Webサイトの速度はSEO最適化をどのように促進しますか?

Webサイトのパフォーマンスを最適化することは、Webサイトが検索結果の上位に表示されるようにするための重要な点です

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

速度とSEO

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • SEOとは何かを説明する
  • サイトのパフォーマンスがSEOにとって重要である理由を理解する

SEO最適化とは?

SEO最適化は単にSEOとも呼ばれますが、検索エンジンがWebサイトで提供されている情報の種類を判断し、さらにその情報を探しているユーザーがそれを見つけられるようにするための手法を集積したものです。SEOは「検索エンジン最適化」の略です。

実際には、SEOは基本的に質の高いコンテンツを公開し、そしてそのコンテンツを最大限に活用するために、ユーザーがその種のコンテンツを検索する方法にテキストを合わせます。これは単にコンテンツにキーワードを大量に詰め込むだけではありません*。SEOに最適化されたサイトには、明確で直接的なタイトル、役立つセクションヘッダー、説明的なファイル名と画像のaltタグ、およびわかりやすいサイト階層があります。

検索エンジンの観点からは、ユーザーが必要な情報を簡単に見つけられるようにすることが重要であり、Webサイトのユーザー体験は非常に重要です。サイトのパフォーマンスは、ユーザー体験の大部分です。ユーザーがページの読み込みが完了するのを待たなければならない場合、ユーザーはイライラします。

*キーワードスタッフィングは、検索エンジンのランキングで優位に立つために、コンテンツ内でキーワードを不自然なほど多数回使用することです。Googleは、関連付けのためにキーワードが使用される頻度を考慮しなくなり、明確なキーワードスタッフィング事例に対してはサイトを罰する場合があります。

検索エンジンのランキングとは?

ユーザーが検索エンジンを使用して検索を実行すると、検索エンジンは、クエリに合致する可能性が最も高いものから最も低いものへ、順に並べられたWebサイトのリストを生成します。このリストは通常、ユーザーのクエリに合致する可能性のあるWebサイトをリストする一連の結果ページ(SERP)に分割され、通常、一つのSERPに10の結果が返されます。ほとんどのユーザーは検索結果の最初のページ以降には進まず、検索を絞り込んで再試行することを選択します。このため、多くのSEOエキスパートの目標は、管理しているWebサイトを、ターゲットとするクエリの上位10の検索結果に含めることです。

Webサイトは、クエリとの関連性や、検索アルゴリズムがWebサイトをどの程度信頼できるとみなすかなど、いくつかの要因に応じて、検索エンジンの結果で上位または下位にランク付けされます。Webサイトの所有者は、検索用にWebサイトを最適化することで、コンテンツが検索ランキングでできるだけ上位に表示されるようにし、ユーザーがクリックする可能性を高めます。

Google CTR and search positions

欧米では、Googleが検索エンジン市場を支配しています。このため、SEOのベストプラクティスはほぼGoogleのアルゴリズムによって決まります。北米では、Googleがすべての検索の90%近くを占めており、BingとYahooの検索が残りの市場の大部分を占めています。ですが、世界の他の地域では、他の検索エンジンが支配するところもあります。たとえば、中国の主要な検索エンジンはBaiduです。

サイトの速度はSEOにどの程度影響しますか?

2010年、Googleはサイトの速度を検索ランキングに含めることを発表しました。それ以来、サイトのパフォーマンスはより大きな影響力を持ち、パフォーマンスの最適化はSEOの最適化の大部分を占めています。ランキングの要因としてのサイト速度の最初の発表で、Googleはユーザーの視点と、遅いWebサイトがユーザー体験に悪影響を与えることを強調しました。また、Googleは、ユーザーは読み込みが遅いWebサイトに留まる可能性が低いことも指摘しました。(これは、ユーザーがクエリに回答があるまでの時間滞在する可能性が低いことを意味します。)

Googleは検索アルゴリズムの詳細を明らかにしていないため、サイトの速度がSEOにどの程度影響するかを正確に定量化することは困難です。ただし、特にモバイルデバイスでは、Webサイトの使いやすさと全体的なユーザー体験が確かに重要であり、Google自身の調査では、モバイルサイトの53%が読み込みに3秒以上かかると完全に放棄されることが示されています。