Cloudflare、エッジ開発のリーダーとして選出

独立系リサーチ会社が、Cloudflareをエッジ開発プラットフォームのリーダーとしてランク付け

サンフランシスコ(カリフォルニア州)2021年10月27日 — セキュリティ、パフォーマンス、信頼性を追求し、より良いインターネットの構築に貢献する企業Cloudflare, Inc.(NYSE:NET)は、Forrester Research, Inc.による『The Forrester New Wave™: Edge Development Platforms, Q4 2021』レポートで、業界リーダーに選ばれました。Cloudflare Workers Development Platformが、開発者エクスペリエンス、プログラミングモデル、統合、ロードマップなど8基準において他のプラットフォームに差をつけているとの評価を得ました。

「Cloudflareでは、次に登場する数十億ドル規模の企業が当社のWorkersプラットフォームを使って専らCloudflare上で事業を構築できるようにしたいと考えています。個人開発者であろうと小企業であろうと大企業であろうと、現実世界の問題を解決できて数秒内に全世界で実行可能なアプリを少ないコードですばやく開発できれば、その影響力は絶大です。」(Cloudflare共同創業者兼CEO、Matthew Prince)

『The Forrester New Wave™: Edge Development Platforms』の中でForresterは、「Cloudflareは、直感的な開発者エクスペリエンスと更新済みコードの高速グローバルデプロイメント、最小限のコールドスタート所要時間を実現している」と記しています。さらに、「Cloudflareのエッジ開発プラットフォームはグローバルなリーチを持ち広範に展開しており、高性能Webサイトの構築、パーソナライズされたコンテンツのサポート、悪意のある攻撃に対する防御を望む開発チームにとっては良いソリューションである」としています。

開発者は、2017年に発表されたエッジベースのサーバーレスプラットフォームCloudflare Workersを使って、コードをグローバルに瞬時にデプロイし、すばらしいパフォーマンスと信頼性、スケールを実現することができます。Workersは、100か国以上、250都市以上にわたるCloudflareネットワーク上でトラフィックを自動ルーティングしているため、グローバル規模の実行がデフォルトになっています。発表以来、30%の高速化とコールドスタートの排除に成功し、コンピューティング、ストレージ、フロントエンドサービスの各分野のソリューションを含める形でプラットフォームを拡大することによりエッジでの開発を変革してきました。現在、全世界で10万以上の開発者がCloudflare Workersを使って以下を実現しています。

  • __コードを世界中に瞬時にリリース:__開発者はコードを更新し、他のサーバーレスプラットフォームなら数分かかるところを、15秒でグローバルにライブリロードすることができます。
  • __入手してすぐに使えるセキュリティと信頼性:__Workersは、最新のセキュリティ脅威に耐えられるように作られており、CloudflareのDDoS攻撃対策などをデフォルトで提供します。
  • 他のツールとスムーズに統合: ストレージプロバイダーやデータベース、パブリッククラウド、APIと広範に統合することによって、開発者は既に持っているツールでまさに作りたいものを開発できます。

Forresterは対象ベンダー9社を、開発者エクスペリエンス、プラットフォーム実行モデル、作業負荷の幅、セキュリティ、統合など10基準に基づいて評価しました。詳細については、以下のリソースをご覧ください。

Cloudflare(クラウドフレア)について Cloudflare, Inc.(https://www.cloudflare.com/ja-jp/ /@cloudflare)の使命は、より良いインターネットの構築をサポートすることです。Cloudflareのプラットフォームは、ハードウェアやソフトウェアの追加、コードの変更を行うことなく、あらゆるインターネットアプリケーションを保護、高速化します。Cloudflareにより、インターネットプロパティのすべてのトラフィックがインテリジェントなグローバルネットワークを経由してルーティングされ、リクエストを受け取るたびにスマートになります。その結果、パフォーマンスが大幅に向上し、スパムその他の攻撃が減少します。Cloudflareは「アントレプレナー」誌のTop Company Cultures 2018、「Fast Company」誌の2019年版World’s Most Innovative Companiesに選出されました。カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、テキサス州オースティン、イリノイ州シャンペーン、ニューヨーク州ニューヨーク、カリフォルニア州サンノゼ、ワシントン州シアトル、ワシントンDC、トロント、リスボン、ロンドン、ミュンヘン、パリ、北京、シンガポール、シドニー、東京にオフィスを構えています。

__将来予想に関する記述 __ 本プレスリリースには、将来予想に関する記述(1933年米国証券法第27A条または1934年米国証券取引所法21E条(いずれも改正法)に該当する記述)があり、重大なリスクおよび不確定要因を含んでいます。将来予想に関する記述は、「場合があります」、「つもりです、するでしょう」、「はずです」、「見込まれます」、「可能性を探ります」、「する計画です」、「予想します」、「かもしれません」、「意図しています」、「目標とします」、「見積ります」、「検討します」、「考えます」、「推測します」、「予測します」、「潜在的」、「引き続き」、またはそれらの否定表現、あるいは当社の予想、戦略、計画、または意図に関わるその他同様の用語および表現によって識別することができます。しかし、すべての将来予想に関する記述にこうした語句が含まれているわけではありません。本プレスリリースにて明示または黙示されている将来予想に関する記述には次を含みますが、これらに限定されません。Cloudflare Workersに関する当社の計画および目標、Cloudflare Workers並びに当社の他の製品および技術を使用することで得られるお客様のメリット、Cloudflare Workers並びに当社製品および技術の期待される機能およびパフォーマンス、当社の技術開発、将来の事業活動、成長、イニシアチブ、戦略、当社のCEOなどのコメント。2021年8月6日に米国証券取引委員会(SEC)に提出されたフォーム10-Qに関する年次報告書およびSECに随時提出するその他の文書で詳記したリスク(ただしこれらに限定されない)など、さまざまな要因により、実際の結果が、将来予想に関する記述で明示または黙示したものと大きく異なる可能性があります。

本プレスリリースに含まれる将来予想に関する記述は、あくまで記述当日現在の事象についてのみ言及しています。Cloudflareは、法律で義務付けられた場合を除き、本プレスリリースの日付以降の事象や状況を反映するために、あるいは新しい情報や予期しない事象の発生を反映するために、将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。当社が将来予想に関する記述で開示した計画、意図、予想は実際に実行・達成されない場合があるため、当社の将来予想に関する記述に過剰に依存すべきではありません。

© 2021 Cloudflare, Inc. All rights reserved. Cloudflare、Cloudflareロゴ、およびその他のCloudflareのマークは、米国およびその他の法域におけるCloudflare, Inc. の商標または登録商標です。本書に記載されているその他の商標および名称は、各所有者の商標である可能性があります。

Press Contact Information
Daniella Vallurupalli
+1 650-741-3104