What is multi-cloud? | Multi-cloud definition

Multi-cloud means several different public clouds are used to support one or more applications, instead of just a single public cloud.

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • Understand what "multi-cloud" means
  • Understand the difference between multi-cloud and hybrid cloud
  • Explore the pros and cons of using a multi-cloud strategy
  • See what a multi-cloud architecture can look like

記事のリンクをコピーする

What is multi-cloud?

クラウドコンピューティングで、クラウドとは、インターネット上でクラウドの利用者がアクセスするサーバーの集合体を意味します。通常、各クラウドは、クラウドサービスを提供するクラウドプロバイダーが管理します。パブリッククラウドとは、複数の顧客が共有するクラウドのことです。

シングルクラウドの展開 マルチクラウドの展開

"Multi-cloud" means multiple public clouds. A company that uses a multi-cloud deployment incorporates multiple public clouds from more than one cloud provider. Instead of a business using one vendor for cloud hosting, storage, and the full application stack, in a multi-cloud configuration they use several.

Multi-cloud deployments have a number of uses. A multi-cloud deployment can leverage multiple IaaS (Infrastructure-as-a-Service) vendors, or it could use a different vendor for IaaS, PaaS (Platform-as-a-Service), and SaaS (Software-as-a-Service) services. Multi-cloud can be purely for the purpose of redundancy and system backup, or it can incorporate different cloud vendors for different services.

Most businesses that move to the cloud will end up with some kind of multi-cloud deployment. A multi-cloud deployment can even come about unintentionally, as a result of shadow IT (see below).

What's the difference between multi-cloud and hybrid cloud?

A multi-cloud can also be a hybrid cloud, and a hybrid cloud can also be a multi-cloud, but these terms represent two distinct concepts.

"Hybrid cloud" describes the mixing of two or more distinct types of infrastructure: it combines a private cloud, an on-premises data center, or both with at least one public cloud. Multi-cloud refers to several different public clouds being deployed, and it doesn't necessarily include a private cloud, although it can.

What are the pros and cons of using a multi-cloud strategy?

長所:

  • 信頼性および/または冗長性:マルチクラウドデプロイメントを用いることで、企業は危機が起きたときに被害が分散されるよう逃げ道を用意しておくことができます。1つのクラウドがダウンしても、デプロイされているほかのクラウドの機能をユーザーは引き続き利用可能です。さらに、1つのパブリッククラウドを別のクラウドのバックアップとして使用することができます。
  • Reduced vendor lock-in: Moving to the cloud means relying on external cloud providers, and as companies use these vendors more and more, it can become difficult to move away from them. However, if a multi-cloud strategy is used, systems and storage are spread out across multiple vendors. Therefore it's easier to migrate away from using one of these vendors, because the majority of the infrastructure still remains in place during the migration.
  • 潜在的なコスト削減:企業がすべてのインフラストラクチャニーズを満たすために1社のクラウドベンダーを使用することにこだわらなければ、さまざまなベンダーから最も手頃なサービスを自由に選ぶことができます。

短所:

  • 管理の複雑さ:マルチクラウドデプロイメントでは、それぞれが異なる手順や技術を持つ複数のベンダーとやり取りをすることになります。また、複数のクラウドでデータが保存されてプロセスが実行されるため、テクノロジースタックの完全な可視性を確保することが難しくなります。
  • レイテンシーの増加:複数のクラウド内のサービスがユーザーのリクエストに応えるために交信する必要がある場合、クラウドがどの程度強固に統合されているか、データセンター同士の距離がどの程度離れているか、複数のクラウドがどの程度頻繁に交信するかによって、レイテンシーが増加することがあります。
  • 攻撃対象領域の拡大:統合されるソフトウェアとハードウェアの数が多ければ多いほど、脆弱性が高まります。
  • パフォーマンスと信頼性:特にデータセンター同士の距離が非常に離れている場合、異なるクラウド間で負荷分散することが難しくなることがあります。(Cloudflareの負荷分散はクラウド間での負荷分散を可能にします。)

Cloudflareを利用したマルチクラウドアーキテクチャはどのようなものになるか?

マルチクラウドアーキテクチャ

Cloudflareは、エンドユーザーとクラウドインフラストラクチャの間に位置するため、1つまたは複数のセキュアなクラウドプロバイダーと統合してトラフィックを高速化することができます。

多くのCloudflareサービスをエンドユーザーとオリジンクラウドインフラストラクチャ間のトラフィックフローに統合できます。レイテンシーをさらに軽減するために、Cloudflareは、マルチクラウド負荷分散、複数のクラウド間のトラフィックの分散、およびCDNキャッシングを提供しています。CloudflareのWeb Application Firewall(WAF)は、悪意のあるトラフィックをブロックしてセキュリティを強化します。

マルチクラウドストレージ

Cloudflareは、分散したグローバルネットワークでサーバーレス機能のホストおよび実行により、FaaS(サーバーレス)プロバイダーとしても機能します。Cloudflare Workersは、JavaScriptを使用してサーバーレスアプリケーションを作成するためのCloudflareのプラットフォームです。

シャドーITとは?

シャドーITの結果として、マルチクラウドデプロイメントが意図せずに行われる可能性があります。シャドーITとは、会社/組織による正式の承認や監督なしに従業員/チームがテクニカルシステムを構築したり、ソフトウェア製品を使用したりすることです。わかりやすい例としては、会社の従業員が会社によって認可されていない/管理されていないチャットアプリを使用して事業活動について話し合うことが挙げられます。

シャドーITは、アプリケーションアーキテクチャにおいても起こる可能性があります。作業の時短テクニックとして、または必要性に迫られて、正式の承認を得る前に、従業員がクラウドサービスを会社のテクノロジースタックに組み込むことがあります。

どのようにCloudflareは企業によるマルチクラウド管理を支援するか?

Cloudflareは一つののダッシュボードからクラウド展開のパフォーマンスとセキュリティを管理することを可能にします。Cloudflareネットワークは、世界200+ 以上の都市に広がり、世界中のユーザーのパフォーマンスとセキュリティを確保しています。