マルチクラウドとは? | マルチクラウドの定義

マルチクラウドとは、1つ以上のアプリケーションをサポートするために、単一のパブリッククラウドではなく、いくつかの異なるパブリッククラウドが使用されていることを意味します。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

マルチクラウド

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • 「マルチクラウド」の意味を理解する
  • マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いを理解する
  • マルチクラウド戦略を使用する場合の長所と短所を知る
  • マルチクラウドアーキテクチャがどのようなものかを知る

マルチクラウドとは?

クラウドコンピューティングで、クラウドとは、インターネット上でクラウドの利用者がアクセスするサーバーの集合体を意味します。通常、各クラウドは、クラウドサービスを提供するクラウドプロバイダーが管理します。パブリッククラウドとは、複数の顧客が共有するクラウドのことです。

シングルクラウドの展開 マルチクラウドの展開

「マルチクラウド」とは、複数のパブリッククラウドを意味します。マルチクラウドデプロイメントを使用する企業は、複数のクラウドプロバイダーの複数のパブリッククラウドを組み込みます。クラウドホスティング、ストレージ、完全なアプリケーションスタックに1つのベンダーを使用する代わりに、マルチクラウド環境では複数のベンダーを使用します。

マルチクラウドの展開には、多くの用途があります。マルチクラウドの展開では複数のIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)ベンダーを利用することができます。あるいは、IaaS、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)サービス用に別のベンダーを利用することもできます。マルチクラウドは、純粋に冗長性の確保とシステムバックアップのためだけに使用することも、サービスごとに異なるクラウドベンダーを組み込むこともできます。

クラウドに移行する大部分の企業は、ある種のマルチクラウドデプロイメントを行うことになります。シャドーIT(以下を参照)の結果として、やむを得ずマルチクラウドデプロイメントが行われることもあります。

マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違い

マルチクラウドがハイブリッドクラウドで、ハイブリッドクラウドがマルチクラウドである場合もありますが、それぞれの背後にある概念は異なります。

「ハイブリッドクラウド」とは、2つ以上の異なるタイプのインフラストラクチャを組み合わせることを意味します。プライベートクラウド、オンプレミスのデータセンター、またはその両方を、少なくとも1つのパブリッククラウドと組み合わせます。マルチクラウドとは、複数の異なるパブリッククラウドをデプロイすることを意味し、必ずしもプライベートクラウドを含めるとは限りません(含めることはできる)。

マルチクラウド戦略を使用するメリットとデメリット

長所:

  • 信頼性および/または冗長性:マルチクラウドデプロイメントを用いることで、企業は危機が起きたときに被害が分散されるよう逃げ道を用意しておくことができます。1つのクラウドがダウンしても、デプロイされているほかのクラウドの機能をユーザーは引き続き利用可能です。さらに、1つのパブリッククラウドを別のクラウドのバックアップとして使用することができます。
  • ベンダーロックインの緩和:クラウドへの移行は、外部クラウドプロバイダーに依存することを意味します。企業がそうしたベンダーを使用すれば使用するほど、ベンダーから離れ難くなる可能性があります。しかし、マルチクラウド戦略を使用すれば、システムやストレージは複数のベンダーに分散されます。したがって、インフラストラクチャの大部分は移行時も依然として有効であるため、いずれかのベンダーの使用を比較的容易に停止できるのです。
  • 潜在的なコスト削減:企業がすべてのインフラストラクチャニーズを満たすために1社のクラウドベンダーを使用することにこだわらなければ、さまざまなベンダーから最も手頃なサービスを自由に選ぶことができます。

短所:

  • 管理の複雑さ:マルチクラウドデプロイメントでは、それぞれが異なる手順や技術を持つ複数のベンダーとやり取りをすることになります。また、複数のクラウドでデータが保存されてプロセスが実行されるため、テクノロジースタックの完全な可視性を確保することが難しくなります。
  • レイテンシーの増加:複数のクラウド内のサービスがユーザーのリクエストに応えるために交信する必要がある場合、クラウドがどの程度強固に統合されているか、データセンター同士の距離がどの程度離れているか、複数のクラウドがどの程度頻繁に交信するかによって、レイテンシーが増加することがあります。
  • 攻撃対象領域の拡大:統合されるソフトウェアとハードウェアの数が多ければ多いほど、脆弱性が高まります。
  • パフォーマンスと信頼性:特にデータセンター同士の距離が非常に離れている場合、異なるクラウド間で負荷分散することが難しくなることがあります。(Cloudflareの負荷分散はクラウド間での負荷分散を可能にします。)

Cloudflareを利用したマルチクラウドアーキテクチャはどのようなものになるか?

マルチクラウドアーキテクチャ

Cloudflareは、エンドユーザーとクラウドインフラストラクチャの間に位置するため、1つまたは複数のセキュアなクラウドプロバイダーと統合してトラフィックを高速化することができます。

多くのCloudflareサービスをエンドユーザーとオリジンクラウドインフラストラクチャ間のトラフィックフローに統合できます。レイテンシーをさらに軽減するために、Cloudflareは、マルチクラウド負荷分散、複数のクラウド間のトラフィックの分散、およびCDNキャッシングを提供しています。CloudflareのWeb Application Firewall(WAF)は、悪意のあるトラフィックをブロックしてセキュリティを強化します。

マルチクラウドストレージ

Cloudflareは、分散したグローバルネットワークでサーバーレス機能のホストおよび実行により、FaaS(サーバーレス)プロバイダーとしても機能します。Cloudflare Workersは、JavaScriptを使用してサーバーレスアプリケーションを作成するためのCloudflareのプラットフォームです。

シャドーITとは?

シャドーITの結果として、マルチクラウドデプロイメントが意図せずに行われる可能性があります。シャドーITとは、会社/組織による正式の承認や監督なしに従業員/チームがテクニカルシステムを構築したり、ソフトウェア製品を使用したりすることです。わかりやすい例としては、会社の従業員が会社によって認可されていない/管理されていないチャットアプリを使用して事業活動について話し合うことが挙げられます。

シャドーITは、アプリケーションアーキテクチャにおいても起こる可能性があります。作業の時短テクニックとして、または必要性に迫られて、正式の承認を得る前に、従業員がクラウドサービスを会社のテクノロジースタックに組み込むことがあります。

どのようにCloudflareは企業によるマルチクラウド管理を支援するか?

Cloudflareは一つののダッシュボードからクラウド展開のパフォーマンスとセキュリティを管理することを可能にします。Cloudflareネットワークは、世界200+ 以上の都市に広がり、世界中のユーザーのパフォーマンスとセキュリティを確保しています。