サイトの速度が重要な理由とは?|ウェブページの速度を改善する

Webサイトの読み込みに時間がかかると、ユーザー体験、サイトトラフィック、およびSEOに悪影響が及ぶ可能性があります。パフォーマンスが最適化されているWebサイトは、遅いWebサイトよりも有利です。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • サイトの速度とは何かを説明する
  • サイトの高速化が重要である理由を理解する
  • サイトの速度を測定する方法を理解する

記事のリンクをコピーする

サイトの速度とは?

レストランで顧客が食事をするために座るとき、ウェイターのサービスが遅いと、多くの場合、Yelpでの評価レビューは悪くなり、将来の顧客の減少につながります。同様に、サイトの速度が遅いと、検索エンジンのランキングが低下し、サイト全体のトラフィックが低下し、ユーザー体験が低下する可能性があります。

Webサイトの速度、またはWebサイトのパフォーマンスとは、ブラウザが特定のサイトから完全に機能するWebページを読み込みできる速度を指します。ブラウザでのレンダリングが遅い、パフォーマンスの低いサイトは、ユーザーを失う可能性があります。逆に、読み込みが速いサイトは通常、より多くのトラフィックを集め、コンバージョン率が高くなります。

サイトの速度

サイトの速度が重要な理由とは?

コンバージョン率

複数の調査で、サイトの速度がコンバージョン率(ユーザーが望む操作を完了する速度)に影響することが証明されています。読み込みの速いサイトはユーザーが留まる傾向があるだけでなく、遅いサイトに比べてコンバージョン率も高くなります。ページ読み込み時間を数ミリ秒短縮するとコンバージョンが増えることが、多くの企業で判明しています。

  • Mobifyは、ホームページの読み込み時間を100ミリ秒短縮すると、セッションベースのコンバージョンが1.11%増加することを発見しました
  • 小売業者AutoAnythingは、ページ読み込み時間を半分に短縮した後、売上が12-13%増加しました
  • Walmartは、ページ読み込み時間を1秒改善するとコンバージョンが2%増加することを発見しました

結果として、サイトのパフォーマンスを改善することは、コンバージョン率の最適化の大きな部分です。

直帰率:

直帰率は、1ページのみを表示した後にWebサイトを離れたユーザーの割合です。ユーザーは、ページが数秒以内にロードされない場合、ウィンドウを閉じるか、クリックして別のページに移動する可能性があります。BBCは、ページの読み込みにかかる1秒ごとに合計ユーザーが10%減少することを発見しました。

SEOのベストプラクティス:

Googleはユーザーに関連情報をできるだけ早く提供することを優先する傾向があるため、サイトのパフォーマンスはGoogle検索ランキングの重要な要素です。モバイルデバイスでのサイトのパフォーマンスは、SEOにとって特に重要です。

ユーザー体験:

ページ読み込み時間が長く、ユーザーアクションに対する応答時間が短いと、ユーザー体験が低下します。コンテンツが読み込まれるのを待つことは、ユーザーにとってイライラさせられ、サイトやアプリケーションから完全に離れてしまう可能性があります。

Webサイト読み込み時間

サイトの速度に影響する要因は何ですか?

ページの重さ:

Webサイトの読み込みに必要なリソースは、サイトのパフォーマンスに大きな影響を与えます。大きなJavaScriptファイル、動画コンテンツ、重いCSSファイル、高解像度の画像はすべて、Webページに大きな「重さ」、つまり読み込み時間を追加します。レストランの例に戻ると、2品や3品ではなく10品の料理をテーブルに給仕するウェイターのほうが、テーブルサービスが遅くなります。同様に、読み込みするためにより多くのリソースを必要とするページは、読み込みがより遅くなります。

Webテクノロジーの機能が向上し、Webサイトがより複雑になるにつれて、Webサイトの軽量化(つまり、ファイルサイズが小さく、読み込みが速い)が難しくなっています。複数のJavaScript機能を必要とする単一ページのアプリケーションから、サードパーティのポップアップ広告を含むページ、背景が変化するホームページまで、開発者はこれまで以上に多くの機能をWebページに追加でき、その結果、ページの平均総重量が増加しています。

ネットワーク条件:

Webサイトが軽く設計されていたとしても、ネットワークが遅いためにブラウザーで速く読み込めない場合があります。ローカルで使われているネットワーク機器とISPサービスの品質が、ネットワーク接続に影響を与えます。また、インターネットへの接続にWiFiでなく3Gや4Gを使うモバイル端末は、ネットワーク接続が遅いのが通常です。こうした問題は概して開発者がどうにかできる範疇外とはいえ、遅い接続であってもWebリソースをすばやく配信するテクニックはあります。たとえば、縮小、圧縮、CDNによるコンテンツホスティングなどです。

ホスティング場所:

コンテンツが必要とされているところへ到着するまでの道のりが長いと、ネットワーク遅延が大きくなります。たとえば、WebサイトのHTMLファイルとCSSファイルがオハイオ州のデータセンターでホストされていて、その中の画像がフロリダ州のデータセンターでホストされている場合、アメリカ西海岸にいるユーザーはそれらのファイルすべてが何千マイルもの距離を移動して自分のデバイスに到達するのを待たなければなりません。

開発者はどのようにWebサイトの速度を測定できるか?

多くの企業や組織がWebサイトの速度テストを提供しています。多くの速度テストでは、パフォーマンスメトリックの提供に加えて、ページの速度を低下させているWebページの個々の要素を特定できます。

どのWebサイトパフォーマンスメトリックが重要?

  • 読み込み時間は、Webページ全体がブラウザーに表示される(つまり、すべてのHTTPリクエストが処理される)のにかかる時間です。ページの基本的なHTMLの加えて複数のリソースを読み込む必要があるため、インターネット上のほぼすべてのページについて複数のHTTPリクエストが必要になります。
  • ページサイズは、そのページが機能するために読み込む必要があるリソースすべてのファイルサイズの合計です。ページサイズはブラウザーのページ読み込み時間に影響し、Webページの読み込みにデータ通信料金を支払う場合があるモバイル端末のユーザーにも大きな影響を及ぼします。
  • 最初のバイトまでの時間(TTFB)は、ブラウザーがWebページをリクエストしてから、応答の最初のバイトが到着するまでの時間をいいます。全体の読み込み時間が重要なのはもちろんですが、TTFBはWebサイトのパフォーマンスを評価する際には考慮されますし、SEOに影響する場合もあります。
  • 往復回数は、オリジンサーバーとの間でリクエスト・応答の往復が何回必要かを表した数値です。Webサイトの必要往復回数が多ければ多いほど、遅延が大きくなります。
  • 往復時間(RTT) は、リクエストが往復するのにかかる時間です。つまり、リクエストがオリジンサーバーに到達し、応答がリクエストを発したデバイスに戻るまでの時間です。

CloudflareはどのようにWebサイトを高速化するか?

CDN(コンテンツ配信ネットワーク)を使用したWebサイトは、遥かに速い読み込みが可能です。Cloudflare CDNは、コンテンツをエンドユーザーの近くで格納するために、世界250 都市のデータセンターでコンテンツをキャッシュしています。それにより遅延が低減されます。ユーザーのデバイスから発せられたリクエストがオリジンサーバーまで移動する必要がなく、その結果として読み込み時間とRTTが短縮されるからです。