ドメイン名とは? |ドメイン名とURL

ドメイン名は、Webサイトへのアクセスに使用される覚えやすい一意のアドレスです。「google.com」や「facebook.com」などがその例。DNSシステムのおかげで、ユーザーはドメイン名を使用してWebサイトに接続できます。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

ドメイン名

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • ドメイン名を定義する
  • DNSルックアップの手順の概要
  • ドメイン名とURLを区別する

ドメイン名とは?

ドメイン名は、クライアントソフトウェアからWebサイトにアクセスするために使用される数値IPアドレスに対応するテキストの文字列です。平易な英語では、ドメイン名はユーザーが特定のWebサイトにアクセスするためにブラウザウィンドウに入力するテキストです。たとえば、Googleのドメイン名は「google.com」です。

Webサイトの実際のアドレスは複雑な数値IPアドレス(103.21.244.0など)ですが、DNSのおかげで、ユーザーは人間にわかりやすいドメイン名を入力して、探しているWebサイトにルーティングできます。このプロセスは、DNSルックアップと呼ばれます。

ドメイン名は誰が管理するのか?

ドメイン名はすべてドメインレジストリによって管理されます。ドメインレジストリは、ドメイン名の予約をregistrarに委任します。Webサイトを作成したい人は誰でもregistrarにドメイン名を登録できます。現在、登録されているドメイン名は3億を超えています。

ドメイン名とURLの違いとは?

Webアドレスとも呼ばれるURL(Uniform Resource Locator)には、サイトのドメイン名と、転送プロトコルやパスなどのその他の情報が含まれています。たとえば、URL「https://cloudflare.com/learning/」では、「cloudflare.com」はドメイン名であり、「https」はプロトコルであり、「/learning/」はWebサイト上の特定のページへのパスです。

ドメイン名の構造

ドメイン名は通常、2つまたは3つの部分に分割され、それぞれがドットで区切られています。右から左に読むと、ドメイン名の識別子は順に最も全般的なものから最も具体的なものになります。ドメイン名の最後のドットの右側のセクションは、トップレベルドメイン(TLD)です。これらには、「.com」、「.net」、「.org」などの「汎用」TLD、および「.uk」や「.jp」などの国固有のTLDが含まれます。

TLDの左側は第2レベルドメイン(2LD)であり、2LDの左側に何かがある場合は、第3レベルドメイン(3LD)と呼ばれます。いくつかの例を見てみましょう:

Googleの米国ドメイン名「google.com」の場合:

  • 「.com」はTLD(最も全般的)です
  • 「google」は2LD(最も具体的)です

ただし、Google UKのドメイン名「google.co.uk」の場合:

  • 「.com」はTLD(最も全般的)です
  • 「.co」 *は2LDです
  • 「google」は3LD(最も具体的)です

*この場合、2LDはドメインを登録した組織のタイプを示します(英国では、.coは企業が登録したサイト用です)

ドメイン名を安全に保つ方法

ドメイン名がregistrarに登録されると、そのregistrarは、ドメインの有効期限が近づいたときに登録者に通知し、ドメイン名が失われないように更新する機会を与える責任を負います。場合によっては、registrarは、ユーザーの有効期限が切れたドメイン名を悪用し、期限切れになった瞬間にこれを購入してその後、法外な価格で元の登録者に売り戻すことがあります。この種の行為の餌食にならないためには、正直で信頼できるregistrarを選択することが重要です。