Crunchbase

Crunchbaseは、毎月3,000万のユーザーに配信するインターネット上にある民間企業の情報を提供している、世界をリードするプロバイダーです。このビデオでは、Jager McConnel氏(Crunchbase社CEO)がCloudflareを利用した会社の成功を振り返ります。

トランスクリプト: 「Jager McConnell、CrunchbaseのCEOです。Crunchbaseはインターネット上にある民間企業情報を提供する、世界をリードするプロバイダーです。3,000万を超えるユーザーが訪れ、当社のサービスを使って次の投資先や投資家を検索しています。Crunchbaseで今後の販売機会を探す営業マンもいます。

私たちがニュースストーリーをお知らせするとき、新しく大きな資金調達イベントがあるとき、大量のトラフィックがCrunchbaseに流れ込みます。この時間が私たちが稼働状態を保たなければならない最も重要な時間なのです。もしダウンすれば、ユーザーが失望します。そしてどこか別のところにあるニュースを探しに行くでしょう。そしてこれこそが当社がCloudflareを最も頼りにしている点なのです。

*私には帯域幅もなければ、こういった攻撃に対応して常時サーバーを稼働状態に保つための大規模なチームを編成するための人員もありません。こんなときにベンダーに行ってこう言うのです。「ほら、これがあなたのコアコンピテンシーです。私たちのために頑張ってください。あなた方のほうが得意なんですから。」

CDNの観点から言えば、当社のトラフィックの92%がCDNサーバーに向かっています。そのため、実際には当社の配信元サーバーに接触することはありません。実に素晴らしいことです。つまり、このようなトラフィックスパイクが起きたらトラフィックはサーバーのネットワーク全体に分散されるのです。これにより帯域幅や最終的な費用を節約できるだけでなく、エンドユーザーの視点では非常に高速になるので満足させることもできます。

Cloudflareのおかげで世界中に115を超えるサーバーを保有する巨大国際キッ行のように振る舞えています。私たちは基本的にこの種のエッジサーバーにデータを流し込んでいます。するとエンドユーザー視点では高速な体験になるのです。サーバーがすぐ近くにあるのですから。そうですよね?だからホップもほとんどありません。オーストラリアやアジアにいたとしても、CDNのおかげで素晴らしいCrunchbase体験が得られるのです。

最も重要なのは、ユーザーが当社を頼りにできるということです。Crunchbase.comへ行けば、サーバーが起動、実行していて期待した情報が見つけられるということがユーザーにはわかっています。Cloudflareを利用して、稼働、実行状態を保つことでユーザーの期待に応えることができています。

*大規模Webサイトであれば大きなターゲットにもなります。そのためCloudflareがDDoS対策やWAF保護により当社のリスクを軽減するサポートをしてくれています。先月だけで、当社には1,600件を超えるさまざまな攻撃がありました。

ご想像どおりたくさんの人が当社のサービスをクロールします。私たちはデータセットで、人はさまざまな方法で私たちの情報を探して得ようとするのです。でも面白いことに、クローラーを作成しようとすると彼らは最善のコーダーではないのです。

だから1つのIPが同じページの多くの情報を何度も何度も取得しようとするところでDDoS攻撃になる。数百万ものリクエストを投げる攻撃をね。攻撃をしようという意図はないのかもしれない。私たちはこういった攻撃をいつも経験しているのです。そこで、Cloudflareが介入してこういったことが起こらないようにしてくれました。

セキュリティの観点から言えば重要なことです。こういったハッカーは皆ランサムウェアを仕掛けて当社のサーバーをダウンさせようとしますが、Cloudflareの保護があれば安全で誠実であることができる。Cloudflareがサーバーを守っていると知ったら、ハッカーは別のところへ行くと思いますよ。」

Crunchbase
関連導入事例

“Cloudflareがサーバーを守っていると知ったら、ハッカーは別のところへ行くと思いますよ。”

Jager McConnell氏
CEO