データガバナンスとは何か

データガバナンスは、データが安全、正確、利用可能で、使いやすいことを確実にするための仕組みと方法を提供するものです。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • データガバナンスについて説明する
  • データガバナンスが重要な理由を説明する
  • データガバナンスとデータコンプライアンスを結びつける

記事のリンクをコピーする

データガバナンスとは何か

データガバナンスとは、データの安全性、正確性、利用性を確保するために使用されるプロセス、テクノロジー、ポリシーの集合体を指します。データを保存し、それを使って事業やマーケティングの意思決定を行う組織は、データガバナンスから恩恵を受けることができます。データプライバシー、データ保護、データコンプライアンスの確保はデータガバナンスの一部ですが、ガバナンスにはデータ品質、データの管理とデータへのアクセス、セキュリティ対策、一貫したデータポリシーの施行も含まれます。

個人では、税務書類、身分証明書、保険情報などの重要な書類やファイルの管理に苦労することがよくあります。企業や団体も、より大規模で同じ課題を抱えています。データガバナンスは、鍵付きのファイリングキャビネットを購入してすべての文書を整理するようなものです。そうすることで、必要な時に必要な情報を見つけられるようにし、個人情報の安全性を確保することができます。

データガバナンスが重要な理由とは

データは、特に現在では、あらゆる組織にとって重要な資産です。アプリでのやりとりやモノのインターネット(IoT)デバイスからのデータストリームといった新たなデータソースにより、企業はかつてないほど多くのデータを扱うようになりました。また、クラウドにはほぼ無限と言える大規模なデジタルデータストレージが利用できるため、必要な量のデータを無期限に保存することができます。

現代の組織にとって、データはインフラストラクチャ、オフィススペース、ITサポート、従業員と同じくらい価値のあるものです。データは、企業がビジネスプロセスを最適化したり、マーケティングキャンペーンに情報を提供したり、機械学習モデルのトレーニングソースとして使用することもできます。その使用は当然ながら適用されるデータプライバシー規制に依存しており、データの使用方法を決定することはデータガバナンスの一部です。

オフィスとして機能するためには4つの壁と電気が必要であるように、組織がデータを使用するためにはいくつかの属性が必要です:

  • データは信頼できるものでなければならない
  • データは安全でなければならない
  • データは利用可能でなければならない
  • 一部のデータはプライベートである必要がある(特に個人情報PII
  • 企業はどのデータを持っているか、そしてそのデータがどこにあるかを把握しなければならない

こうしたことは、自然に起こるわけではありません。データガバナンスは、組織が所有するデータに対してこれらすべての属性が適用されることを確実にするプロセスです。