マルチクラウドとは? | マルチクラウドの定義

マルチクラウドとは、1つ以上のアプリケーションをサポートするために、単一のパブリッククラウドではなく、いくつかの異なるパブリッククラウドが使用されていることを意味します。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

マルチクラウド

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • 「マルチクラウド」の意味を理解する
  • マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いを理解する
  • マルチクラウド戦略を使用する場合の長所と短所を知る
  • マルチクラウドアーキテクチャがどのようなものかを知る

マルチクラウドとは?

クラウドコンピューティングで、クラウドとはインターネット上でクラウドの利用者がアクセスするサーバーの集合を意味します。典型的には、クラウドはそれぞれクラウドプロバイダー(クラウドサービスを提供する会社)によって管理されます。パブリッククラウドとは、2つ以上の顧客により共有されるクラウドです。

single cloud deployment multicloud deployment

「マルチクラウド」は複数のパブリッククラウドを意味します。マルチクラウドのデプロイを使用する場合は、企業は1つ以上のクラウドプロバイダーの複数のパブリッククラウドを組み込みます。マルチクラウド構成では、1つのベンダーからではなく複数のベンダーから、クラウドホスティング、ストレージ、フルアプリケーションスタックを利用します。

マルチクラウドのデプロイは、多くの用途があります。マルチクラウドのデプロイでは複数のIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)ベンダーを利用することができます。あるいは、IaaS、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)で、異なるベンダーのサービスを利用することができます。マルチクラウドは純粋に冗長とシステムバックアップのために利用する場合もあり、異なるクラウドベンダーの異なるサービスを組み込むために利用する場合もあります。

クラウドに移行するほとんどのビジネスは、いずれかの種類のマルチクラウドのデプロイを利用します。マルチクラウドのデプロイは、シャドーITの結果として意図せず起こる場合もあります(以下を参照)。

マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いは何ですか?

マルチクラウドはハイブリッドクラウドでもあり得ます。また、ハイブリッドクラウドもマルチクラウドであり得ます。しかし、これらの用語が表すのは2つのまったく異なる概念です。

「ハイブリッドクラウド」は、2つ以上の異なる種類のインフラストラクチャを併用する場合を意味します。1つのパブリッククラウドに加えて、プライベートクラウドかオンプレミスデータセンターの少なくとも1つあるいはその両方を組み合わせます。マルチクラウドは、デプロイされた複数の異なるパブリッククラウドを指します。それは必ずしもプライベートクラウドを含んでいるわけではありません。

マルチクラウド戦略を使用する場合の長所と短所は何ですか?

長所:

  • 信頼性および/または冗長性:マルチクラウドのデプロイの使用によって、ビジネスですべての業務が1か所に集中しないよう避けることができます。1つのクラウドが落ちても、その他のデプロイしたクラウドから一部の機能がユーザーに提供されます。さらに、別のクラウドのバックアップとして1つのパブリッククラウドを使用することもできます。
  • ベンダーロックインの低減:クラウド移行は、外部クラウドプロバイダーへの依存を意味します。これらのベンダーを使用するほど、企業がベンダーの利用を止めることが困難になります。マルチクラウド戦略を使用する場合は、システムとストレージが多数のベンダーに広がるため、これらのベンダーの1つの使用を止めても、大多数の別のベンダーのインフラストラクチャは移行中もそのまま残っているため、移行がより簡単です。
  • コスト削減の可能性:ビジネスでインフラストラクチャのニーズに1社のクラウドベンダーだけを利用することにこだわらない場合、異なるベンダーから最も手頃なサービスを自由に選ぶことができます。

短所:

  • 管理の複雑さ:マルチクラウドのデプロイはいくつかの異なるベンダーを利用することを意味し、各ベンダーは異なるプロセスおよび技術を持っています。さらに、多数のクラウドでプロセスが実行されデータが保存されるため、技術スタックの完全な把握がより困難になります。
  • レイテンシーの増加:複数のクラウドのサービスがユーザーリクエストを完了するために互いに通信する必要がある場合、レイテンシーが増加することがあります。これは、クラウドがどれくらい密に統合されているか、データセンターが地理的にどれくらいの距離にあるか、複数のクラウドがどれくらい頻繁に通信する必要があるかに依存します。
  • 攻撃される場所の増加:ソフトウェアとハードウェアのより多くの部分が統合されるほど、より多くの脆弱性が発生する恐れがあります。
  • パフォーマンスと信頼性:特にデータセンターが地理的に非常に遠く離れている場合、異なるクラウドにわたって負荷の平衡を保つことが困難になる恐れがあります(Cloudflare Load Balancingはクラウド間にわたって負荷の平衡を保つことができます)。

マルチクラウドアーキテクチャはCloudflareではどのようなものですか?

multicloud architecture

Cloudflareはエンドユーザーとクラウドインフラストラクチャの間で作動します。Cloudflareは、任意のクラウドプロバイダーへのトラフィック、あるいは複数のクラウドプロバイダーのトラフィックを統合し、安全を保護し、さらに加速することができます。

多くのCloudflareサービスは、エンドユーザーと元のクラウドインフラストラクチャの間のトラフィックフローと統合することができます。Cloudflareは、異なるクラウドを横断してトラフィックを分配してマルチクラウド負荷分散を提供し、レイテンシーをさらに削減するためにCDNキャッシングを提供します。CloudflareのWebアプリケーションファイアウォール(WAF:Web Application Firewall)は、悪意のあるトラフィックを阻み、セキュリティをさらに向上します。

multicloud storage

Cloudflareは、分散グローバネットワーク上のサーバーレス機能のホストおよび実行により、FaaS(サーバーレス)のプロバイダーとしても機能します。Cloudflare Workersは、JavaScriptを使用してサーバーレスアプリケーションを書くためのプラットフォームです。

シャドーITとは何ですか?

マルチクラウドのデプロイは、シャドーITの結果として意図せず起こる場合があります。シャドーITは、内部チームが公式承認あるいはより大きな組織の監視のない段階で、技術システムをセットアップしたり、ソフトウェア製品を使用することです。そのシンプルな例として、会社の従業員がビジネスアクティビティに関して会社によって認可され管理されていないチャットアプリを通信で使用する場合などが挙げられます。

シャドーITは、アプリケーションアーキテクチャとなることもあります。作業を終わらせるための近道として、または必要に迫られて、従業員は会社の公式承認の前に技術スタックをクラウドサービスに組み込むことがあります。

Cloudflareでは、どのように事業のマルチクラウド管理を支援しますか?

Cloudflareによって単一のダッシュボードから事業のクラウドデプロイのパフォーマンスおよびセキュリティを管理することができます。Cloudflareネットワークは、世界中のどこでもユーザーにパフォーマンスとセキュリティを保証するために、世界200以上の都市に拡張しています。