分散型Webゲートウェイ:

イーサリアムネットワークとInterPlanetary ファイルシステム(IPFS)両方へアクセスを簡単、高速化するとともに保護します。

Cloudflareのゲートウェイを使って、分散型Webに簡単、迅速、安全にアクセスします。ソフトウェアは必要ありません。

HTTPSを介し、IPFSでホストされているコンテンツの配信や、カスタムドメインからイーサリアムを利用した分散アプリとのインタラクションを行います。

分散型Webゲートウェイのご利用規約

IPFSゲートウェイ

Cloudflareの分散型Webゲートウェイを使えば、IPFSに格納されたファイルのブラウジングが簡単かつ安全にできます。ソフトウェアのダウンロードは不要です。IPFSでホストする自社コンテンツを、カスタムドメインからHTTPSを介して配信します。

InterPlanetary File System(IPFS):

IPFSとは何か?

IPFSは、世界中のコンピューターがファイルを巨大なピアツーピアネットワークの一部として格納し、配信できるようにする分散型ファイル格納プロトコルです。

世界中のどのコンピューターでも、IPFSソフトウェアをダウンロードしてファイルのホスティングと配信を開始できます。

誰かが自分のコンピューターでIPFSを実行し、IPFSネットワークにファイルをアップロードすれば、世界中でIPFSを実行している人なら誰でもそのファイルの閲覧やダウンロードが可能です。

IPFSの仕組みは?

分散したコンピューターがネットワークに参加:どのコンピューターでも、IPFSソフトウェアをダウンロードして、ファイルを追加したりネットワークからリクエストしたりできます。ファイルごとに固有のハッシュ値を生成:IPFSに追加されたファイルには、それぞれファイルコンテンツのハッシュ値を基にしたアドレスが与えられます。このアドレスは指紋のようなもの。そのファイルに固有のアドレスで、ファイルがIPFSの中のどこに格納されようと不変です。

IPFSがなぜ使われるのか?

コンテンツの完全性を確保

IPFS上のファイルにはそれぞれ、ファイルの正確なビット数によって決まる固有のアドレスがあります。1ビットでも変わればアドレス全体が変わるため、もしファイルが改ざんされていれば確実にユーザーにわかるようになっています。

冗長性を持たせたホスティング

IPFS上のファイルはすべて、さまざまな場所でホストできる一方で、同一アドレスからアクセス可能です。ファイルをホスティングしている1台のコンピューターがオフライン状態になっても、ネットワークは別のコンピューターからファイルを取り出せばよいのです。

一般に、IPFSに格納されたコンテンツにアクセスするには、IPFSノードを実行しなければなりません。つまり、専用のソフトウェアをダウンロードして、自分のコンピューターにローカルストレージスペースを割り当てる必要があるのです。ところが、Cloudflareの分散型Webゲートウェイを使えば、ダウンロードも割り当てが一切不要になります。Cloudflareのゲートウェイなら、cloudflare-ipfs.com/に行けばパブリックIPFSネットワーク上に格納されたすべてのファイルをブラウジングすることができます。

ダウンロードは一切必要ありません。ローカルのストレージスペースを空ける必要もありません。すべてブラウザ内でできるのです。

アクセスの高速化

CloudflareのゲートウェイはIPFSコンテンツの配信の高速化に役立ちます。IPFSコンテンツをCloudflareのデータセンターネットワークにキャッシュすることによって、リクエストされたコンテンツを、お客様の最寄りのデータセンターから当社ゲートウェイ経由で配信することができます。

組み込まれたセキュリティ

Cloudflareがお客様に代わってリクエストする各ファイルについて、Cloudflareがファイルのハッシュ値をチェックしてコンテンツが転送中に変更されていないか確かめます。また、CloudflareのゲートウェイはHTTPSを介して、すべてのコンテンツを配信し、改ざんから保護します。

イーサリアムゲートウェイとは?

Cloudflare Ethereum Gatewayは、お客様がご自分のカスタムホスト名でプロビジョンできるイーサリアムネットワークへのアクセスを提供します。ユーザーはこのゲートウェイを使って、分散型コンピュートプラットフォームであるイーサリアムスマートコントラクトによって動作するサイトに、インタラクティブな要素を加えることができます。

さらに、CloudflareのIPFSゲートウェイとの併用により、Webサイトやその他のリソースを分散してホストすることができます。しかも、Cloudflareのグローバルネットワークのメリットとして、高速化はもちろん、安全性と信頼性も得ることができます。

## イーサリアムとは? イーサリアムは、スマートコントラクトで定義されたポリシーを格納して適用する 分散型の仮想コンピュートネットワークです。イーサリアムネットワークは、グローバルに分散された多数のノードで構成され、各ノードでは通貨の移転と執行に基づき、ブロックチェーンの形でコンセンサスが形成されます。 イーサリアムネットワークでは、単に<https://github.com/ethereum/go-ethereum>などの互換性のあるイーサリアムデーモンを実行するだけで誰でもどこででもノードを形成できます。 個人が作成したトランザクションはすべて、ネットワーク全体が認証して合意し、 グローバルコンセンサスの一環となります。 ## イーサリアムの仕組みは? ネットワークに参加するユーザーは誰でも、トランザクションを開始し、スマートコントラクトの実行・書き込みをすることができます。結果にかかわらず、これらはイーサリアムブロックチェーン上のグローバルコンセンサスに加えられます。行われるトランザクションはそれぞれ、ブロックチェーンをつなぐブロックで識別されます。各ブロックとトランザクションには個別の識別子があって、それをネットワーク上のノードで読み取れるようになっています。いったんブロックチェーンに書き込まれたものは永遠にそこに留まり、それが参照履歴となって、このデータをいつも利用可能にします。## イーサリアムが使われる理由は? イーサリアムネットワークは大規模な分散型コンピューティングプラットフォームの代表格で、表現力豊かなポリシーとプログラムがスマートコントラクトとして実行されます。- __コンテンツの完全性と復元力__:このアプローチの利点は、ネットワークへのいかなる変更もその上にあるすべてのノードが合意し、ブロックチェーンに加えられるという点です。つまり、グローバルに分散した多数のノードを危殆化することなく、システムの信頼を覆すことはできないということです。 - __新たなコンピューティングパラダイム__:イーサリアムネットワークは急成長しており、大規模な分散型システムとコンピューティングプラットフォームの構築に対する新たなアプローチとなっています。
イーサリアムネットワークに接続する自社ノードの運営は難しかったりコストがかかったりします。 その代わりに、Cloudflareの分散型Webゲートウェイに接続しましょう。 Cloudflareイーサリアムゲートウェイを使えば、誰でもイーサリアムネットワークにアクセスできます。アクセスには、ネットワークの現状を見たり、独自のトランザクションを提示して コンセンサスに追加してもらうことも含まれます。 ネットワークとの接続はすべてブラウザ内で行われるため、__お客様のローカルのマシンでは 何も実行する必要はありません。__ - __高速アクセス__:Cloudflareのグローバルエッジネットワークを活かしてイーサリアムネットワークへ到達します。Cloudflareのグローバルキャッシュの力を利用し、ゲートウェイからのすべての応答を高速化します。当社製品のArgo Tunnelを使って、Cloudflareネットワーク全体でお客様のクエリーのルーティングを高速化します。これはつまり、お客様は何千マイルも離れたノードではなくお近くのデータセンターから、ネットワークとやりとりできるということです。 - __セキュリティ内蔵__:イーサリアムゲートウェイとの通信はすべてHTTPSを介して行われるため暗号化されます。Cloudflareのエッジとゲートウェイとの間のトラフィックは、Argo Tunnelによって保護されます。- __単なるJSON__:イーサリアムへのクエリーはすべて単なるJSON structsです。Cloudflareゲートウェイ用にサポートされたAPIのリストは、開発者向けドキュメントをご覧ください。公式APIの完全版説明書もこちらでご覧になれます。
現在は、お客様のWebサイトをCloudflareイーサリアムゲートウェイに接続して、イーサリアムネットワークをご自身のWebサイトの訪問者に近づけることができるようになっています。お客様がWebサイトをイーサリアムゲートウェイに接続すると、訪問者はお客様のドメインからイーサリアムネットワークにアクセスできるようになります。開始に必要なのはお客様ご自身のドメインだけ。開始の手順は以下の通りです。 - ドメインのDNS設定画面を開きます。お客様のWebサイトがCloudflare上にあれば、ダッシュボードからDNS設定画面にアクセスできます。お客様のWebサイトがCloudflare上にない場合は、DNSレコードを探さなければなりません。その手順は[こちら](https://support.google.com/projectshield/answer/6358886?hl=en/)をご覧ください。⏎- ドメイン(例:www.example.com)からCNAMEレコードをcloudflare-eth.comに追加します。注:お客様のWebサイトがCloudflare上にある場合は、このレコードの隣にある雲のマークが自動的にグレーになります。ゲートウェイにCNAMEレコードを追加すると、パフォーマンスとセキュリティが自動的にCloudflareのエンタープライズレベルへと引き上げられますが、それらの設定をご自分でコントロールすることはできません。- それらのレコードを追加し終わったら、 - ドメイン名(例:www.example.com)を下のテキストボックスに入力し、「Submit」をクリックします。- これによりSSL証明書が作成され、お客様のドメインからのトラフィックがHTTPSを介して安全に配信されるようになります。待ち時間は最高90秒です。証明書が成功裏に発行されると、確認のメッセージが届きます。証明書が発行されれば、お客様のWebサイト宛てのイーサリアムRPCクエリーはすべて、自動的に<https://cloudflare-eth.com/>と照らして解決され、応答がイーサリアムネットワークから配信されます。