Webアプリケーションの高速化

インターネットアプリケーションにおいて高速で情報量の豊かなユーザー体験を提供し、エンゲージメントの改善、コンバージョン率の向上、コスト削減を実現します。

現在のWebページは複雑さを増し、オーディエンスが世界中に分散しているため、ユーザーエクスペリエンスの質が低下しかねません。

Cloudflareは、コンテンツをお客様のユーザーの近くに持っていくこと、Cloudflareネットワーク上に静的コンテンツをキャッシングすること、画像ファイルを最適化すること、動的コンテンツを圧縮すること、最も空いているパスへリクエストをルーティングすることなどによって、Webアプリケーションのパフォーマンスを高めます。

グローバル規模

CloudflareのグローバルなAnycast Networkは、100か国275都市に展開し、訪問者に最も近い場所からコンテンツを配信することで、遅延を低減し最初のバイトまでの時間(TTFB)を短縮します。

使いやすさ

Cloudflareのセットアップにかかる時間はわずか5分です。使いやすいダッシュボードですばやく詳細機能を設定し、複雑なアプリケーションのパフォーマンスを改善します。

セキュリティとパフォーマンスの機能を統合

Cloudflareにはセキュリティサービスが内蔵されているため、DDoS攻撃、顧客データの漏えい、迷惑ボットを防御でき、しかもパフォーマンスを犠牲にしません。

パフォーマンスに影響を及ぼす課題

パフォーマンスに影響する可能性のあるネットワーク特性には、接続を確立する往復通信件数、リクエスト数、パケットの遅延(距離またはスループット)、クライアント側のレンダリング回数、ペイロードサイズのばらつきなどがあります。さらに次の要因でインターネットアプリケーションの遅延が生じる可能性があります。

重くて複雑なWebページ

複雑なCSS、高品質な画像や動画アセット、JavaScriptスニペットの大量使用によって、ページの平均サイズは大きくなる一方です。Webページサイズ(「ペイロード」)が大きくなれば、訪問者のブラウザでレンダリングするためにネットワーク上を移動するデータ量は増加し、読み込み速度は低下します。



双方向性とパーソナライゼーション

動的コンテンツをフェッチすることでパーソナライズや双方向性をサポートするAPIをアプリケーションに搭載すると、配信元インフラストラクチャへの接続数と通信回数が増加し、パフォーマンスの低下や訪問者の満足度の低下につながります。


世界中に分散している訪問者

現代のWebページ訪問者の世界分布はこれまでになく多様化しているため、従来より遠くまで、時にはネットワーク速度やリライアビリティの低い国々にもコンテンツを提供する必要があります。たとえばサンフランシスコに配信元サーバーがあるWebサイトに米国のユーザーと米国外のユーザーがほぼ同数訪問した場合、諸外国からの訪問はレイテンシーが増加します。


Cloudflareのパフォーマンスサービス

Cloudflareデータセンターデータセンターでは、どこでもパフォーマンス低下の最も一般的な原因に対処する、統合型パフォーマンス機能が多数実行されています。これらの機能は、インターネット上のアプリケーション配信の速度低下につながる根本的な問題の多くを改善するのに役立っています。高速なWebアドレスの参照からオリジンサーバーへの高速配信まで、リクエストの主要ポイントでトラフィックを高速化しています。


その他のCloudflareのパフォーマンスユースケース

モバイル体験の高速化

モバイルクライアントにはユーザーエクスペリエンスを損なう、パフォーマンスやコンテンツ配信の制約があります。配信元サーバーまでの距離、デバイスタイプ、ネットワークの稼働状態にかかわらず高速なモバイル利用環境を提供することで、エンゲージメントとコンバージョン率が向上します。

Learn more

アプリケーションの可用性を確保

インフラストラクチャの負荷が高まったり、利用できなくなったりすると、ユーザーはアプリケーションにアクセスできなくなります。不測のトラフィックスパイクやインフラストラクチャの停電が発生した際にも、常にインターネットアプリケーションを高速で利用可能、拡張可能な状態にしておきましょう。

Learn more

今すぐ始めましょう


何百万ものインターネットプロパティからの信頼