Cloudflareの歴史

Cloudflareの成り立ち

2004年に、Matthew PrinceとLee Hollowayは、「スパムメールはどこからやって来るのか?」という素朴な質問に対する答えを見つけるために行動を起こしました。2人はWebサイトを持つ人がメールアドレスを収集するスパム業者を追跡・特定できるシステムを構築しました。こうして誕生したのが「Project Honey Pot」です。このプロジェクトは、数年かけて着々と進行しました。Leeの柔軟なアーキテクチャを改良することで、Web管理者が直面する脅威をより多く特定できるようになりました。185か国以上にある数千のWebサイトが本プロジェクトに参加登録しました。ユーザーは、ネット上の悪意のある行動を特定・追跡するProject Honey Potの機能を気に入っていました。しかし、一方では「ただ単に特定・追跡するだけではなくて悪意のある行動を阻止してほしい」と繰り返し要請していました。

techcrunch story

パロアルトに開設したCloudflareの最初のオフィス

2009年、MatthewはハーバードビジネススクールでMBAを取得するため、フルタイムの仕事で長期の休暇を取りました。 そこでMichelle Zatlyn、つまりCloudflareの現最高執行責任者に出会ったのです。 2人が会話していく中で、ある日MathewがProject Honey Potとその素晴らしいユーザーコミュニティについて触れました。 MichelleはすぐにこのProject Honey Potを次のレベルに進めるサービスを作る機会を思いつきました。インターネットの脅威を追跡するだけじゃなく、攻撃を止めればいいじゃないか。 2人の級友はビジネスプランに取り掛かりました。

ビジネスの順番で最も最初に来るのは名前の検討です。 初のビジネスプランのタイトルは「Web Wallプロジェクト」でしたが、あまり反響がありませんでした。 そこでMatthewの友人がこう提案したのです。「2人は『クラウド内のファイアウォール(firewall in the cloud)』を作っているんだから、Cloudflareが良いんじゃないか。」 この名前はすぐにしっくりと感じられ、 MatthewとMichelleはハーバードビジネススクールの学部でこのビジネスプランの改良にかかりました。 その間、Leeは仕事の合間を縫って初のプロトタイプを構築していました。 2009年4月、Cloudflareは名誉あるハーバードビジネススクールのビジネスプランコンテストで優勝しました。

Leeの拠点はカリフォルニアだったので、卒業後、MichelleとMatthewは西へ向かいました。 そこで3人の共同創設者は夏の間を使ってCloudflareのプロトタイプ改良に取り組みました。 3人はCloudflareが現実のニーズを解決し次のレベルになると感じていたのです。 2009年11月、Venrock社のRay Rothrock(レイ・ロスロック)氏、Pelion Venture Partners社のCarl Ledbetter(カール・レッドベター)氏によるCloudflareへのシリーズAの融資が終了しました。

Matthew Prince、Michelle Zatlyn、Lee Holloway

Mathew、Lee、Michelleの3人は、Cloudflareチーム結成の準備に取り掛かりました。製品が完成していない状態での募集・採用は慎重に行う必要がありますが、ある1つのことが3人の心に響いて後押ししてくれました。Cloudflareの基本使命は、「より良いインターネット環境の構築をサポートする」ということです。頭脳明晰なエンジニア達が情熱を注ぐプロジェクトとなったのがProject Honey Potです。まもなくしてカリフォルニア州パロアルトにCloudflareの事務所が開設されました。集められた優秀な人材の多くはGoogle、Yahoo、PayPal、Mint.comといったトップ企業の出身者でした。投資家やアドバイザーの最大の懸念は、本来の目的がWebサイトの保護であるCloudflareのソリューションがレイテンシーを引き起こすのではないかということでした。そこで、チームはシステム内のあらゆる場所におけるレイテンシーを排除することに躍起になりました。2010年6月に、CloudflareはProject Honey Potコミュニティの一部のメンバーに対して、プライベートベータ版を限定公開しました。チーム全体が固唾をのんで見守りました。そこで予期せぬことが起こりました。Cloudflareは、オンラインの脅威から守るだけでなく、サイトの読み込み速度を平均で30%速くするというユーザーからの声が届き始めたのです。Cloudflareのシステムの効率の良さ、静的リソースのキャッシング、Cloudflareがユーザーサイトの多量の不要トラフィックを排除しているという事実は、Cloudflareがセキュリティだけでなくパフォーマンスの向上にも貢献する企業だということを実証したのです。2009年にハーバードビジネススクールのキャンパスで初めてCloudflareについて話し合ったときから、TechCrunchにてCloudflareの創業を発表しようと決めていました。そしてCloudflareは、2010年9月27日にそれを実現したのです。サンフランシスコで開催されたTechCrunch DisruptにCloudflareのチームが結集しました。ベータ版のユーザーたちはここ数か月間使っていた素晴らしいサービスについてようやく公言できることを非常に嬉しく思いました。そしてMathewとMichelleが登壇して、Cloudflareの創業を世界に向けて正式に発表したのです。創業以来の6年間で、Cloudflareは数十のプロダクトおよび数百の機能を発売し、3か国に6つの事業所を開設して、200のデータセンターの稼働を開始しました。全世界の数百万のお客様に優れたセキュリティ、パフォーマンス、信頼性、洞察を提供するという、Cloudflareならではのメリットは、こうした努力の結晶です。Cloudflareの最新の取り組みについては、当社のブログまたはプレスセンターをご覧ください。