コネクティビティクラウドとは?| コネクティビティクラウドの定義

コネクティビティクラウドとは、ネットワーク(企業およびインターネット)、オンプレミス環境/データセンター、クラウド、アプリケーション、ユーザー間の安全かつ高速な、あらゆる接続を実現する統合クラウドプラットフォームです。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • コネクティビティクラウドの定義
  • コネクティビティクラウドのメリットと構成要素の概要
  • コネクティビティクラウドのユースケースの例

記事のリンクをコピーする

コネクティビティクラウドとは?

オンプレミス、クラウドSaaS(Software-as-a-Service)、およびパブリックインターネット環境は本質的に異なっており、これらを接続し保護するために使用されるツールは、通常、さらに複雑さを増します。コネクティビティクラウドとは、IT環境全体におけるセキュアな「Any-to-Any」接続を簡素化する、クラウドネイティブサービスの統合プラットフォームです。これにより、企業は広範なデジタルドメインのコントロール能力と可視性を取り戻すことができます。

コネクティビティクラウドを理解するために、仮想の小売企業Acme Inc.を考えてみましょう。Acme社のオフィスは複数の国にまたがっており、一部または完全なリモート勤務形態、および一部の請負業者を含む、数千人の従業員を雇用しています。Acmeは、何百もの実店舗と、さまざまな言語でのeコマースWebサイトを運営しています。Acmeの多国籍事業とハイブリッドな従業員により、さまざまな場所、デバイス、アプリケーション、インフラにまたがるセキュアな接続性は、コスト高で複雑なものとなっています。しかし、コネクティビティクラウドを利用することで、Acmeはすべてのデジタル環境を単一のプラットフォーム上で効率的に保護し、接続することができます。

各企業のIT環境は、非常に特殊なツール、プロセス、アーキテクチャ構成で構成されていますが、コネクティビティクラウドプラットフォームは、一貫したユーザーエクスペリエンスを提供しながら、企業独自のニーズに適応します。これにより、テクノロジーリーダーは、従業員、アプリケーション、データの場所を問わず、環境全体に対してカスタマイズ可能なコントロールプレーンを提供できます。

コネクティビティクラウドが解決する課題とは?

近年、多くのITおよびセキュリティの意思決定者の責任は大幅に増加し、複雑さを増しています。テクノロジーリーダーには、以下のような幅広い責任をサポートすることが期待されています。

  • アプリケーションとデータへのリモートアクセスの保護
  • 複数のクラウド、ネットワーク、ベンダーの管理
  • 異種システム間での一貫したITおよびセキュリティポリシーの導入
  • 分散した従業員のためのテクノロジーの一貫性とパフォーマンスの推進

複数のクラウド、単発のソリューション、オンプレミスのハードウェアを組み合わせてこれらの要求に応えようとする企業は、IT環境の管理能力の低下、攻撃対象領域の拡大、生産性の維持の難しさ、ベンダーコストの増加、データコンプライアンス要件への対応といった新たな問題に直面する可能性があります。

コネクティビティクラウドを導入していない企業は、複雑なITとセキュリティインフラの「絡まり」に直面している

コネクティビティクラウドは、ITとセキュリティにおけるこのようなギャップを緩和し、アプリケーション、ユーザー、ネットワーク、データのコントロールと可視性を向上させます。

コネクティビティクラウドモデルは、アプリケーション、ユーザー、ネットワーク、データ間の接続とセキュリティを簡素化する

コネクティビティクラウドのユースケースの例

アジャイル開発とテスト

デジタルモダナイゼーションを導入している組織は、新しいデジタル機能とインターネット・アプリケーションエクスペリエンスを継続的に立ち上げています。しかし、エンジニアやWebの管理者は、アプリケーションのサイジング、セキュリティとパフォーマンスの統合、その他の時間のかかるデプロイ作業に時間を取られる危険性があります。コネクティビティクラウドでは、これらの考慮事項は統合されているか、完全に自動化されています。そうすることで、アプリのセキュリティとパフォーマンスを常に向上させるという煩雑な作業は、コネクティビティクラウドに「アウトソーシング」され、開発者は代わりにアプリの構築とテストに集中することができます。

SASEの導入

多国籍企業やハイブリッドの勤務形態を持つ社員を抱えるグローバル企業は、IT統制と可視性の喪失に特に脆弱です。さまざまなロケーション、デバイス、アプリケーション、インフラストラクチャ間の安全な接続を確保する作業に時間を浪費する羽目に、たちまち陥りかねません。コネクティビティクラウドを使えば、組織はこれらすべてのネットワーク構成要素を単一のプラットフォームにまとめて、保護と接続の両方を行うことができます。複雑な統合は不要で、一時しのぎの対処(ワークアラウンド)に終わることもなく、おそらくセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)のアプローチとも適合します。

セキュアで高速なアプリとインフラストラクチャ

大企業では、さまざまなブランドや地域向けに複数の内部または外部のWebサイトを持つことができ、さらにそれらのサイトを重要なサードパーティのサービスに接続する複数のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を持つことができます。コネクティビティクラウドを利用すれば、あらゆる脅威を一箇所で追跡し、ポートフォリオ全体に新しい保護やポリシーの変更を適用することができます。

コネクティビティクラウドのアーキテクチャの構成要素

多くのクラウドベースのプラットフォームは、セキュリティ、ネットワーク、または開発者サービスをクラウドから提供しています。しかし、これらのプラットフォームが重要なユースケースに対応できなかったり、IT環境のあらゆるドメインに簡単に接続できなかったりすると、ITサイロ化してしまいます。

コネクティビティクラウドは、組織のデジタル環境におけるあらゆるもの、あらゆる人を接続するために、次のようなアーキテクチャ上の性質を備えています。

  • すべてのネットワークとの深い統合。パブリックインターネットやその他のさまざまな企業ネットワークは、企業のITの「絡まり」の大きな部分を占めています。コネクティビティクラウドは、企業やインターネットのあらゆるネットワークとネイティブに統合され、安全で低遅延、スケーラブルな接続性を提供します。ネットワークリクエストの発信元からリソースの送信先までの完全なコントロールを提供します。
  • 構成可能でプログラム可能なアーキテクチャ。どの企業も既存のITとセキュリティアーキテクチャを持ち、コネクティビティクラウドがそれらをサポートする必要があります。そのため、コネクティビティクラウドは、既存のクラウドやオンプレミスシステムとのAPIによるプログラムが可能な相互運用性と、カスタマイズ可能なネットワーキングを提供します。
  • プラットフォームインテリジェンスを内蔵。コネクティビティクラウドには、セキュリティ、パフォーマンスデータプライバシー、コンプライアンスなど、ITのトレードオフを減らすさまざまな機能が組み込まれています。多量のインターネットトラフィックを分析してモデルを自動的に更新し、機能横断的な脅威インテリジェンスとともに、機能横断的なネットワークインテリジェンスを提供することができます。
  • 統一されたシンプルなインターフェース。コネクティビティクラウドは、全サーバー上で動作するすべてのサービスに対して1つのコントロールプレーンを提供します。これにより、非効率なツールの乱立、ダッシュボードの過負荷、アラート疲れを軽減します。

コネクティビティクラウドのメリット

調査対象となったIT意思決定者の98%は、セキュアで高性能な「Any-to-Any」接続(より多くの人々、アプリ、データ、デバイス、ネットワーク、クラウド間の接続性)を提供するコネクティビティクラウドから企業が価値を得ることに同意しています。また、IT意思決定者の半数近くが、この種のソリューションがデジタルトランスフォーメーションを加速すると考えています。

コネクティビティクラウドのその他の主な利点は以下のとおりです。

  • クラウド(IaaSPaaS、SaaS)、ネットワーク、インターネットに接続されたユーザー間の接続における可視性、パフォーマンス、スケールの向上
  • ポリシーの更新、ユーザーアカウントの作成、その他の日常的なセキュリティタスクが簡素化されることによる、従業員のオンボーディングの迅速化
  • より効率的なアプリケーション開発とデリバリーによる市場投入までの時間の短縮
  • 企業のリスクを低減 内蔵の脅威保護を利用してユーザー、クラウド、アプリケーション、ネットワークを脅威から保護
  • データコンプライアンス、プライバシー、ソブリン要件との緊密な連携
  • ベンダーの統合とデータエグレス料金の削減によるITコストと複雑さの軽減

コネクティビティクラウドのアプローチと、クラウド接続やネットワークソリューションとの違い

コネクティビティクラウドは、他のクラウドベースのソリューションとは根本的に異なる点がいくつかあります。

  • パブリッククラウドやプライベートクラウドは、データを他のプラットフォームに転送したり、クラウド間でソリューションを「ミックス&マッチ」させたりする際の俊敏性が劣ります(たとえば、パブリッククラウドのコンテンツ配信ネットワークとプライベートクラウドのオブジェクトストレージの統合)
  • SD-WANMPLSソリューションを含む)従来のネットワークでは、統一されたプログラム可能な方法で新しいサービスを追加することはできません。通常、新しいソリューションは、内蔵(built-in)サービスではなく、追加(bolt-on)サービスとして提供されます。
  • ネットワークの「プラットフォーム」は、通常、統一されたシステムとして示される異種サービスの集合体です。これらのサービスは、単一のダッシュボード(または異なるUIの組み合わせ)からアクセスできます。しかし、バックエンドでは、特定のプラットフォーム機能が特定の場所でしか利用できなかったり、パブリック/プライベートクラウドのハイブリッドインフラストラクチャ 上で実行されたりすることがあり、これらは遅延や複雑性を増加させることにつながります。さまざまなサービスが複雑な統合を必要としたり、それらのサービスと関連アプリとの互換性に一貫性がなかったりする場合があります。
  • 単一のソリューションに特化したSaaSベンダーを含む専門クラウド(クラウドベースのコラボレーションなど)は、マルチクラウド環境をサポートしているかどうかにかかわらず、構成可能で統一された方法でコンピューティング/セキュリティサービスを実行する能力はありません
  • 非クラウドネイティブアーキテクチャ(ハイブリッドアーキテクチャを含む)では、すべてのサービスが常に一貫性を保ち、利用可能で、オンプレミスのロケーションやクラウドプロバイダに依存しないことを保証できません

コネクティビティクラウドの導入方法

Cloudflareは世界のリーディングコネクティビティクラウドであり、セキュリティサービスと接続サービスを統合したプログラム可能なプラットフォームで、320以上の都市にまたがるグローバルネットワーク全体に広がっています。企業が場所を問わず従業員、アプリケーション、ネットワークの速度と安全性を高め、簡略化とコスト削減を実現できるよう支援しています。

Cloudflareは、インテリジェントでプログラム可能なグローバルクラウドネットワークによるコネクティビティクラウドを提供し、企業のトラフィックとアプリケーションの接続、管理、セキュア化、高速化を支援します。Cloudflareのコネクティビティクラウドについて詳しくはこちらをご覧ください。