シングルベンダーSASEでセキュリティ、ネットワーキング、DevOpsを簡素化 発表内容 >
学習

リモートブラウザ分離(RBI)とは?その働きは?ラーニングセンターで詳細説明をお読みください。 RBIとは?

Cloudflareブラウザ分離

インターネットネイティブなリモートブラウザ分離(RBI)
  • すべてのブラウジングアクティビティについて、脅威防御・データ保護制御の層を追加
  • すべてのブラウザコードをCloudflareのグローバルネットワーク上で実行することにより、ローカルデバイスをマルウェアから分離
  • エンドユーザーに超高速のブラウジング体験を提供
ハイブリッドワークの安全を確保

RBIユースケース上位

Illustration of three identities
  • ランサムウェアから保護 - ブラウジングを分離し、ランサムウェア攻撃が広がって内部ネットワークが感染する前に阻止します。
  • フィッシング攻撃を阻止 - 事故は起こりますし、人間はクリックします。不審なメールリンクを分離されたブラウザで開けることが、フィッシングの影響の軽減に役立ちます。
  • 請負業者のアクセスを保護 - サードパーティユーザーがアンマネージドデバイスでアクセスするデータを保護します。エンドユーザー用ソフトウェアは必要なく、ハイパーリングでアプリケーションを分離します。
ハイブリッドワークのユースケースについて読む
Illustration of three identities

Zero Trustに一歩ずつ取り組む

セキュリティの層を追加

仕組み

Diagram of how Cloudflare Remote Browser Isolation works
  • Chromiumブラウザのヘッドレス版は、すべてのブラウザコードをエンドポイントではなくCloudflareグローバルネットワーク上で実行します。
  • ピクセルプッシングやDOMレンダリングと異なり、Cloudflareは描画コマンドをストリーミングするため、帯域幅の消費が少なく、シームレスなユーザーエクスペリエンスが実現します。
  • ゼロデイ脆弱性に適用するセキュリティパッチは、Cloudflareネットワーク上のリモートブラウザに自動的にデプロイされます。
Diagram of how Cloudflare Remote Browser Isolation works

世界中の組織のZero Trust移行を支援


Zero Trustに一歩ずつ取り組む