エンタープライズネットワークセキュリティソリューション

最新のセキュリティソリューションと戦略でエンタープライズネットワークを保護
Illustration of a circle with a check mark

クラウドへの移行とセキュリティリスクの変化に伴い、大企業がネットワークを構築し保護する方法が変わりました。現代のネットワークを防御するには、ID・アクセス管理(IAM)、データ損失防止(DLP)、ゼロトラストなどのセキュリティテクノロジーを統合する必要があります。

Illustration of a circle with a check mark

エンタープライズネットワークの安全確保は難しいのか?

Cloudflare network security diagram

現代のエンタープライズネットワークの安全確保は容易くありません。ハイブリッド環境やクラウド環境への企業インフラの移行が進むにつれて、レガシーセキュリティツール(オンプレミス型のファイアウォールや不正侵入防止システムなど)では、拡大が続く柔軟なネットワーク境界を防御できなくなっています。ネットワーク内外のサイバー脅威は頻度、規模、巧妙さが増しており、潜在的攻撃を防止し排除したい企業にとっては対策が一層難しくなっています。

対抗するには、アクセス制御とユーザー認証のテクノロジー、データ損失防止、ブラウザ分離、マルウェア検出など、柔軟性豊かな事前予防的セキュリティソリューションの実装が必要です。これらのセキュリティテクノロジーは通常、セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)と呼ばれるアーキテクチャモデルに集約されています。SASEは、ネットワーク接続サービスとネットワークセキュリティ機能を単一のクラウドプラットフォームから提供します。

Cloudflare network security diagram