データコンプライアンスとは何か

データコンプライアンスは、企業がデータプライバシー規制を遵守できるようにするための一連の取り組みです。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • データコンプライアンスの意味を説明する
  • データコンプライアンスとプライバシーおよびセキュリティの比較
  • データコンプライアンスが重要である理由を説明する

記事のリンクをコピーする

データコンプライアンスとは何か

データコンプライアンスとは、個人情報や機密データの保存、取り扱い、処理に関する法律と業界標準に準拠する行為です。プライバシーを保護するために、現在、個人データおよび機密データに関してさまざまな種類の規制があります。これらの規制に従わない組織は、個人プライバシーを侵害する可能性があると見なされ、その結果、関連する管理機関から罰金またはその他の罰則を受ける可能性があります。

個人は、自身の個人データに関して、これらの規制の枠組みの下でさまざまな権利を有しています。権利およびその権利の表現方法は法域によって異なる可能性があり、万能の基準は存在しません。しかし、個人情報の取り扱いに関する典型的なベストプラクティス(例えば、公正な情報慣行など)に従うことで、組織はコンプライアンスを正しい方向に導くことができます。