What is a public cloud? | Public vs. private cloud

パブリッククラウドは、サードパーティのクラウドプロバイダーによって管理されます。 パブリッククラウドコンピューティングのリソースは、プライベートクラウドとは異なり、複数の顧客の間で共有されます。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • 「パブリッククラウド」を定義する
  • パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いを理解する
  • パブリッククラウドを使用する長所と短所を知る

記事のリンクをコピーする

パブリッククラウドとは?

A public cloud is a cloud service offered to multiple customers by a cloud provider. The term "public cloud" is used to differentiate between the original cloud model of services accessed over the Internet and the private cloud model. Public clouds include SaaS, PaaS, and IaaS services.

すべてのクラウドサービスと同様に、パブリッククラウドサービスは、プロバイダーが管理するリモートサーバーで実行されます。そのプロバイダーの顧客は、インターネットを介してこれらのサービスにアクセスします。

パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いは?

パブリッククラウドとプライベートクラウド

A private cloud is a cloud service that is not shared with any other organization. The private cloud user has the cloud to themselves.

対照的に、パブリッククラウドは、異なる顧客がコンピューターサービスを共有するクラウドサービスであり、クラウドの中で実行される各顧客のデータおよびアプリケーションは、クラウドの他の顧客に見えないようになっています。

パブリッククラウドはアパートを借りるようなもので、プライベートクラウドは同じ規模の家を借りるようなものです。家はよりプライベートですが、通常は家賃が高くなり、リソースの最も効率的な使用ではありません。アパートのメンテナンスは建物の監督者が行いますが、請負業者に家を修理させるのは困難です(入居者が自分で修理しなければならない場合があります)。

プライベートクラウドには、サードパーティのクラウドプロバイダーによって提供される、ホストされたプライベートクラウドと、組織によって社内で管理され維持される内部プライベートクラウドがあります。

マルチテナンシーとは?

Because multiple organizations share a public cloud, multiple organizations will sometimes be using the same physical server at the same time. This is called multitenancy.

マルチテナンシーとは、クラウドプロバイダーの複数の顧客が同じサーバーにアクセスしている状態です。2つの異なる企業からのデータを同じサーバーに保存したり、2つの異なるアプリケーションからのプロセスを同じサーバーで実行したりすることがあります。

パブリッククラウドを使用することの長所と短所は?

長所:

  • コスト削減:パブリッククラウドへの移行は、企業がIT運用コストを削減する1つの方法です。基本的に、より効率的に処理できるサードパーティに業務を外部委託することでコストを削減します。また、一般にパブリッククラウドはプライベートクラウドより低コストになります。これはクラウドプロバイダーは、サービスを一度に複数の顧客に販売することで、ハードウェアの使用と利益を最大化できるためです。
  • サーバー管理の削減:会社がパブリッククラウドを使用している場合、社内の各チームは、従来のオンプレミスデータセンターや内部プライベートクラウドのようにサーバーの管理に時間を費やす必要がありません。
  • セキュリティ:多くの中小企業・個人事業主には、強力なセキュリティ対策を実装するためのリソースがない場合があります。パブリッククラウドサービスを使用することで、より多くのリソースを持つ大規模プロバイダーにサイバーセキュリティの一部を外部委託できます。

短所:

  • セキュリティとコンプライアンスの懸念:マルチテナンシーは、厳格な規制コンプライアンス基準を満たす必要がある企業にとっては懸念事項になりえます。マルチテナンシーには、非常に小さいながらデータ漏えいのリスクも伴います。これは、特定の分野の一部の企業にとって容認できないリスクです。(実際、リスクはごくわずかです。ほとんどのクラウドプロバイダーは、非常に高いセキュリティ基準に従っています)。最後に、組織の内部リソースと同等のセキュリティポリシーを、組織による制御の範囲外にあるパブリッククラウドに適用することが難しい場合があります(特にクラウド移行中 )。
  • ベンダーロックイン: これはクラウドテクノロジーについて回る懸念事項です。クラウドを使用する組織は、費用を節約し、柔軟性を高めることができますが、結局のところ自社の事業継続のために、クラウドベンダーの提供する仮想マシン、ストレージ、アプリケーション、テクノロジーといったサービスに依存することにもなります。

「マルチクラウド」および「ハイブリッドクラウド」とは?

「マルチクラウド」および「ハイブリッドクラウド」のリリースは両方ともパブリッククラウドを組み込んでいます。

  • マルチクラウドは、複数のパブリッククラウドを同時に使用することを指します。
  • ハイブリッドクラウドのデプロイメントでは、1つまたは複数のパブリッククラウドを、プライベートクラウドまたはオンプレミスインフラストラクチャと組み合わせます。

Cloudflareはパブリッククラウドを使用する組織をどのように支援するか

Cloudflareのお客様の場合、Cloudflareネットワークはパブリッククラウドの前にあり、セキュリティとパフォーマンスを向上させます。エンドユーザーからのネットワークトラフィックは、最も近いCloudflareデータセンターに誘導され、Cloudflareプロダクトスタック全体がすべてのデータセンターで実行されるため、レイテンシーを低減し、悪意のあるトラフィックを除外します。オンプレミスデータセンター、プライベートクラウド、または複数のパブリッククラウドを組み込むことを組織が希望する場合、Cloudflareはハイブリッドクラウド、マルチクラウド、そのほかの種類のインフラストラクチャをサポートします。また、Cloudflareは、ベンダーロックインのリスクを最小限に抑えるために、DNSSSL/TLS暗号化DDoS攻撃対策CDNキャッシングなど複数の重要な機能の単一のコントロールプレーンとして機能します。