CloudflareがWorkersサーバーレスプラットフォーム向けの初の統合データベース「D1」を発表

Cloudflare Workersであらゆる種類のアプリケーションの構築が可能となるように、グローバルネットワークにインスタントデータベースの導入を計画

セキュリティ、パフォーマンス、信頼性を備えたより高度なインターネットの構築を支援する Cloudflare(クラウドフレア) は本日、シンプルかつ即座に使用できるサーバーレスデータベース、Cloudflare D1を発表しました。開発者はCloudflare D1を活用することで、Cloudflare Workersからわずか数クリックで、データベースを基盤としたアプリケーションの構築を開始できます。ユーザーの近くにデータを保存することで、従来のデータベースのインストールや管理に伴う複雑な作業を一切することなく、超高速パフォーマンスを実現します。

スマートフォン のアプリケーションから企業向けのSaaSアプリケーション、果ては、Ruby on Railsのようなフレームワークまで、ストレージにはデータベースが使用されています。 また、SQLは、大小さまざまなデータベースのクエリー や更新に使用される主要な言語です。CloudflareのD1では、世界で最も広く導入されているデータベース技術の1つであるSQLiteに、Cloudflare Workersから直接 アクセスすることができるようになります。Cloudflareのサーバーレス開発プラットフォームとインスタントデータベースを組み合わせることで、開発者はデータベースのデプロイや管理を気にすることなく、 データベースを 組み込んだリッチなアプリケーションを構築 できます。

Cloudflareの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるマシュー・プリンス(Matthew Prince)は、「サーバーレスにおいて最も難しいとされているのは、実はコードではなく、ストレージなのです。 本日、私たちは当社初となる サーバーレスデータベースを発表します。このデータベースはすぐに世界最大のデータベースの1つになると期待しています。Cloudflare D1は、Cloudflareのグローバルネットワーク上に構築されているため、市場で最大規模の最もパフォーマンスの高いサーバーレスデータベースを提供できると考えています。 このソリューションで、企業がストレージ管理にかかるコストと複雑さに悩まされるビジネスはなくなるでしょう 」と述べています。

市場にある他のデータベースとは異なり、Cloudflare D1はCloudflareのグローバルネットワークを利用して、企業のデータベースを顧客のできるだけ近くに配置します。そうすることで最適化し、ユーザーに最速のエクスペリエンスを提供します。さらに、ストレージソリューションとCloudflareのサーバーレスコンピューティングプラットフォームを組み合わせることで、Cloudflareはフルスタックアプリケーションを構築するための開発者エクスペリエンスを合理化します。Cloudflare D1は、世界で最も普及し、 広く利用されているAPIの1つ、 SQLite APIと 互換性を持つようになります。Cloudflare D1を利用することで、開発者は次のことが可能になります。

  • ユーザーのいる場所に関係なく データをインテリジェントに検索:Cloudflare D1を使用する際に、地域を選択する必要はありません。代わりに、Cloudflareはユーザーのいる場所に自動的にデータベースを保存し、超高速パフォーマンスを実現します。
  • Cloudflare Workersでは、データベースの立ち上げが簡単:複雑なデータベースを理解する必要はなく、Cloudflare Workerを作成後、数クリックでデータベースを立ち上げることができます。
  • 他のプロバイダからCloudflareへデータをインポート: D1では、開発者は他のデータベースプロバイダからシームレスにデータを移動 できるようになります。
  • 自社アプリケーション内でCloudflare Workersのパワーとスケールを存分に活用:D1はCloudflare Workersと完全統合されており、フルスタックアプリケーションの構築がきわめて容易です。
  • データ転送料を大幅に削減:Cloudflareの目標は、開発者にとって、D1をシンプルで安全なデータベースの最も安価な選択肢にすることです。そのため、Cloudflareはデータ転送料に対する課金を行わず、開発者がサービス間で簡単にデータを移動できるようにします。

Cloudflare D1の詳細については、事前登録リストにご登録いただき、以下の情報をご確認ください。

Cloudflareについて Cloudflare, Inc.(www.cloudflare.com/ja-jp / @cloudflare)は、より良いインターネットの構築を支援することを使命としています。Cloudflareの製品スイートは、ハードウェアの追加やソフトウェアのインストール、コードの変更を行うことなく、あらゆるオンラインインターネットアプリケーションを保護し、高速化します。Cloudflareを利用するインターネットプロパティでは、すべてのWebトラフィックがCloudflareのインテリジェントなグローバルネットワークを経由してルーティングされます。このグローバルネットワークは、リクエストを処理するたびにスマートになります。その結果、パフォーマンスが大幅に向上し、スパムその他の攻撃が減少します。Cloudflareは「Entrepreneur」誌のTop Company Cultures 2018、「Fast Company」誌のWorld’s Most Innovative Companies of 2019に選出されました。Cloudflareは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、テキサス州オースティン、イリノイ州シャンペーン、ニューヨーク州ニューヨーク、カリフォルニア州サンノゼ、ワシントン州シアトル、ワシントンDC、トロント、リスボン、ロンドン、ミュンヘン、パリ、北京、シンガポール、シドニー、東京にオフィスを構えています。

将来予想に関する記述 本プレスリリースには、将来予想に関する記述(1933年米国証券法第27A条または1934年米国証券取引所法21E条(いずれもその後の改正を含む)に該当)があり、重大なリスクおよび不確定要因を含んでいます。将来予想に関する記述は、「場合があります」、「つもりです、するでしょう」、「はずです」、「見込まれます」、「可能性を探ります」、「する計画です」、「予想します」、「かもしれません」、「意図しています」、「目標とします」、「見積ります」、「検討します」、「考えます」、「推測します」、「予測します」、「潜在的」、「引き続き」、またはそれらの否定表現、あるいは当社の予想、戦略、計画、または意図に関わるその他同様の用語および表現によって識別することができます。しかし、すべての将来予想に関する記述にこうした語句が含まれているわけではありません。本プレスリリースで明示または黙示された将来予想に関する記述には、Cloudflare D1およびCloudflare Workersの機能と効果、お客様がCloudflare D1およびCloudflare Workersを使う潜在的メリット、Cloudflare D1とそれに含まれる各種機能を現存および潜在的なお客様すべてが利用できるようになるおおよその時期、Cloudflareの技術開発、将来の事業活動、成長、イニシアチブ、戦略、CloudflareのCEOなどのコメントが含まれますが、これらに限定はされません。当社が2022年5月5日に米国証券取引委員会(SEC)に提出した四半期報告書(フォー��10-Q)や当社がSECに随時提出するその他の文書で詳説するリスク(ただしこれらに限定はされない)をはじめ、さまざまな要因によって、上記の将来予想に関する記述で明示または黙示した結果と実際の結果との間に重大な相違が生じる可能性があります。

本プレスリリースに含まれる将来予想に関する記述は、あくまで記述当日現在の事象についてのみ言及しています。Cloudflareは、法律で義務付けられた場合を除き、本プレスリリースの日付以降の事象や状況を反映するために、あるいは新しい情報や予期しない事象の発生を反映するために、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。当社が将来予想に関する記述で開示した計画、意図、予想は実際に実行・達成されない場合があるため、当社の将来予想に関する記述に過剰に依存すべきではありません。

© 2022 Cloudflare, Inc. All rights reserved. Cloudflare、Cloudflareのロゴ、およびその他のCloudflareのマークは、米国およびその他の法域におけるCloudflare, Inc. の商標や登録商標です。本書に記載されているその他の商標および名称は、各所有者の商標である可能性があります。

Press Contact Information
Daniella Vallurupalli
+1 650-741-3104