ハイブリッドクラウドとは? | ハイブリッドクラウドの定義

ほとんどのハイブリッドクラウドでは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせています。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

ハイブリッドクラウド

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • 「ハイブリッドクラウド」の意味を知る
  • ハイブリッドクラウドで組み合わせ可能な異なるタイプのクラウド環境を理解する
  • マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違いについて説明する
  • ハイブリッドクラウドの長所と短所を知る

「ハイブリッドクラウド」の意味は何ですか?

ハイブリッドクラウドは2つ以上のタイプのクラウド環境を統合します。ハイブリッドクラウドのデプロイは、パブリッククラウド*およびプライベートクラウド**を組み合わせ、さらにオンプレミスのレガシーインフラストラクチャも含むことがあります。クラウドが真にハイブリッドとなるには、組み合わせた環境が単に各インフラストラクチャとして機能し、異なるクラウド環境間を相互に連結する必要があります。ほとんどすべてのハイブリッドクラウドで、少なくとも1つのパブリッククラウドを使用します。

Hybrid Cloud Deployment

ハイブリッドクラウドは、多少ハイブリッド車に似ています。ハイブリッド車はガソリンと電力エンジンという2つのまったく別個の技術を組み合わせています。これらの技術はそれぞれまったく異なる方法で機能し、各々に利点と欠点が存在します。しかしながら、2つを有効に組み合わせれば、ガソリン車より効率的でありながらほとんどの電気自動車より強力なハイブリッド車ができあがります。同様に、ハイブリッドクラウドは、複数のタイプのクラウド環境の利点を組み合わせて、より大きな効率性と機能性を実現します。

ハイブリッドクラウドには多くの用途があります。組織のサービスの一部でプライベートクラウドを使用し、別のサービスではパブリッククラウドを使用することができます。あるいはパブリッククラウドを、プライベートクラウドのバックアップとして使用することもあります。プライベートクラウド内のほとんどのオペレーションを維持しながら、需要の高い期間のみパブリッククラウドを使用することもできます。

(クラウド技術の仕組みの詳細は、「クラウドとは?」を参照)

ハイブリッドクラウドで使用する環境にはどのような種類がありますか?

「ハイブリッドクラウド」とは、下にリストされた環境から任意の2つを組み合せたものが当てはまります。

  • *パブリッククラウド:パブリッククラウドは、1つあるいは複数のデータセンターでサーバーを持つ外部ベンダーが実行するクラウドサービスです。パブリッククラウドは複数の組織によって共有されます。仮想マシンを使用して、複数の会社が個々のサーバーを共有することはできます。複数の会社が同じサーバー内のサーバースペースを賃貸しているため、これを「マルチテナンシー」と呼びます。
  • **オンプレミスプライベートクラウド:プライベートクラウドは、1つの組織専用のデータセンターです。プライベートクラウドのサーバーは、他の人のソフトウェア、ファイルあるいはデータによって共有されません。オンプレミスプライベートクラウドは、外部ベンダーではなく組織自身によって維持され保護されます。
  • ホストされたプライベートクラウド:サーバーを1つの組織のみが使用する点で、オンプレミスプライベートクラウドに似ています。ただし、ホストされたプライベートクラウド中のクラウドサーバーは組織のオフィスには位置していません。もっと正確に言えば、サードパーティプロバイダーは1つ以上のリモートデータセンターでクラウドサーバーをホストして管理します。組織では、内部ネットワークの代わりにインターネット上のクラウドにアクセスします。パブリッククラウドとは異なり、マルチテナンシーは行われず、クラウドサーバーはその他組織とは共有されません。
  • オンプレミス(レガシー):オンプレミスデプロイあるいはレガシーデプロイではクラウド技術をまったく使用できません。代わりに、このモデルを使用する組織は、ソフトウェアライセンスの購入、ハードウェアの設置および維持、ローカルでの従業員コンピューターへのソフトウェアインストールといった、従来の業務系式を行います。言いかえれば、従業員はたとえばGoogle Docsではなく、それぞれのコンピューター上でインストールされ実行されるMicrosoft Wordや他のプログラムを使用します。

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの違いは何ですか?

Multicloud vs Hybrid Cloud

マルチクラウドのデプロイでは複数のパブリッククラウドを組み合わせます。一方、ハイブリッドクラウドのデプロイではパブリッククラウドと別のタイプの環境を組み合わせます。ハイブリッドクラウドはりんごとオレンジを組み合わせ、マルチクラウドは多くの種類のりんごを組み合わせることに似ています。

複数のパブリッククラウドの使用に加えて、複数のタイプのクラウド環境を混合する場合、マルチクラウドはハイブリッドクラウドにもなっています。たとえば、長方形は正方形ともあり得ますが、すべての長方形が正方形であるとは限りません。反対に、複数のパブリッククラウドを使用する場合、ハイブリッドクラウドのデプロイはマルチクラウドにもなり得ます。

ハイブリッドクラウドの異なる環境間ではどのように通信しますか?

ハイブリッドクラウドを成功させるには、個別のクラウド間の通信が重要です。パブリッククラウド、プライベートクラウドおよびオンプレミスインフラストラクチャは、次のものを含むさまざまな方法で他の環境と通信することができます。

  • API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)
  • VPN(仮想プライベートネットワーク)
  • WAN(ワイドエリアネットワーク)

クラウド間の接続なしでは、組織はハイブリッドクラウドを実行しているとは言えません。つまり、2つ以上の別個のクラウド環境を単に平行して実行しているだけで、ハイブリッドクラウドのデプロイの利点を獲得できません。

パブリッククラウドアーキテクチャを使用する利点は何ですか?

  • 柔軟性:ハイブリッドクラウドでは、異なるスタイルのクラウドデプロイの変更がより簡単になります。たとえば、ビジネスがパブリッククラウドのデプロイのみに移行する場合、業務プロセスあるいはストレージがパブリッククラウドで既に実行されている場合、作業はよりシンプルになるでしょう。
  • より広い種類の技術:パブリッククラウドでは、大きなデータ処理のような、プライベートクラウドでの実行には向かない技術を含めることができます。
  • 休止時間を回避するバックアップ:1つのクラウドがクラッシュしたり故障しても、会社はその他のクラウドを利用してサービス停止を回避することができます。この種の冗長性もマルチクラウドのデプロイの利点です。
  • 需要の急増への対応:会社は、プライベートクラウドでほとんどのプロセスを実行し、作業負荷中の急増に対応するためにパブリッククラウドの計算能力を使用することができます。ブラックフライデーのように、eCommerceへのアクセスで通常よりはるかに多いユーザーが利用する場合などです。作業負荷が1つのクラウドからより大きなクラウドに「バーストする」ので、この戦略はクラウドバーストとして知られています。
  • コスト削減可能性:プライベートクラウドのような内部データセンターの維持は、費用が高価で、資源集約的になることが多くあります。パブリッククラウドに一部のオペレーションを移動させることによって、組織では、多くのインフラストラクチャをオンプレミスとして維持する必要性がなくなり、コストを削減できます。
  • 取り扱いが重要なデータのオンプレミスでの維持:一部の組織は、クレジットカード番号、ヘルスケア情報あるいは財務資料のような取り扱いが重要なデータを処理しています。このようなデータをオンプレミスで維持することで、取り扱いが重要なデータを保護するセキュリティ対策により多くのコントロールを行うことができます。ハイブリッドクラウドのデプロイでは、組織は安全なプライベートクラウドの中で取り扱いが重要なデータを維持し、残りのアプリケーションの実行でパブリッククラウドを使用することができます。

パブリッククラウドアーキテクチャを使用する欠点は何ですか?

  • 攻撃される場所の増加:ネットワークのインフラストラクチャがより複雑になるにつれ、攻撃への脆弱性も増加する可能性が高くなります。プライベートクラウドなどの単一のクラウドでは強い機密保持が可能ですが、異なるベンダーの複数のクラウドが使用されている場合はすべてのクラウドで同じセキュリティレベルが維持されているとは限りません。
  • より複雑な統合:異なる種類のクラウド間の接続および調整は重大です。したがって、接続技術(VPNなど)をセットアップして維持しなければならないため、単一のパブリッククラウドや単一のプライベートクラウドをデプロイすることと比較して、ハイブリッドクラウドのセットアップと維持の手間は増加します。
  • より複雑な安全性の確保
  • :オンプレミスプライベートクラウドは会社のファイアウォールの内部にありまが、ホストされたプライベートクラウドやパブリッククラウドはそうではありません。会社はデータを安全に保護するために、オンプレミスクラウドとパブリッククラウドで異なる複数のセキュリティ製品を使用する必要があるかもしれません。さらに、複数のクラウドにわたってユーザー認証(アクセス制御)を行うことは困難となることもあります。

Cloudflareはどのようにハイブリッドクラウドのデプロイと統合しますか?

encryption example

Cloudflareグローバネットワークは、エンドユーザーとCloudflareのお客様のインフラストラクチャの間でユーザーと会社の両方を保護し、ユーザー間の通信を加速します。Cloudflareは、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウドを含む、任意のタイプのネットワークインフラストラクチャの前にデプロイすることができます。