Cloudflare待機室

バーチャルな待合室でピーク時のトラフィックを管理する

トラフィックの急増が、アプリケーションとインフラストラクチャの過負荷を引き起こし、パフォーマンスが低下したり、オンラインプレゼンスが完全に中断されてしまう可能性があります。

Cloudflare待機室は、ユーザーが多過ぎる場合、ユーザーをカスタムにブランディングされた待機室(waiting room)にルーティングして、顧客体験を守りつつ、オリジンサーバーがリクエストで過負荷とならないように保護します。

オンライン状態を維持し、すばらしいカスタマーエクスペリエンスを提供し、トラフィック急増時にアプリケーションを保護

カート放棄率を削減

ダウンタイムやトラフィックのピーク時におけるアプリケーションのパフォーマンス低下が、オンライントランザクションに影響を与えないことを保証します。

一貫性のあるブランド体験をお届け

待機室は、お客様のブランドと一体感があり、順番待ちのユーザーにもシームレスなオンライン体験を提供できます。

インフラストラクチャにかかる経費を削減

トラフィックのピークに対応するための、追加サーバーの維持や帯域幅の追加購入にともなう経費は不要です。

最も必要な時にアプリケーションへのアクセスを保護

製品ローンチ
休日トラフィック
特別イベント
期間限定セール
Slide 1 of 5

待機時間を短く抑える

待機室は、トラフィックを動的に管理することによって待機時間を短く抑えます。1人のユーザーがアプリケーションからログアウトした場合やクッキーの有効期限が切れた場合は、新たなユーザー1人のログインを許可します。


思い通りにキューを管理

着信トラフィックのレートまたはアクティブユーザーの総数を基に、ライセンス認証の閾値を設定します。先入れ先出し、ランダム、抽選といった複数のキューイングオプションを使って、待っている訪問者を入れます。


ブランドに合わせた待機室

カスタムHTMLとCSS、複数言語、その他のブランディングオプションで、待機室での体験をカスタマイズします。セットアップはきわめて簡単で、お客様が完全なコントロールを握っています。


数分で開始可能

セットアップに必要なのは、CloudflareダッシュボードまたはAPI経由で5つのフィールドに入力するだけ。コーディングもJavaScriptタグも要らず、バグが入る可能性があるオフサイクルのデプロイメントも必要ありません。

きわめて正確な待機時間

待機室は、グローバルな接続拠点間のデータ同期を数秒ごとに行っているため、待機時間は常に最新の情報です。

待ち行列への並び直しは決してない

待機室は、クッキーが有効である限りユーザーを覚えているため、待ち行列中の位置を失うことはありません。

きめ細かな制御

カスタムのアプリケーション閾値、セッションの時間制限、キューイング方法などを指定します。

リソース

発表のブログ

待機室がProject Fairshotと共に新型コロナウィルス感染症のワクチン配布をどのように実現したかを、詳しく説明しています。

ブログ記事を読む

よくある質問

Cloudflareヘルプセンターでは、待機室についてよく尋ねられる質問に答えています。ご参照ください。

よくある質問

開発者向けドキュメント

待機室の構成と使用に関する詳細情報と指示は、こちらでお読みいただけます。

ドキュメンテーションを読む

APIドキュメンテーション

Cloudflare APIを使った待機室管理について、詳しくはこちらをお読みください。

ドキュメンテーションを読む

待機室の概要

Cloudflare待機室の主な特徴を2ページにまとめた文書を、こちらからダウンロードしていただけます。

文書をダウンロード

何百万ものインターネットプロパティからの信頼