DNS AAAAレコード

DNSのAAAAレコードは、IPv4アドレスに対応するAレコードと同様に、ドメイン名とIPv6アドレスを照合するものです。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • AAAAレコードの目的を理解する
  • AAAAレコードとAレコードの対比
  • IPv4とIPv6の定義

記事のリンクをコピーする

DNS AAAA レコードとは?

DNS AAAAレコードは、ドメイン名とIPv6アドレスを照合するものです。DNS AAAAレコードは、DNS Aレコードと全く同じですが、ドメインのIPv4アドレスの代わりにIPv6アドレスが登録されています。

IPv6はインターネットプロトコル(IP)の最新バージョンです。IPv6とIPv4の大きな違いの一つは、IPv6アドレスがIPv4アドレスよりも長いことです。市外局番の電話番号の数が限られているように、インターネットではIPv4アドレスの数が不足しています。しかし、IPv6アドレスは、膨大な配列を提供するため、可能なIPアドレスがはるかに多くなります。

IPv4アドレスとIPv6アドレスの違いを示す例として、Cloudflareでは、パブリックDNSリゾルバを提供しており、これはデバイスのDNSを1.1.1.1と1.0.0.1に設定することで誰でも利用することができます。これらはIPv4アドレスです。このサービスのIPv6アドレスは2606:4700:4700::1111と2606:4700:4700::1001です。

DNS AAAAレコードの例

こちらは、AAAAレコードの例です。

example.com レコードのタイプ: 値: TTL
@ AAAA 2001:0db8:85a3:0000:
0000:8a2e:0370:7334
14400

AAAAレコードはどのような場合に使用されるか?

Aレコードと同様に、AAAAレコードにより、クライアント機器はドメイン名のIPアドレスを知ることができます。これにより、クライアント機器はWebサイトに接続し、読み込むことができます。

AAAAレコードは、ドメインがIPv4アドレスに加えてIPv6アドレスを持ち、該当するクライアント機器がIPv6を使用するように設定されている場合にのみ使用されます。すべてのドメインは1つ以上のIPv4アドレスとそれに付随するAレコードを持っていますが、すべてのドメインがIPv6アドレスを持っているわけではなく、すべてのユーザーデバイスがIPv6を使用するように設定されているわけでもありません。

しかしながら、IPv6の普及率は高まりつつあります。これは、利用可能なIPv4アドレスの数が急速に減少しており、複数のデバイスが一つのIPv4アドレスを共有することを余儀なくされていることが多いため、今後もこの傾向は続くと思われます。この問題に対処するため、Cloudflareは2016年にすべてのお客様に対するIPv6の有効化を開始しました。

恐らく将来的に、すべてのドメインがAAAAレコードを持つようになるでしょう。

詳しくはDNSレコードをご参照ください。