キャンパスエリアネットワーク(CAN)とは?

キャンパスエリアネットワーク(CAN)は、大学キャンパスで最も多く使用されている、広い敷地内で複数の建物間を結ぶコンピューターネットワークです。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • キャンパスエリアネットワーク(CAN)の定義
  • CAN、WAN、LANの違いを説明する
  • CANのパフォーマンスとセキュリティの利点を特定する

記事のリンクをコピーする

キャンパスエリアネットワーク(CAN)とは?

キャンパスエリアネットワーク(CAN)は、限られた地理的範囲に広がるコンピュータ・ネットワークである。CANは、教育機関や企業のキャンパス内にある複数の ローカルエリアネットワーク(LAN) を相互接続します。ほとんどのCANは、公共の インターネット に接続しています。

CANは、広大な地域に広がるメトロポリタンエリアネットワーク(MAN)ワイドエリアネットワーク(WAN)よりも小規模なネットワークです。通常、キャンパスを所有する組織がCANのすべてのネットワーク機器とインフラストラクチャの所有と運用を行います。これに対し、MANやWANは、複数の異なるプロバイダーが運用するインフラストラクチャを組み合わせたものである場合があります。

大学や専門学校、その他の教育機関では、CANは学生や教職員向けにインターネット接続を提供しています。また、CANは接続されたユーザーがネットワーク内でファイルやデータを迅速に共有することを可能にします。これはデータがCANを離れる必要がないためであり、ユーザーが体験するレイテンシはMANやWAN内でデータを送受信する場合よりもはるかに少ないものになります。例えば、ある大学の英語学科が、大学の図書館から複数の書籍のデジタルコピーを依頼したとします。この場合、デジタル化された本のコピーは、英語学部の建物と図書館の建物の間の距離を移動するだけなので(両方の建物が独自のサーバーを持っていると仮定)、英語学部は、図書館が公共のインターネット上でファイルを送信しなければならない場合よりもはるかに速く受信することができます。

「キャンパス」とみなされるほど大規模な企業の施設でも、同じ目的でCANを運用することがあります。

CANのセキュリティ上のメリットとは?

CANは通常、社内のITチームによって完全に管理されており、ITチームはネットワーク全体を高度に制御することができます。ITチームは、学内で複数の分断されたネットワークが使用されている場合に比べて、はるかに容易にネットワーク全体にセキュリティポリシーを適用することができます。たとえば、ITチームはCAN内のデータを保護するためにファイアウォールを設置して管理することができます。また、ITチームはログイン要件の設定、安全でないデバイスのブロック、その他アクセス制御等の保護手段の設定により、ネットワークへのアクセスを管理することができます。

Cloudflareがキャンパスエリアネットワークを保護する方法とは?

Cloudflareは、あらゆる規模のネットワークを悪意のある攻撃から保護します。Cloudflare Magic Transitは、ネットワーク攻撃をブロックして、トラフィックを高速化し、信頼性を確保するCloudflareが提供するサービスです。Magic Transitは、クラウドベースのネットワーク機能を提供することで、ネットワークを管理するチームがハードウェアに投資する費用を削減することができます。

Cloudflare Network Interconnectを使用すると、ネットワークをCloudflareと直接相互接続して、物理ケーブル接続またはプライベート仮想接続を通じて、セキュリティとパフォーマンスを向上させることができます。

WANLANMANなどのさまざまな種類のネットワークについての詳細をご覧ください。

ネットワーク層について