GA Week 2022

GA Week 2022
GA Weekへようこそ

Cloudflareの最も需要の高い製品と機能の多くが一般提供されるようになったこのエキサイティングな発表をチェックしてください。また、既に利用されているお客様の事例をご覧ください

GA Weekへようこそ
GA Weekへようこそ

来週中に、ベータ版を終えて一般にご利用いただけるCloudflare製品についてお知らせいたします。

詳細はこちら
GA Week Wrap Up
GA Week 2022: 見逃し配信

今週、当社は多くの新製品を一般公開しました。見逃した方のために、ここにまとめを掲載します。

詳細はこちら

情報更新と発表

APIエンドポイントの中央管理
API エンドポイント管理とメトリクスが GA になりました

API Shieldを使用すると、APIエンドポイントのパフォーマンスの保存、更新、モニタリングができます。

詳細はこちら
Zaraz:Open Source Managed Components
Cloudflare Zarazが、Managed Componentsとサードパーティツールを非公開にするDLPをサポート

自社のWebサイトで管理できないのは、サードパーティツールのみでしょう。Cloudflare ZarazでManaged Componentsを使用すると、サードパーティのツールが管理できるようになります。

詳細はこちら
Logpush:低コスト、高信頼性
Logpush: 低コストおよびより高い知名度

Logpushジョブは興味があるログのみを含めるようにフィルタ処理できるようになりました。また、ジョブが失敗するとき、ジョブの健全性に関する統計の取得と共に、警告を受信することができます。

詳細はこちら
R2
R2が一般にご利用いただけるようになりました

R2が一般発売されました!! R2では開発者にエグレス料金のかからないオブジェクトストレージを提供します。

詳細はこちら
Stream Live一般公開
Stream Liveが一般にご利用いただけるようになりました

Stream Liveは現在、すべての人が利用可能なベータ版を終了し、大規模な本番用トラフィックに対応しています。

詳細はこちら
Workers for Platforms
最新のSaaSアプリケーションを構築する最も簡単な方法

Workers for Platformsを使用することで、お客様のニーズに合わせたカスタムロジックをアプリケーションに組み込むことができます。Workers for Platformsが、すべてのEnterpriseプランのお客様を対象に一般公開を開始したことをお知らせします。

詳細はこちら
Custom Domains for Workers
Cloudflare Workersでオリジンレス化 – Todoアプリの構築 – パート1:API

カスタムドメインが一般公開されました!本日は、Cloudflareの開発者用プラットフォームで行う「完全なサーバーレスアプリケーションの構築」シリーズのパート1をご紹介します。

詳細はこちら
Cloudflare ImagesのSVGファイル対応
Cloudflare Images の SVG サポート

Cloudflare Images は、SVG ファイルの保存と配信をサポートするようになりました。

詳細はこちら
R2に保存されるCloudflare Logs
ログの保存と取得をR2で

R2上のログストレージ:あらゆる製品のイベントログを保存できるコストパフォーマンスに優れたソリューションです。

詳細はこちら
Regional Servicesの拡張
インド、日本、オーストラリアでリージョナルサービスを開始

リージョナルサービスをもって、アジア太平洋地域のこれらの国へのサービス提供を拡大し、Cloudflare ネットワークのどの部分が高度な機能を実行できるのかを正確に制御することで、より多くのお客様が Cloudflare を利用できるようになることは光栄です。

詳細はこちら
CASBがZTバンドルで利用可能
Cloudflare CASBを使用して、SaaSアプリケーション内のセキュリティの問題を検出する

サードパーティ製SaaSアプリケーションの接続、スキャンにより、ファイルリーク、不適切な設定、シャドーITをわずか数クリックで確認できます。Cloudflare CASBが一般にご利用いただけるようになりました。

詳細はこちら
DLPがZTバンドルで利用可能
Cloudflare Data Loss Prevention(データ損失防止)が一般利用可能に

Cloudflareをご契約いただいているお客様は、機密データを保護するためのより多くのオプションを提供するData Loss Prevention(データ損失防止)が利用できるようになりました。

詳細はこちら
Cloudflareチャンネルパートナープログラム
Cloudflare Oneパートナープログラム促進

Cloudflare Oneパートナープログラムは、既存パートナーや見込みパートナーの間で支持が広がっています。

詳細はこちら
Magic Gateway + BISO
WAN as a Serviceを使用して、あらゆるネットワーク上のブラウザ経由の脅威を分離

IPSec / GREでレガシーファイアウォールに接続することで、Cloudflareのブラウザの分離でブラウザから発生する脅威からあらゆるネットワークを保護

詳細はこちら
Cloudflare One Week 2022 - メールゲートウェイをArea 1 に置き換える
Cloudflare Area 1 - 最高のメールセキュリティはどのように改善を続けているか

Cloudflareは2020年にArea 1の利用者となり、2022年に同社を買収の道を進めました。最も印象的だったのは、「Area 1」を導入した際、サイバー攻撃の90%以上を占めるフィッシングが一夜で問題ではなくなったことです。しかし、当社のビジョンは、フィッシング攻撃を防ぐことよりも遥かに大きなところにあります。続けてお読みください。

詳細はこちら
Cloudforce One
Cloudforce Oneが一般提供を開始:脅威データ、ツール、業界の専門家へのアクセスにより、お客様のセキュリティチームを強化

Cloudflareの脅威対策・研究チーム「Cloudforce One」が、運営を開始。また、脅威に関するブリーフィングの指揮を執り始めています

詳細はこちら
Domain Scoped Roles
アクセス制御の向上:ドメインスコープ指定ロールが一般にご利用いただけるようになりました

本日より、ドメインスコープ指定ロールが一般公開されたことにより、ユーザーのアクセス範囲を特定のドメインに限定することが可能になりました。

詳細はこちら
アカウントレベルのWAF
アカウントWAFは、現在Enterpriseプランのお客様が利用可能です

管理してるドメインは複数ですか?「はい」と答えた方は、単一のWAFの構成ですべての企業用ドメインを管理できます。

詳細はこちら
Cloudflare Aware
Cloudflare Adaptive DDoS攻撃対策の導入 - DDoS攻撃を軽減するための新しいトラフィックプロファイリングシステム

Cloudflareの新しいAdaptive DDoS攻撃対策システムは、お客様に固有のトラフィックパターンを学習し、高度なDDoS攻撃からお客様を保護するために絶えず適応を続けます

詳細はこちら
高度DDoSアラート
高度DDoSアラートの導入

Cloudflareの高度DDoSアラートは、リアルタイムで使う人に合わせた、実用的な通知を提供します。

詳細はこちら