貴社でのSSE・SASE導入についてお話しましょう

Cloudflareの専門家と共に、Zero Trustロードマップを作成しましょう
  • 既存アーキテクチャの問題を特定: 現行のアーキテクチャを評価し、問題点、脆弱性、非効率な点を特定します。
  • ビジネスケースの作成を開始: セキュリティ統合やネットワーク最新化の戦略的価値を明確化します。
  • 移行計画をマッピング: 現状から目指す状態までの移行プロセスについて、段階ごとのガイダンスを提供します。
  • 出発点を見極め: 重要なユースケースと「早期の成果実現」を優先し、できる限り早く価値を実現し始められるようにします。
導入を始めようとしている方も、数年前から取り組まれている方も、Cloudflareでお手伝いできます。
まだ直接会話できる段階にないという方は、当社のSASEレファレンスアーキテクチャまたはZero Trustインタラクティブデモをご利用ください。
SASEへの移行 - 画像

お問い合わせ

このフォームを送信することにより、お客様はCloudflareの製品、イベント、特典などに関連する情報を受け取ることに同意したものとみなされます。いつでも、メッセージの配信を停止することができます。Cloudflareは決してお客様のデータを販売することはなく、みなさまのプライバシーに関する選択を尊重します。詳細情報につきましては、プライバシーポリシーをお読みください。

セキュアなアクセスサービスエッジ

ユースケース上位

Cloudflare Zero Trust
  • Zero Trustを導入 - 高リスクVPNの強化や代替、請負業者や非管理デバイスのアクセスのセキュア化、ランサムウェア攻撃の軽減、データ露出の可視化と軽減を行います。
  • ネットワークを最新化 - ブランチ接続を簡素化してMPLSから移行し、DMZを縮小または撤廃し、LANへの過信を排除し、M&A時の接続を加速します。
  • 攻撃対象領域を保護 - マルチチャネルフィッシングやビジネスメール詐欺を防止し、リモートワーカーを保護し、分散したオフィスを保護し、WANをセキュア化します。
  • アプリを最新化 - アプリのアクセスとクラウド移行をセキュアにし、特権アクセスを保護し、開発者コードの漏洩を防止し、DevOpsのワークフローをセキュアにします。
  • 所在を問わずデータを保護 - データプライバシー規制へのコンプライアンスを簡素化し、シャドーITを管理し、生成系AIを安全に利用し、機密データを保護します。
Cloudflare Zero Trust

SSE・SASE プラットフォーム

管理下にあるデバイスも、そうでないデバイスも、すべて検証、フィルター、分離、検査します。
  • 組み立て可能な単一の統一プラットフォームで、セットアップと操作が簡単
  • すべてのトラフィックのシングルパス検査により、一貫した高速保護を実現
  • Any-to-any接続で、ネットワーキングとセキュリティを単一のコントロールプレインに収束
  • 有料プランには、エニーキャストアーキテクチャならではの100%稼働SLAを提供
アナリストの評価

SASE/SSE分野で業界トップアナリストの認知を獲得

Cloudflare、2024年版『Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge(SSE)』で認定

これは、ネットワークを最新化し、より多くのユースケースを統合するCloudflareのシングルベンダーSASEプラットフォームの能力が評価された証だと、私たちは考えています。

Cloudflare、2024年第1四半期の『Forrester Wave™:セキュリティサービスエッジソリューション』で「優秀者」に認定

Cloudflareはグローバルネットワークの基準で最高スコアを獲得しました。この認定は、ネットワークサービスとセキュリティサービスをコンポーザブルでプログラム可能なコネクティビティクラウド上に集約するという「正しい方法」でSASEを構築する当社の取り組み姿勢が評価されたものと、私たちは考えています。

Analyst Recognition - IDC - Full Color Thumbnail
Cloudflare、2023年の『IDC MarketScape for Zero Trust Network Access(ZTNA)』で「リーダー」評価を獲得

IDCは、Cloudflareの「企業のセキュリティニーズを満たすための積極的な製品戦略」を理由として挙げています。この評価は、どんな規模の企業でもZero Trustの導入を始められ、VPNを使わずにすべてのユーザーをすべてのリソースへ安全に接続できるように支援する当社の姿勢の妥当性が認められたものと、当社は考えています。