GetInsured

GetInsuredは、使いやすい機能と豊富なソリューションでセキュリティを強化しています。

GetInsuredは、消費者、雇用主、州、保険業者のための健康保険eコマースプラットフォームです。保険業者向けに、管理コストの削減とメンバーシップの拡大を目的とした、包括的なeコマースソリューションを提供します。そして、雇用主と協働して従業員にふさわしい健康保険を適用しつつ、保険費用を削減します。同社のプライベートエクスチェンジソリューションは、今日の健康保険加入の複雑性を簡略化し、消費者の購入体験をパーソナライズし、より多くの情報に基づいた意思決定ができるようしています。

GetInsuredの課題:セキュリティの強化と技術的互換性を合理化する

GetInsuredは、システムを通過する機密情報ができる限り安全で保護されていることを確認するために、舞台裏で作業を続ける一方で、外部向きプラットフォームを最適化し、簡略化するよう継続的に取り組んでいます。「多層防御は、当社のアプリケーション保護の基本理念の一つで、当社の事業を運営するために必要なものです」とGetInsuredのセキュリティアーキテクトであるAtul Arora氏は説明します。「以前のファイアウォールは、あまり機能していませんでした。オンライン状態を維持し、安定性を保つことは大きな難題となっていました。さらに、異なる製品と顧客の間で、当社の生産環境と品質管理環境のために複数のSSL証明書を管理することは、特にユーザーベースの成長につれて、ますます困難になりました。すぐに使うことができて、スケーラブルでユーザーが使いやすく、安全に機能するものを探していました。

GetInsuredのソリューション:すぐに使えるオールインワンのソリューション

「当社がCloudflareを使い始めたのは、WAFが目的でしたが、すべてがうまく機能していることに満足できたので、ネットワークの他の機能も見てみました」とGetInsuredのCIOであるAllywyn Lobo氏は話します。「今では、CloudflareのWAF、Page Rule、DDoS対策機能を利用して、防御能力を高め、強化しています。」

getinsured-graphic

追加したセキュリティ機能が攻撃者にとって手ごわいものであることが証明されています。Lobo氏は、「Cloudflareを使い始めてから、DoS攻撃もDDoS攻撃もファイアウォールから報告される数が減ってきています」と説明します。この削減は、CloudflareのDDoS保護がクラス最高であり、インターネット上で最大級の攻撃を停止させたという事実によって、GetInsuredを標的とする攻撃を無益なものとします。また、CloudflareのWAFは、GetInsuredのインフラストラクチャに向かうすべてのパケットを分析することで機能し、自動的に悪意のあるリクエストまたはブラックリストに入っているIPアドレスからのリクエストをブロックします。GetInsuredはWAFの国をブロックする機能も活用し、攻撃の対象領域を最小限に抑え、高いレベルのセキュリティを確保します。「Cloudflareを利用する前は、IPをブロックするルールを追加するためのチケットに応答し、確認しなければなりませんでした」とLobo氏は説明します。「国ごとブロックすることで、不正アクターを効果的に遠ざけられるため、ITチームもInfoSecチームも他の緊急課題に集中する時間が持てています。」

強化されたセキュリティに加えて、GetInsuredは、Cloudflareの使いやすさや全体的価値に満足しています。「Cloudflare製品は、使いやすいですよ」と、同氏は話します。「スマートなシステム既定値、最新のWebベースアプリケーション、豊富な情報を提供するダッシュボードのすべてが装備されています。」

Lobo氏は最後に、「特徴や機能性がこれだけ充実した、単一の使いやすい製品は、他ではなかなか見つけられません。」

GetInsured
提携企業
    主な成果

    DDoS対策で、インフラストラクチャを安全かつ確実に

    WAFはインフラストラクチャを保護し、攻撃対象領域を最小化します

    アプリケーションをオンラインにするたびに(生産、QA、開発なんでも)必ずCloudflareでセットアップします。数多くの外的脅威に対してアプリケーションを保護するという点で、安心感が持てます。

    Allwyn 'Olly' Lobo氏
    CIO