パブリッククラウドとは? | パブリッククラウド対プライベートクラウド

パブリッククラウドは、サードパーティのクラウドプロバイダーによって管理されます。パブリッククラウドコンピューティングのリソースは、プライベートクラウドとは異なり、複数の顧客の間で共有されます。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

パブリッククラウド

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • 「パブリッククラウド」を定義する
  • パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いを理解する
  • パブリッククラウドを使用する長所と短所を知る

パブリッククラウドとは?

パブリッククラウドは、クラウドプロバイダーによって多数の顧客に提示されるクラウドサービスです。「パブリッククラウド」という用語は、インターネットでアクセスするサービスのオリジナルのクラウドモデルと、プライベートクラウドモデルを区別するために使用されています。パブリッククラウドには、SaaSPaaS、IaaSサービスが含まれます。

すべてのクラウドサービス同様、パブリッククラウドサービスもプロバイダーが管理するリモートサーバー上で実行されます。プロバイダーの顧客は、インターネットでサービスにアクセスします。

パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いは何ですか?

Public Cloud vs Private Cloud

プライベートクラウドは他の組織とは共有されていないクラウドサービスです。プライベートクラウドのユーザーは、あるクラウドを独占的に利用しています。

対照的に、パブリッククラウドは、クラウドの中で実行される各顧客のデータおよびアプリケーションが他のクラウドの顧客に見えないようになっていますが、さまざまな顧客の間でコンピューターサービスを共有するクラウドサービスです。

パブリッククラウドは賃貸アパートにたとえられます。その一方でプライベートクラウドは同様のサイズの貸家です。貸家はよりプライベートですが、一般的に賃貸には多くのコストがかかります。また、最も効率的な資源の使用方法ではありません。アパートのメンテナンスは建築管理者が行いますが、契約業者による住宅の修理が難しいこともあります(テナントは自分たちで修理しなければならないこともあります)。

プライベートクラウドには、ホストされたプライベートクラウド(サードパーティのクラウドプロバイダーによって提供される)および内部プライベートクラウド(組織によって社内で管理され維持される)があります。

マルチテナンシーとは何ですか?

複数の組織がパブリッククラウドを共有するため、複数の組織が同時に同じ物理サーバーを使用することがあります。これはマルチテナンシーと呼ばれます。

マルチテナンシーとは、クラウドプロバイダーの複数の顧客が同じサーバーにアクセスすることです。同じサーバーで2つの異なる会社のデータを保存したり、あるいは、2つの異なるアプリケーションのプロセスを同じサーバー上で実行したりすることがあります。

パブリッククラウドを使用する長所と短所は何ですか?

長所:

  • コスト削減: パブリッククラウドへの移行は企業にとってITオペレーションコストを削減するための方法です。基本的に、これらのコストはより効率的なサードパーティに外部委託されています。クラウドプロバイダーが複数の顧客に同時にサービスを販売し、ハードウェアの使用および利益を最大化することができるため、一般的にパブリッククラウドのコストは、プライベートクラウドよりは安くなっています。
  • より少ないサーバー管理: 組織がパブリッククラウドを使用する場合、内部チームがサーバー管理業務(レガシーオンプレミスデータセンターあるいは内部プライベートクラウドのために行う作業)に時間費やす必要はありません。
  • セキュリティ: 中小企業では、強力なセキュリティ機能を提供できる資源がない場合があります。パブリッククラウドサービスの利用によって、強力なセキュリティ機能を提供できるプロバイダーにセキュリティの一部を外部委託できます。

短所:

  • セキュリティとコンプライアンスの問題: マルチテナンシーは厳密な規制コンプライアンス基準を満たす必要のあるビジネスには問題となる恐れがあります。マルチテナンシーはデータ漏洩の危険もわずかながらあり、これは一部の特化ビジネスでは許容できないことがあります(実際にはリスクは小さく、ほとんどのクラウドプロバイダーは非常に高い機密保護基準に従っています)。 最後に、組織による制御範囲外のパブリッククラウドで、組織の社内資源と同一の機密保護方針を適用することが難しいことがあります(特にクラウド移行中)。
  • ベンダーロックイン: これはクラウド技術にとって尽きない問題です。クラウドを使用する組織はコストを節約し、より柔軟性が高まりますが、事業活動を維持するためにクラウドベンダーのサービス(提供される仮想マシン、ストレージ、アプリケーション、技術)に頼り、ベンダーの利用を終了できません。

「マルチクラウド」および「ハイブリッドクラウド」とは何を意味しますか?

「マルチクラウド」および「ハイブリッドクラウド」のデプロイは両方ともパブリッククラウドを組み込んでいます。

  • マルチクラウドは同時に複数のパブリッククラウドを使用します。
  • ハイブリッドクラウドのデプロイは、1つ以上のパブリッククラウドを、プライベートクラウドあるいはオンプレミスインフラストラクチャと組み合わせます。

Cloudflareはパブリッククラウドを使用する組織をどのように支援しますか?

Cloudflareのお客様のために、Cloudflareネットワークはパブリッククラウドの手前の層で強固なセキュリティおよび性能を提供します。エンドユーザーからのネットワークトラフィックは、最も近いCloudflareデータセンターを通過します。すべてのデータセンターでCloudflare製品のフルスタックが実行され、レイテンシーを削減して、悪意のあるトラフィックを遮断します。オンプレミスデータセンター、プライベートクラウドあるいは複数のパブリッククラウドを組み込みたい組織向けに、Cloudflareはハイブリッドのクラウド、マルチクラウドあるいはその他任意のタイプのインフラストラクチャも支援しています。Cloudflareは、DNSSSL/TLS暗号化DDoSからの保護、そしてCDNキャッシングを含む、多数の重要な機能の単独の制御盤としてベンダーロックインの危険を最小化します。