Crisp

Crispは、Cloudflareの負荷分散機能を使用して、顧客関係アプリケーションの全体的なパフォーマンスを向上しています。

Crisp is a SaaS based customer relationship application, providing customers with features such as a chat box, email replies, and an operator dashboard to quickly reply to customer queries. Crisp targets the unpenetrated markets of Eastern Europe, Asia, and the Middle East, where a customer relationship solution doesn’t exist or customers are in need of replacing outdated and expensive legacy technology.

Crisp’s Challenge: Ensure Global Performance While Maintaining Local Infrastructure

Crispではソリューション提供地域の拡大に伴って、ヨーロッパを拠点にしたインフラストラクチャを維持しながら同時に顧客に対して高性能プラットフォームを提供しつつ、追加の間接経費を抑える必要がありました。 CrispのCTO、Valérian Saliou氏は、次のように説明しています。「当初、弊社のチャットアプリの動的コンテンツがアジア地域のユーザーとヨーロッパにある弊社サーバー間を行き来する間に生じるレイテンシーに関して、多くの問題を抱えていました。 当初よりCloudflareのCDNを使用し、使用開始直後から静的資産の配信を数秒改善することができていま���たが、ヨーロッパにあるインフラストラクチャをそのまま利用できるソリューションを経由して、動的コンテンツ配信を最適化する必要もありました。」

crisp-avg-load-time

Crisp’s Solution: A Cloud-Based, Global Load Balancer

When Crisp saw Cloudflare’s Load Balancing Early Access offering, they opted into the program to see if they could leverage it to help with the latency they were seeing with dynamic content. Cloudflare’s Global Load Balancing routes Crisp’s customers to the origin server closest to them, which not only shortens the distance content needs to travel, but also allows for cryptographic termination closer to the end user—ensuring minimal latency for the end user. The results were better than Crisp could’ve hoped— “When we rolled out Cloudflare Load Balancing,” Saliou explained “to route traffic across our atlas of websocket servers (tunneled into our core infrastructure through a VPN), we immediately got messages from customers in Asia and Oceania thanking us for the improvement.” With Load Balancing, Crisp saw latency times of their dynamic content drop an additional 2-3 seconds . Plus, with Health Checks and Failover built into Cloudflare Load Balancing, Crisp’s customers enjoy continual unfettered performance through Crisp’s ability to monitor the health of their websocket servers and automatically shift traffic to healthy servers when a server is experiencing poor performance.

Crispでは、APIの公開時にも、CloudflareのPage RulesおよびDDoS攻撃対策のメリットを実感することができました。 「デフォルトですべてをキャッシュすることで帯域幅を節約し、Page Rulesを用いて特定のサービスについて弊社APIと別のTTLに例外を指定しました」とSaliou氏は説明しています。 さらに、CrispのAPIはCloudflareのDDoS攻撃対策で保護されています。 Saliou氏は、「これまでに、I'm Under Attackモードを使用して、APIをオフラインにすることを試みる攻撃を2回阻止し、サービスの中断は発生していません」と続け、

「コストを考慮しなくても、それは我々の意思決定にとって大きな要素で、サービス、準備、使いやすさの面でもCloudflareは競合企業間で群を抜いていると思います」と述べています。

主な成果

グローバル負荷分散で、世界各地のお客様のレイテンシーが2~3秒改善。

[I'm Under Attack]モードでDDoS攻撃を軽減し、サービスへの支障を完全に防止

ローカルのインフラストラクチャを維持しつつ、国際的な規模拡大を安価で実現

Cloudflareのおかげで、Crispのサービス品質は最高に、サービス応答時間は最短になりました。 この提供は、高価なネットワークインフラストラクチャを大衆向けにコモディティ化したものです。 Cloudflareなしでは成り立ちません。

Valérian Saliou
CTO