Gyazo

GyazoはCloudflareの負荷分散機能を使用して、スクリーンショット共有プラットフォームへのアップロードを最適化しています。

[Gyazo](https://www.gyazo.com/)ではクラウドベースのインフラストラクチャを活用し、ユーザーはスクリーンショットを撮って簡単に作成できるリンクでこれをすぐにシェアすることができます。数百万人のアクティブユーザーを持つGyazoは、世界最大、最速のスクリーンショットおよびスクリーンGIF作成ツールです。

Gyazoの課題:グローバルなユーザーベースへのアップロードの最適化

当初、Gyazoのすべてのサーバーは米国内にあり、GyazoはCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を使用してコンテンツをユーザーに配信していました。Gyazoのユーザーはおおむね、ヨーロッパに45%、アジアに15%、米国内に40%で構成されているため、このサーバーの配置は米国内ユーザーにとっては都合よく機能しましたが、米国外のユーザーは読み込み時間が長過ぎると感じていました。Gyazoを開発したNota社のCEO、洛西一周氏は、「コンテンツ配信の面ではCDNが優れているからです。しかし、コンテンツのアップロードには向いていません。弊社ユーザーの一部、例えばオーストラリアのユーザーは、小さなスクリーンショットをアップロードするだけでも30秒以上かかっていました」と語っています。 アップロード時のレイテンシーは、この例のオーストラリアのGyazoのユーザーからのコンテンツが、南アジアをルーティングして太平洋を渡って、米国内のどこかにあるGyazoのサーバーに到達してから、同じルートでオーストラリアに戻っているために発生しています。

この問題を解消するため、Gyazoは自社でアップロード用のエッジサーバーのネットワークを世界中に構築しましたが、これがまた次の問題を生じさせました。このエッジサーバーでトラフィックの急増が発生し、最も処理量の多い時間でパフォーマンスの劣化が生じたのです。

Gyazoのソリューション:フェイルオーバー付きグローバル負荷分散

Gyazoは、Cloudflareの負荷分散用Early Accessプログラムを知り、Gyazo独自のソリューションを完璧にするための、補完的な機能として利用できるのではないかと考えました。現在、Cloudflareのグローバル負荷分散機能を用いて、Gyazoのユーザーを最も近く最も状態の良いアップロード用サーバーに送信し、ユーザーが可能最速のアップロード時間を体感できると同時にサーバーが過負荷にならないよう高度な制御を行っています。

gyazo-graphic

さらに、負荷分散によりトラフィックを分散してサーバーの状態を維持しており、Gyazoのユーザーは以前のようなパフォーマンスの劣化を感じることがありません。加えて、サーバーがダウンした場合には、負荷分散のフェイルオーバー機能により、Gyazoのユーザーにサーバー故障を感じさせる間もなく迅速に再ルーティングされます。洛西氏は、「フェイルオーバーにも相当助けられました。以前のDNSプロバイダーの時は、DNSベースのフェイルオーバー用に対処手順を作成していましたが、 セットアップが複雑で、完全に設定が反映されるまで何時間もかかっていました。」と語っています。

Gyazo
関連導入事例
主な成果

グローバル負荷分散で、国境を越えてユーザーが感じている遅延が改善

フェイルオーバーとヘルスチェック機能で、サーバー故障時でもGyazoのユーザーにシームレスな使用感を提供

“Cloudflareを利用することで、当社は自社の開発により集中できるようになりました。ネットワークの維持に、エンジニアリングリソースの半分を費やすこともありました。さらに、こちらの作業が遅れると、組織内のマーケティングやカスタマーサポートといった全員の耳に入り、彼らの作業スピードまで落ちていました。今では、全員が対ユーザーの仕事に集中できています。”

洛西一周氏
Nota Inc CEOGyazo開発者