プライベートクラウドとは?|プライベートクラウド対パブリッククラウド

プライベートクラウドは、1つの組織のみがアクセスできるクラウドです。プライベートクラウドは、パブリッククラウドのセキュリティリスクを感じることなく、クラウドコンピューティングの利点を提供します。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

プライベートクラウド

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いをご覧ください
  • 企業がプライベートクラウドを使用する理由を理解
  • ホストされたプライベートクラウドと内部プライベートクラウドを区別

プライベートクラウドとは?

プライベートクラウドは、1つの組織にのみ提供されるクラウドサービスです。プライベートクラウドを使用することで、組織はリソースを他の組織と共有することなくクラウドコンピューティング *の利点を体験できます。

Private Cloud - Internal vs Hosted

プライベートクラウドは、組織内にあるか、第三者によってリモートで管理され、インターネット経由でアクセスできます(ただし、パブリッククラウドとは異なり、誰とも共有されません)。

*クラウドコンピューティングは、インターネット経由でアクセスできるリモートサーバーで計算サービスをホストする方法です。

プライベートクラウド対パブリッククラウド

パブリッククラウドコンピューティングは、コインランドリーのようなものだと考えてください。通常、コインランドリーには、複数の見知らぬ人が共有していても、必要な洗濯をするのに十分な機械があります。

プライベートクラウドは、1人の人間が所有するコインランドリーのようなもので、その人だけがアクセスすることができます。このようにして、所有者は必要なだけ洗濯することができ、他の誰もが洗濯物にアクセスできないことが保証されます。

プライベートクラウドとパブリッククラウドはどちらも仮想化などのクラウドテクノロジーを使用し、スケーラビリティや幅広いアクセスなどの特性を共有しています。両者の主な違いは、パブリッククラウドにはクラウドベンダーの複数の顧客がアクセスできるのに対し、プライベートクラウドには1つの組織しかアクセスできないということです。

パブリッククラウドまたはプライベートクラウドのどちら使用するのが良いですか?

一部の企業は、特に非常に高いセキュリティ基準を持っている場合、プライベートクラウドを使用することを好む場合があります。プライベートクラウドを使用すると、企業間のマルチテナンシー (内部チーム間にマルチテナンシーが引き続き存在します)が排除され、事業は導入されているクラウドのセキュリティ対策をより詳細に管理できます。

ただし、特に企業がプライベートクラウドを管理している場合は、プライベートクラウドを展開するのにコストがかかる場合があります。多くの場合、プライベートクラウドを使用する組織は、効率のためにいくつかのパブリッククラウドサービスを組み込んだハイブリッドクラウド展開になります。

ホストされたプライベートクラウドとは?

イリノイ州シカゴの大企業がプライベートクラウドを実行したいとします。シカゴのオフィスビルに内部プライベートクラウドを設置するか、第三者のクラウドプロバイダーにプライベートクラウドをホストさせることができます。その第三者は、シカゴの別の地域、イリノイ州の別の都市、または別の州にいても構いません。

ホストされるプライベートクラウドは、オンプレミスではなくオフプレミスです。つまり、クラウドサーバーは、それらを使用する組織の敷地内に物理的に配置されていません。代わりに、第三者がクラウドをリモートで管理およびホストします。

内部プライベートクラウドとは?

上記で説明したように、内部プライベートクラウドは組織自体の施設でホストされ、内部で管理されます。ホストされたプライベートクラウドとは異なり、組織は内部プライベートクラウド自体を管理および運用します。通常、これは、サーバーを購入して稼働させ、サーバーで実行されるソフトウェアを管理することを意味します。

内部プライベートクラウドは、従来のオンプレミスデータセンターとどのように異なりますか?

内部プライベートクラウドは、会社の敷地内でホストされ、その会社によって管理され、その会社のみがアクセスします。いくつかの点で、内部プライベートクラウドは従来のデータセンターに似ています。

ただし、内部プライベートクラウドはクラウドテクノロジーを使用して設計されています。プライベートクラウドサーバーは仮想機械を実行して、ハードウェアの使用を最大化します。その結果、プライベートクラウドは通常、より効率的で、強力で、拡大可能です。プライベートクラウドを自分でコインランドリーを所有することと比較する場合、従来のデータセンターは、単一の家庭用洗濯機と乾燥機を持っているようなものです。

仮想化に加えて、内部プライベートクラウドには、従来のデータセンターにはない次の品質があります:

  • スケーラビリティ: 内部プライベートクラウドは簡単に拡大できます。つまり、ITチームによる追加の構成なしに、より多くのサービスを提供します。
  • セルフサービス: ユーザーはITの支援なしでプライベートクラウドにアクセスできます。
  • 広範なアクセス: 組織全体のすべてのチームが、必要なクラウドリソースにアクセスできます。
  • 測定可能: 使用されているストレージと帯域幅の量と、アクティブなユーザーアカウントの数を測定し、それに応じてクラウドリソースを割り当てることができます。

プライベートクラウドとハイブリッドクラウドの関連性は?マルチクラウドは?

ハイブリッドクラウド は、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせます。ハイブリッドクラウドには、レガシーオンプレミス(非クラウド)インフラストラクチャを含めることもできます。

マルチクラウド」は、複数のパブリッククラウドの組み合わせを指します。マルチクラウド展開は、プライベートクラウドを含む場合はハイブリッドにすることもできますが、必ずしもプライベートクラウドを含むとは限りません。 ( マルチクラウドの詳細

Cloudflareはプライベートクラウドを持つ企業をどのように支援しますか?

Cloudflareの製品スタックは、プライベートクラウドを含むクラウドインフラストラクチャの前にあります。Cloudflareは、プライベートクラウドとの間のネットワークトラフィックを高速化し、保護します。 Cloudflareはまた、重要なサービスに単一のコントロールプレーンを提供します。企業は、ハイブリッドクラウドまたはマルチクラウド展開が使用されている場合でも、単一のダッシュボードからパフォーマンス設定、DNSSSL、およびその他のCloudflare製品を管理できます。

クラウドコンピューティングの詳細については、 クラウドとはをお読みください。