貴社のデータ保護ニーズについてお話しませんか?