theNet by CLOUDFLARE

Zero Trustでサイバーセキュリティを再定義する

デジタル変革が企業全体で勢いを増す中、重要な課題が浮上しています。日進月歩のビジネス環境を保護するためには、時代の変化に対応できる先端技術の導入が必要です。クラウドベースのサービスへの依存、リモートワークの普及、相互接続システムの統合など、ビジネス環境の変化が進んでいます。このような進歩は、効率性と接続性を強化する一方で、オンライン上で共有される個人データや業務データの急増により、サイバー脅威やそれに起因する攻撃に対する脆弱性を高めることにもなります。

サイバーセキュリティを最優先に置くことは、業種を問わず組織にとって不可欠です。サイバー脅威から身を守ることが第一の目的であることに変わりはありませんが、サイバーセキュリティの範囲は基本的な保護をはるかに超えて拡大しています。現在において、強固なセキュリティ基板を確立することは、単にサイバー攻撃から身を守る以上の意味を持ちます。ステークホルダー間の信頼を維持し、イノベーションの文化を育み、組織の回復力と長期的な持続性を確保する上で極めて重要な役割を果たすことから、戦略的投資へと発展してきました。この変化の背景には、サイバーセキュリティの防御を強化し、進化するデジタル環境に適応し、データ保護と業務継続に対する期待の高まりに応える必要性があります。


デジタル時代におけるサイバー防御の強化

刻々と変化するデジタル空間において、サイバー脅威は依然として世界中の企業にとって最大の関心事です。AIのような新しい技術の進歩も、抑えることはできないほどにサイバー脅威の猛威は相当なものです。そのため、企業が進化する脅威に対する防御を強化する緊急性は火を見るよりも明らかです。

増大する脅威に対抗するため、堅牢なサイバーセキュリティソリューションへの継続的な投資が必要です。厳格なデータプライバシー規制と責任あるデータ管理の必要性も、ますます業務を複雑化しています。絶え間ない技術革新により、企業はグローバルに接続された市場で競争力を維持しながら、デジタル変革の複雑さへの対応を強いられています。テクノロジー分野における人材獲得と定着の課題は、多様で進化する規制へのコンプライアンスと相まって、さらなるハードルとなっています。シームレスなデジタル体験に対する顧客の期待の高まりへの対応、サプライチェーンの混乱への対応、テクノロジーの倫理的利用の管理は、現在の企業が直面する多面的な課題をさらに増大する要因となっています。

このような複雑な状況を乗り切るには、プライバシー基準、データ保護規制、情報の適切な使用などの追加的な考慮事項を含む、技術導入への戦略的アプローチが必要です。



ZTNAテクノロジーでビジネスを強化

増加を続けるサイバー脅威の複雑さと頻度に対応するため、企業は自社の資産と機密データを保護するための、より効果的なソリューション、特に強固なZero Trustネットワークアクセス(ZTNA)対策の導入に軸足を移す必要があります。

ZTNAテクノロジーは、「決して信用せず、常に検証する」という原則に重点を置いています。デフォルトで信頼することを前提としない適応型信頼モデルに基づいて構築されており、必要最小限の特権を付与する特定の、細かく調整されたポリシーを基にアクセス権を付与します。ZTNAテクノロジーは、リモートユーザーがプライベートアプリケーションをネットワークに組み込んだり公共のインターネットに晒したりすることなく接続できる、安全な手段を提供します。

Zero Trustセキュリティは、デジタル空間で事業を展開するあらゆる企業にとって極めて重要な戦略です。セキュリティに対する包括的かつ戦略的なアプローチを必要とし、アクセスを求める各個人およびデバイスが、厳格な検証のもと、十分な本人確認が行われることをを保証します。

Zero Trustセキュリティモデルを採用するに足る4つの理由:

  1. 進化する企業は、もはや境界ベースのセキュリティへの依存は不可能:進化する企業は、非効率な境界ベースのセキュリティモデルからの脱却が必要です。Zero Trustは最小特権の原則を採用し、すべてのネットワークポイントで入念なアクセス検証を行います。リクエストを継続的に監視および検証し、マイクロセグメント化することで、侵害による潜在的な損害を一部分に抑えます。

  2. 労働力の範囲拡大:労働力は、従業員や請負業者だけでなく、ベンダー、サプライヤー、パートナーも含まれるようになりました。Zero Trustを採用することで、正確なアクセス制御と各ユーザーに合わせたアクセス許可が可能になります。

  3. すべての在宅勤務(WFH)環境のセキュリティを確認することは不可能:リモートワークの普及により、従来の決まった場所での勤務を基本とするセキュリティは問題に直面しています。安全でないWi-Fiネットワークやデバイスがリスクを高めます。Zero Trustのような強固なシステムなしに、従業員の家庭環境を検証することはできません。

  4. より高度化する持続型攻撃(APT):現代のサイバー脅威は、基本的なフィッシングにとどまりません。国家や犯罪組織によって組織化されたAPTのような高度な脅威は、従来のセキュリティ対策をもすり抜けます。このような脅威に効果的に対抗するには、Zero Trustフレームワークが不可欠です。


Zero Trustテクノロジー:重要な流れ

2025年までに、企業の60%が仮想プライベートネットワーク(VPN)をZero Trustに置き換える。これは、ガートナーが昨年発表した「Zero Trustアーキテクチャとソリューション」のレポートに記された予測です。

堅牢なZTNAインフラへの投資は、今や企業の必須事項です。これは単なる技術的なアップグレードではなく、高度なサイバー脅威に対する防御を強化するための戦略的な動きです。ZTNAのアダプティブセキュリティモデルは、進化する脅威の状況に対応し、従来の境界ベースのソリューションでは提供できなかった防御機能を提供します。

ZTNAを採用することで、企業はサイバーセキュリティ体制を強化し、重要なリソースへの安全かつ制御されたアクセスを確保すると同時に、リスクを軽減し、進化するサイバー脅威に対する防御を強化することができます。

この記事は、技術関連の意思決定者に影響を及ぼす最新のトレンドとトピックについてお伝えするシリーズの一環です。

この記事は当初、CIO Influence(海外メディア)向けに作成されたものです


このトピックを深く掘りさげてみましょう。

完全ガイド「Zero Trustアーキテクチャへのロードマップ」でZero Trustの詳細を学び、お客様の組織のロードマップ作成を始めましょう。
Get the guide!



記事の要点

この記事では、以下のことがわかるようになります。

  • サイバーセキュリティの範囲基本的な保護を超えてどのように拡大しているか

  • Zero Trustセキュリティモデルが組織のITの複雑さへの対応に最適な理由

  • 2025年までに60%の企業がVPNの代わりにZero Trustソリューションを使用するというガートナーの予測


関連リソース


大人気のインターネット関連インサイトの要約を毎月お届けします。