IBM Cloud Internet Services

Cloudflareを搭載したパフォーマンスとセキュリティサービス

IBMのCloud Internet ServicesはCloudflareで稼働していますので、IBM Cloudのお客様はミッションクリティカルなWebパフォーマンスとセキュリティのソリューションを、容易に購入して設定することができます。それらのソリューションによって、企業は、DDoS軽減、ボットやデータ窃盗からの保護といったセキュリティ上の重大問題や、アプリケーションの可用性確保、インターネットアプリケーションとモバイル体験の加速といったパフォーマンス上の課題を解決することができます。

企業には、パフォーマンスと信頼性を犠牲にすることなく、高度なWebアプリケーション保護を提供するクラウドおよびエッジのセキュリティ戦略が必要です。IBMはCloudflareとのパートナーシップにより、IBM Cloud上の公開Webコンテンツとアプリケーションを保護するよう設計されたセキュリティ機能とパフォーマンス機能(コアを成すDDoS、WAF、DNS、CDNと関連ソリューション)のワンストップショップを提供します。

IBM Cloud Internet Services

IBM Cloud Internet Services(CIS)は、インターネット向けアプリケーションをDDoS攻撃、データ窃盗、ボット攻撃から保護したいお客様向けの、簡単に設定可能なソリューションです。また、IBM Cloud Internet Servicesは、100か国、270都市に広がるCloudflareのグローバルエニーキャストネットワークに支えられ、Webアプリケーションを最適化し、モバイルユーザー体験を強化し、インターネット向けアプリケーションのグローバルな応答性と可用性を確保します。

CISは、StandardとEnterpriseの2プランで利用可能です。CIS Enterpriseは、規制コンプライアンスの管理やWebプロパティ全体への拡張を望む大企業に適切なソリューションです。

IBM Cloud Internet Servicesのメリット

「コードAPI」青色
API

ユーザーに近いコンテンツを提供して読み込み時間を減少し、新規かつ大規模な攻撃に対抗するレジリエンスやインテリジェンスの提供を行います。

「最適化 規模」青色
使いやすさ

ユーザーはきめ細かな変更を迅速、簡単に行うことができ、パフォーマンス向上やセキュリティの設定ミス減少に繋がります。

検索 青色
セキュリティとパフォーマンスの機能を統合

セキュリティのためにパフォーマンスを犠牲にしません。 CISでは機密データを保護し悪用トラフィックをブロックしながらもアプリケーションパフォーマンスを高めます。

IBM Cloudとのシームレスな統合

Cloudflareを搭載したCloud Internet Servicesでは、IBM Cloud、特にIBM CloudのIT管理プラットフォームとシームレスに連携できます。セキュリティやパフォーマンスサービスのために複数ベンダーに依存する代わりに、IBMではIBM Cloudポータルで1つのシンプルなユーザー体験を提供し、数ステップでネットワークサービスのセットアップが終わるようにすることで複雑さを減らし時間を短縮しています。

IBM CISソリューション

Cloudflareを搭載したクラウドインターネットサービスは、クラウドワークロードの管理におけるITの一般的な課題に対処するいくつかのソリューションを提供します。クラウドインターネットサービスがハイブリッドクラウド環境全体で高可用性と障害復旧を提供する方法については、次のソリューション概要をご覧ください。

主な特徴

レイヤー7のDDoS攻撃対策
Web Application Firewall(WAF)
Rate Limiting
SSL / TLS 1.3
高速なグローバルCDN*
高速グローバルマネージドDNS**
Argo Smart Routing
Web最適化
グローバルとローカルの負荷分散
ジオステアリング
IBM Cloud IT管理プラットフォームと連携
予測可能な定額制の料金設定