往復時間とは?| RTT定義

往復時間(RTT)は、ネットワークリクエストが開始点から目的地点まで、そして再び開始点に戻るまでにかかる時間(ミリ秒)です。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

往復時間

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • 往復時間(RTT)の定義
  • RTTの使用方法を理解
  • RTTに影響を与える可能性のある要因を説明
  • CDNがRTTを削減する方法を理解

h2 class="learning-content-h2 learning-content-h2--margin-top-16px" itemprop="headline">往復時間とは?

往復時間(RTT)は、ネットワークリクエストが開始点から宛先まで、そして再び開始点に戻るまでにかかる時間(ミリ秒)です。RTTは、ローカルネットワークまたは大規模なインターネット上の接続の状態を判断する重要な指標であり、ネットワーク管理者がネットワーク接続の速度と信頼性を診断するために一般的に使用します。


RTTの削減は、 CDN の主要な目標です。レイテンシーの改善は、往復時間の短縮と、標準 TLS/SSLハンドシェイク変更など、往復が必要な場合を排除することで測定できます。


事実上すべてのコンピューターで使用可能なpingユーティリティは、往復時間を推定する方法です。以下は、Googleへの複数のpingの例で、往復時間は下部で計算されます。 ping時間の1つ(17.604ms)が残りよりも長いことに注意してください。

Ping RTT example

往復時間の仕組みとは?

往復時間は、データが別の場所に往復するのにかかる時間を表します。CDNレイテンシーの利点に関するレッスンを例にとって、ニューヨークのユーザーがシンガポールのサーバーに連絡することを望んでいるとしましょう。


ニューヨークのユーザーがリクエストを行うと、シンガポールのサーバーで終端する前に、ネットワークトラフィックが物理的に異なる場所にある多くの異なるルーターに転送されます。その後、シンガポールのサーバーは、インターネットを介してニューヨークの場所に応答を送信します。ニューヨークでリクエストが終了すると、2つの場所を往復するのにかかる時間のおおよその見積もりを行うことができます。

Round-trip time map

往復時間は推定値であり、保証されたものではないことに注意することが重要です。 2つの場所の間の経路は時間とともに変化する可能性があり、ネットワークの輻輳などの他の要因が作用して全体の通過時間に影響を与える可能性があります。とにかく、RTTは、接続が可能かどうか、もし可能であれば、おおよそ行き来するのにかかる時間を理解する上で重要な指標です。

RTTに影響する一般的な要因とは?

インフラストラクチャコンポーネント、ネットワークトラフィック、および送信元と宛先間のパスに沿った物理的距離はすべて、RTTに影響を与える可能性のある要因です。

RTTに影響する要因のリスト:

  • 伝送媒体の性質 - 接続が行われる方法は、接続の移動速度に影響します。光ファイバ-を介した接続は、銅を介した接続とは異なる動作をします。同様に、無線周波数で行われた接続は、衛星通信の接続とは異なる動作をします。
  • ローカルエリアネットワーク(LAN)トラフィック - ローカルエリアネットワーク上のトラフィック量は、接続がより大きなインターネットに到達する前にボトルネックになる可能性があります。たとえば、多くのユーザーがストリーミングビデオサービスを同時に使用している場合、外部ネットワークの容量が過剰で正常に機能していても、往復時間が禁止される場合があります。
  • サーバーの応答時間 –サーバーが処理してリクエストに応答するのにかかる時間は、ネットワークレイテンシーの潜在的なボトルネックです。 DDoS攻撃ように、サーバーがリクエストで圧倒されると、効率的に応答する能力が抑制され、RTTが増加します。
  • ノード数と輻輳 –インターネットを介した接続の経路に応じて、異なる数の中間ノードを介してルーティングまたは「ホップ」される場合があります。一般的に、接続が接触するノードの数が多いほど遅くなります。また、ノードは他のネットワークトラフィックからのネットワーク輻輳を経験する場合があり、これにより接続が遅くなり、RTTが増加します。
  • 物理的距離 – CDNによって最適化された接続は、宛先に到達するために必要なホップ数を減らすことができますが、光の速度によって課される制限を回避する方法はありません。開始点と終了点の間の距離は、ネットワーク接続の制限要因であり、コンテンツをリクエストしているユーザーの近くに移動することによってのみ削減できます。この障害を克服するために、CDNはリクエストしているユーザーに近いコンテンツをキャッシュするため、RTTが削減されます。

CDNはどのようにRTTを改善できますか?

インターネットエクスチェンジポイント内にサーバーを維持し、インターネットサービスプロバイダーや他のネットワークキャリアとの優先関係を維持することにより、CDNはロケーション間のネットワーク経路を最適化できるため、RTNが削減され、CDN内にキャッシュされたコンテンツにアクセスする訪問者のレイテンシーが改善されます。


CDNパフォーマンスレッスンを調べて、キャッシュ、データセンターの配置、ファイルサイズの縮小、およびその他の最適化がどのようにレイテンシーを短縮し、RTTを改善するかを学びましょう。 Cloudflare CDN を使用してRTTを改善する方法を学びます。