アプリケーションの可用性を確保

インフラストラクチャにおける過剰な負荷や利用不能状態の影響を受けるアプリケーションの可用性を高めます。

ユーザーはミッションクリティカルなアプリケーションが常時オンラインで順調に稼働することを期待しています。 世界規模にリリースされているインターネットアプリケーションは、トラフィックの急増、ネットワークレイテンシーの増加、配信元サーバーの停止により、停止やダウンタイムの影響を非常に受けやすくなります。 Cloudflareでは配信元で動的コンテンツへのユーザーリクエストに対応する最適なリソースを特定し、ネットワークレイテンシーやサーバーの健全性を監視することでアプリケーションの可用性を改善します。

グローバル規模

CloudflareのグローバルなAnycast Networkは、100か国、250都市に広がり、ダウンタイムを防止し可用性を維持するスケーラブルなインフラストラクチャによるバックボーンを提供しています。

使いやすさ

Cloudflareの設定にかかる時間はわずか5分です。 使いやすいダッシュボードで素早く詳細機能を設定し、インターネットプロパティの可用性とパフォーマンスを改善します。

セキュリティとパフォーマンスの機能を統合

Cloudflareにはセキュリティサービスが内蔵されているため、DDoS攻撃、顧客データの漏えい、迷惑ボットを防御でき、しかもパフォーマンスを犠牲にしません。

アプリケーションの可用性に影響する課題

過剰なトラフィックの負荷

想定内外のネットワークの輻輳や過剰な負荷のかかったインフラストラクチャは、パフォーマンスの劣化につながり、このような劣化が一定量を超えると、Webサイトやアプリケーションが応答しなくなります。


双方向性とパーソナライゼーション

アプリケーションや個々の配信元サーバーでは、計画外のダウンタイムやトラブルシューティングの困難なサービス停止が発生し、訪問者がアセットにアクセスできなくなることがあります。計画外のダウンタイムとは、不適切な設定によるシステム障害やハードウェア障害などです。


災害復旧と社内負荷分散

ネットワークとは無関係の理由で、アセットがオフラインになる場合もあります。たとえば、エラーの発生しやすい手動の災害復旧や社内負荷分散の結果、トラブルシューティングの困難なサービス停止に陥り、高額の復旧手段が必要となることも少なくありません。


Cloudflareの可用性サービス

配信元に過剰な負荷がかからないよう保護し、輻輳状態のネットワークや障害の発生したサーバーを回避して正常に稼働している配信元にトラフィックを再誘導することで、Cloudflareはアプリケーションの可用性を改善します。

その他のCloudflareのパフォーマンスユースケース

インターネットアプリケーションを高速化

重たいページや配信元からの距離の長さは、インターネットアプリケーションの速度鈍化の原因となります。静的コンテンツや動的コンテンツの提供速度を上げ、コンバージョン率の向上、エンゲージメントの改善、インフラストラクチャや運営、開発のコスト削減につなげましょう。

詳細はこちら

モバイル体験の高速化

モバイルクライアントにはユーザーエクスペリエンスを損なう、パフォーマンスやコンテンツ配信の制約があります。配信元サーバーまでの距離、デバイスタイプ、ネットワークの稼働状態にかかわらず高速なモバイル利用環境を提供することで、エンゲージメントとコンバージョン率が向上します。

詳細はこちら

何百万ものインターネットプロパティからの信頼

1 IDC, DevOps and the Cost of Downtime: Fortune 1000 Best Practice Metrics Quanti ed, Stephen Elliot 2015年3月