Cloudflare Access

ゼロトラストアクセスを企業アプリケーションおよびSaaSアプリケーションに拡張します。最大50人のユーザーまで無料。

Cloudflare Accessは、IDプロバイダーの価値を広げ、すべてのアプリケーションで一貫したログイン体験を提供し、ユーザーIDとデバイスコンテキストに対するアプリケーションへのすべてのリクエストを評価します。

security shield zero trust

セキュリティ体制を強化

ソフトウェア定義の境界へープライベートネットワークは不要です。

Teams icon security shield protection blue 80px btm lft svg

より良いユーザー体験の提供

すべてのアプリケーションに一貫したアクセス管理を適用

Teams icon user multi blue 80px btm lft svg

アクセス戦略をレベルアップ

サードパーティユーザーの簡単なアクセス管理

teams access one dash

SSOのリーチを拡大

Cloudflare AccessはIDと配信元に依存せず、SaaS、クラウド、オンプレミスのあらゆるアプリケーションを保護できます。ITチームは、既存のIDプロバイダーを使用して認証できるルールを構築できます。Cloudflare Access は、ソーシャルIDプロバイダー、オープンソースプロバイダー、ならびにAzure AD、Okta、Pingなどの企業プロバイダーと統合しています。

teams access third party users

サードパーティユーザーにもファーストクラスの使い心地を提供

契約社員、代理店、パートナーなど、社外の共同作業者にアプリケーションアクセスを提供することは、セキュリティリスクやロジスティックの問題となる可能性があります。Accessを使用すれば、複数のIDプロバイダーの同時使用が可能です。これにより、チームは、請負業者への柔軟な対応が可能となり、「城への鍵」を渡すことなく、請負業者が企業およびSaaSアプリケーションへ「オンボード/オフボード」できるようになります。

left right
teams access improvement plan 1

どこからでも高速リモートアクセスを実現

世界200か所以上のデータセンターを拠点とするCloudflareのグローバルエッジネットワークは、常にユーザーや必要なアプリケーションの近くにあります。Accessを社員ツールの外側に設置することで、バックホールやVPNトンネルを使用することなく、高速パフォーマンスをユーザーに提供できます。

teams access audit logins

可視性とシンプルさを実現

保護されたアプリケーションで行われたリクエストをすべて記録します。ログインとログアウトだけではありません。Cloudflareのアクティビティログを集約するか、SIEMプロバイダーにエクスポートします。

left right

仕組み

teams access oldway diagram

アプリケーション保護の従来のアプローチ

すべてのアプリケーションをオンプレミスのハードウェアの内側に配置して、すべてのユーザーにVPN経由のアクセスを強制することで、トラフィックを保護します。世界がモバイル環境に移行し、アプリケーションがクラウドに移行するに伴い、このモデルは機能しなくなります。

teams access newway diagram

Cloudflare for Teams

Cloudflareのエッジネットワークへと企業の境界を拡張し、オンプレミス、ハイブリッド、クラウドのいずれの場合でも、すべての社内アプリケーションとデバイスで使えるプライベートネットワークを効果的に作り出します。

teams request overview

今すぐ始める

VPNを使用せずに、社内アプリケーションに安全にアクセス。Accessの使用開始にかかる時間は数分です。Teams Freeを使えば、最初の50人のユーザーは無料です。