Cloudflare Logs

トラフィックに詳細なインサイトを

Cloudflareの設定をチューニングして、アプリケーションのパフォーマンスとセキュリティを改善しましょう。 エンドユーザーから報告されたエラーやセキュリティ緩和策を調査、デバッグしましょう。 今使っているツールのカスタマイズ分析を作りましょう。

Enterpriseプランのお客様が現在ご利用可能です。今すぐ有効にするにはCloudflareのサポートまたはカスタマーサクセスマネージャーまでご連絡ください。開発者ドキュメントで詳細を確認してください。

ドメインリクエストの総合的なメタデータを取得

{4}課題:{5}個々のリクエストに至るまで、トラフィックを深く理解しない限り、攻撃者を寄せ付けずにユーザー体験を最適化することは困難です。

{6}ソリューション:{7}Cloudflareでは、HTTPリクエストの詳細ログを提供しています。これらのログを使ってデバッグし、パフォーマンスやセキュリティの改善、カスタム分析の作成のために設定の調整を行いましょう。リクエストログをアプリケーションサーバーログといった他のデータソースと組み合わせて、エンドツーエンドの可視性を持ちましょう。

Amazon S3やGoogle Cloud Storageに直接送信

Cloudflareのリクエストログをお好みのストレージプロバイダーに送信し、使い慣れたツールで実際の状況を把握できます。 他のサービスのログと相関させることでシステムの総合的知見が得られます。

CloudflareのダッシュボードUIや自動生成のバケットポリシーを使い、リリース時間や設定エラーを減らしましょう。 APIを使えば数十、数百のドメイン設定がすぐに行なえます。


REST APIでログを取得

カスタムスクリプトを記載してCloudflareの強力なREST APIを使ってログを取得しましょう。 特定のログ分析要件に合致する独自のログ取得サービスを構築、運用できます。

時間の範囲やデータ項目を指定し、必要なログを取得しましょう。 カウントやサンプルパラメーターを使って量も管理できます。

主な特徴

HTTPのREST API経由でリクエストログを取得

時間幅、サンプルレート、タイムスタンプ形式を指定

クライアント、配信元、ファイアウォール、キャッシュ、Cloudflareのルーティングに関連した50以上の項目から選択

お好みのクラウドストレージプロバイダーへログを送信

圧縮ファイル(元のサイズの約5〜10%)を受信

Sumo Logicや Google Data Studio、Elastic、Looker、Datadog、Splunkとのダッシュボード連携を利用したセットアップ時間の短縮