TRUST BANK

トラストバンク

トラストバンクは「自立した持続可能な地域をつくる」というビジョンのもと、国内最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」。クラウドファンディング型でふるさと納税の寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング®」。

そして、災害時にふるさと納税の寄付金を被災地に届ける「ふるさとチョイス災害支援」の3つのふさると納税事業を柱に、全国の自治体を支援している。 2012年4月の設立以降、 「ヒト」「モノ」「お金」「情報」を地域に届け、地域内で循環させ、自立した持続可能な地域とするために「地域共創」を掲げ、様々な事業を展開している。

無料プランから導入を検討、サービスに合わせて機能を拡張

トラストバンクは、ふるさと納税を受け付けるサイトの特性上、様々な情報を扱っている。またその際、決済を行うため、決済データの保全という意味でセキュリティは重要な課題だった。ただ、当初は閲覧専用サイトだったこともあり、CDN(Content Delivery Network)を入れずに運営をしていた。しかしアクセスが増加したタイミングで導入を検討。まずは実験的に使えるところを探していた。

そんな時に紹介されたのが、クラウドフレア。無料のプランがあることから導入を決めた。導入した際はまだ事業の規模も小さく、使っているサービスも限定的だったが、現在はCDNはもちろん「Argo Smart Routing」「Advanced DDoS Protection」「Cloudflare Load Balancing」「 Page Rule」などセキュリティーを中心に、有料サービスも利用している。

様々なサービスを利用している同社だが、その中でも使う機会が多いのがダッシュボード。機能を制御したり、ドメインセキュリティとキャッシュ分析に関する洞察を得たり、アカウントアクセスの共有など、ダッシュボード設計を通じて、あらゆるデバイスから設定が行える。直感的でわかりやすいUIが特徴だ。月に何度かはブロックの状況などを確認しているという。

セキュリティとパフォーマンスが向上

クラウドフレアを導入後は、セキュリティ面では、アクセスブロック、通信ブロック、カントリーブロックなど、不正アクセスを遮断することに成功。またCDNがアクセスの9割以上をさばいてくれるため、サーバーを本来必要な10分の1の体制に。コスト面でも良い影響があったという。さらに配信速度も向上。スマホの画像変換などのパフォーマンス向上も実感しているという。これらのパフォーマンス面の向上はユーザーの満足度に直接つながるため、非常に重要なポイントだ。

問い合わせもフルに活用し、カスタマイズ

また同社は当初よりエンタープライズ向けのサポートチームへの問い合わせサービスも頻繁に利用しており、事業に合ったサービスやテクニカルなサポートも受けていた。導入当初はまだ英語のみの対応だったが、現在は日本語の対応も可能になっており、コミュニケーションにも満足できたという。

日本の地域に貢献し続けるトラストバンク。これからも全国の自治体と共に、地域を盛り上げていく。

TRUST BANK
Estudos de caso relacionados

“導入企業、担当者の声

クラウドフレアは、無料のプランから導入できるというのが大きいと思います。やはり実際に使ってみないと分からないこともあると思うので。いきなり安くはないお金がかかるとなると、躊躇してしまいますよね。クラウドフレアはやってみて、合っていたらどんどんプラン上げてくことができるので、そこがいいかなと思います。また全てダッシュボードで操作を完結できるのも嬉しいポイント。他のサービスだと担当者にメールで連絡をしないと、設定を反映できないこともあると思いますが、自分で行えるのは魅力的です。もともとセキュリティが強いというのをお聞きしていて、そこが導入のきっかけでしたが、DNSも簡単に設定でき、反映速度も速い。使い勝手がいいところも満足しています。”

担当者

清河宗一朗
(開発部 副部長)
高橋圭一郎
(エストニア支店長)