Webサイトの高速化は検索エンジン最適化(SEO)をどの程度促進するのか?

Webサイトのパフォーマンスを最適化することは、Webサイトが検索結果の上位に表示されるようにするための重要な点です

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • SEOとは何かを説明する
  • サイトのパフォーマンスがSEOにとって重要である理由を理解する

記事のリンクをコピーする

Webサイトの速度はSEO最適化をどのように促進しますか?

Webサイトの速度は、検索エンジン最適化(SEO)の分野に多分に関わる要因のひとつではありますが、それだけではありません。SEOとは、GoogleやBingなどの検索エンジンがWebページをどのように評価し、検索結果でどのようにランク付けするかを考慮して、コンテンツとWebサイトの体験を調整することです。SEOの目的は、ページを検索結果のできるだけ上位に表示することであり、最終的にはWebサイトへのトラフィックを増やすことにあります。

検索エンジンの観点からは、ユーザーが必要な情報を簡単に見つけられるようにすることが重要であり、Webサイトのユーザー体験は非常に重要です。サイトのパフォーマンスは、ユーザー体験の大部分です。ユーザーがページの読み込みが完了するのを待たなければならない場合、ユーザーはイライラします。

サイトの速度はSEOにどの程度影響しますか?

2010年、Googleはサイトの速度を検索ランキングに含めることを発表しました。それ以来、サイトのパフォーマンスはより大きな影響力を持ち、パフォーマンスの最適化はSEOの最適化の大部分を占めています。ランキングの要因としてのサイト速度の最初の発表で、Googleはユーザーの視点と、遅いWebサイトがユーザー体験に悪影響を与えることを強調しました。また、Googleは、ユーザーは読み込みが遅いWebサイトに留まる可能性が低いことも指摘しました。(これは、ユーザーがクエリに回答があるまでの時間滞在する可能性が低いことを意味します。)

Googleは検索アルゴリズムの詳細を明らかにしていないため、サイトの速度がSEOにどの程度影響するかを正確に定量化することは困難です。ただし、特にモバイルデバイスでは、Webサイトの使いやすさと全体的なユーザー体験が確かに重要であり、Google自身の調査では、モバイルサイトの53%が読み込みに3秒以上かかると完全に放棄されることが示されています。

SEOの基礎知識

SEOの仕組みは?

ユーザーが検索を実行すると、検索エンジンは、クエリに合致する可能性が最も高いものから最も低いものへ、順に並べられたWebサイトのリストを生成します。このリストは通常、ユーザーのクエリに合致する可能性のあるWebサイトをリストする一連の結果ページ(SERP)に分割され、通常、一つのSERPに10の結果が返されます。ほとんどのユーザーは検索結果の最初のページ以降には進まず、検索を絞り込んで再試行することを選択します。このため、多くのSEOエキスパートの目標は、管理しているWebサイトを、ターゲットとするクエリの上位10の検索結果に含めることです。

Webサイトは、クエリとの関連性や、検索アルゴリズムがWebサイトをどの程度信頼できるとみなすかなど、いくつかの要因に応じて、検索エンジンの結果で上位または下位にランク付けされます。Webサイトの所有者は、検索用にWebサイトを最適化することで、コンテンツが検索ランキングでできるだけ上位に表示されるようにし、ユーザーがクリックする可能性を高めます。

SEOの機能は、検索エンジンがWebサイトで提供されている情報の種類を判断し、さらにその情報を探しているユーザーがそれを見つけられるようにするための手法を集積したものです。

欧米では、Googleが検索エンジン市場を支配しています。このため、SEOのベストプラクティスはほぼGoogleのアルゴリズムによって決まります。北米では、Googleがすべての検索の90%近くを占めており、BingとYahooの検索が残りの市場の大部分を占めています。ですが、世界の他の地域では、他の検索エンジンが支配するところもあります。たとえば、中国の主要な検索エンジンはBaiduです。

SEOには、以下のような様々な戦術があります。

  • コンテンツの質は、ユーザーが検索で投げかけた質問に対して、その記事がどれだけ答えているかに関係するものです。開設者は、キーワード調査と呼ばれるプロセスを用いて、トピックや検索キーワードが求めるものに値するかどうかを確認します。キーワード調査には、キーワードに対する検索ボリューム、関連する検索語、競合状況などを把握することが含まれます。さらに、記事の質は、記事がユーザーの意図にどれだけ合致しているか(そのページが、たどり着いたユーザーの目的の達成に有用なものであるか)ということに関係します。例えば、「SEOとは何か」というタイトルの記事であれば、SEOの定義と、関連する構成要素の説明に焦点を当てる必要があり、「SEOを最適化する方法」というタイトルの記事であれば、実行可能なアドバイスに焦点を当てる必要があります。
  • オンページ要素とは、Webページのコンテンツがどのように構成されているかを指したものです。最適化されたWebページには、明確で直接的なタイトル、便利なセクションヘッダー、説明的なファイル名と画像のaltタグ、わかりやすいサイト階層があります。これらの要素により、Webページが何について書かれているかを検索エンジンが「理解」しやすくなります。
  • オフページ要素は、Webサイト自体のコンテンツの外側にあるものです。オフページ要素として最も一般的なもののひとつは、Webサイトが持つ外部リンクの量です。権威ある(信頼できる)Wegサイトが、自身のWebサイト以外のコンテンツにリンクを張っている場合、Googleアルゴリズムはそのコンテンツが価値のあるものであることを示していると解釈します。
  • ユーザーエクスペリエンスは、Webサイトの訪問者に焦点を当てたものであり、コアウェブバイタル(CWV)が活躍する場となります。CWVとは、Googleが測定に使用する一連の指標であり、Webページ上の項目の読み込みの速さやスムーズさ、さらにはサイトのユーザーエクスペリエンスを測定します。CWVはあらゆるWebサイトに重要ですが、eコマースのような特定の業界にとっては特に重要かもしれません。例えば、靴のオンラインショップで会計をしようとしたとき、ページが遅いことで、売上が100ドルになるか0ドルになるかの違いにまで発展します。

Webサイトの所有者の中には、「ブラックハット」SEOと呼ばれる問題の多い戦術を選択する人もいますが、これらは一般的に推奨されません。最も有名なテクニックの1つに、キーワードスタッフィングと呼ばれるものがあります。

キーワードスタッフィングは、検索エンジンのランキングで優位に立つために、コンテンツ内でキーワードを不自然なほど多数回使用することです。Googleは、関連付けのためにキーワードが使用される頻度を考慮しなくなり、明確なキーワードスタッフィング事例に対してはサイトを罰する場合があります。

SEOが重要な理由とは?

SEOは、総合的なマーケティング戦略において非常に重要であり、その理由の一つとして、高ランクの関連コンテンツを所有しているということは、その業界における企業の権威付けに有利に働きます。

さらに、SEOは根本的な、または出費を伴わないマーケティング戦術なのです。コンテンツ記事の最適化やユーザーエクスペリエンスを最適化するには時間と労力が必要ですが、SEO対策によって獲得したトラフィックは、お金で買えるものではありません。これをデジタル広告と比較してみた場合、デジタル広告は企業が広告費の支払いを停止すると、すぐに消えてしまいます。そういった意味で、SEOへの取り組みは、課金制の戦術と比較して、より長期的な利益をもたらす可能性があります。

また、SEO対策は、企業が将来の購買層を構築する上でも有効です。例えば、日焼け止めを販売するeコマース企業が見込み客を自社サイトに誘導したい場合、お金を支払って自社サイトを他のWebサイトに広告として表示させることができます。しかし、それは一部の潜在的な購買層を取り込むだけのものです。Googleで「日焼け止めを塗るメリットとは」と検索した人も見込み客である可能性はありますが、広告をクリックしたり、見たりする可能性は低いかもしれません。総合的なマーケティング戦略には、この2つのタイプの顧客にブランドを知ってもらい、最終的に購買につなげるための戦術が必要です。SEOはその戦略の一部であるべきです。

SEOのためにWebページを最適化するには何をすればよいか?

コンテンツとキーワードの調査

  • キーワード調査の実施:ページをキーワードに合わせて最適化することは、ユーザーが実際にそのキーワードを検索している場合にのみ重要です。サイト所有者はキーワード調査の過程で、検索者がどのような質問で検索しているかを把握し、自分のビジネスが優先とするものとの重なりを見つけることができます。
  • 検索の意図を理解して記事を書く:意識しているかどうかに関わらず、Webページを読んだり訪れたりする際に、すべての読者は目的を持っています。サイト所有者は、読者の目的を達成するために最も役立つ方法を考える必要があります。例えば、ドレスの縫い方に関する記事を訪れた読者は、それに関する有益かつ実行可能な情報を求めています。サイト所有者は、読者がより理解しやすいように、動画による実演や工程を示す画像で記事を補足しても良いでしょう。
  • 全体を通して分かりやすい記事を書く:Googleは、検索クエリーに対する答えとして最適と思われる記事に良いランクを付けます。サイト所有者がランキングを上げるための最適な方法の1つは、読者の目標に関連するトピックをできるだけ多く網羅することです。さらに、読みやすさもランキングの要素になるため、読者にわかりやすい記事を書くこともSEOの推進に有効です。
  • オンページSEOのヒント

    • ヘッダーで整理する:ヘッダーを使ってコンテンツを分割することで、読者はより簡単にコンテンツを読み取ることができ、体験が向上します。これは、組織がターゲットとしているキーワードに基づいた記事を書く機会にもなり得ます。例えば、ヘッダーに「ドレスの縫い方」と書いておけば、読者がどこで実用的な手順を得られるかを見抜きやすくなるだけでなく、Googleもその記事が「ドレスの縫い方」という検索キーワードに適している可能性があることを理解しやすくなります。
    • 代替テキストを使用する:代替テキストは、画像の内容を説明するために使用されます。これにより、画面読み上げ機能を使用してインターネットを閲覧するユーザーにとって、Webサイトがより利用しやすいものになります。また、キーワードやコアコンセプトを取り入れる機会を増やすことで、記事の主旨をより強めることができます。
    • キーワードを取り入れる:キーワードスタッフィングは決して良い戦術ではありませんが、「meta title」や「meta description」など、ターゲットキーワードを組み込むことが非常に重要な場所がいくつかあります。
    • ユーザーエクスペリエンスとテクニカルSEO

      SEOには様々な技術的な要素がありますが、その中でも特に重要な2つの要素をご紹介します。

    • サイトの速度:高速なWebサイトは、技術的なSEOの中核となる考え方の一つです。サイトの速度を向上させる方法として、 コンテンツ配信ネットワーク(CDN)の使用、 画像のサイズの変更などが挙げられます。CDNは、サーバーのネットワークにコンテンツをキャッシュ(コピーを保存)することで機能します。これは、ユーザーがWebページを訪れた際に、より近いサーバーにそのコンテンツが読み込まれることで、読み込み速度が向上します。同様に、画像のサイズを小さくすることで、画像の読み込みが速くなり、Webサイトのパフォーマンスが向上します。
    • クロール可能なWebページ:SEOのもうひとつの重要な技術的な要素は、検索エンジンがWebページをクロールできるようにすることです。それを実現する方法のひとつは、関連するWebページを「インデックス」させることです。これは、そのWebページが検索結果に表示されるようにするための表示です。サイトアーキテクチャは、Webサイトをクロール可能にするためのもうひとつの要素です。内部リンク(Webサイト内からWebページへのハイパーリンクを含む)を使用することで、Googleにどのページが最も重要であるかを伝えることができます。

    CloudflareはSEOにどのように役立つか?

    Cloudflareは、サイトの速度を向上させるためのツールをいくつか提供しており、技術的なSEOを向上させることができます。Cloudflare CDNは、100か国以上、275都市以上に広がるグローバルネットワークで静的および動的コンテンツをキャッシュすることにより、Webサイトのパフォーマンスを向上させます。さらに、Cloudflare Imagesは、画像を圧縮し、Webサイトの読み込み速度をさらに向上させることができるサイズ変更機能を提供しています。