GSLBとは?ロードバランシングの概要

Global Server Load Balancing(GSLB)は、世界中に配置されたサーバー群にインターネットトラフィックを分散して、より高速で信頼性の高いユーザー体験を実現する方法です。

Share facebook icon linkedin icon twitter icon email icon

GSLB

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができます。

  • Global Server Load Balancingを定義する
  • GSLBがどのように信頼性とパフォーマンスを向上させるかを説明する

GSLBとは?

Global Server Load Balancing(GSLB)とは、世界中に配置された多数のサーバー群にインターネットトラフィックを分散させる方法です。GSLBを使用するメリットには、信頼性の向上とレイテンシーの低下があります。

世界中の顧客に靴を通販にて販売する店を想像してみてください。その店が1箇所だけで営業していたら、遠方の顧客が靴を受け取るのに非常に長い時間がかかります。繁忙期には、注文をさばけなくなり、迅速な対応ができなくなる可能性があります。

Too Many Orders

では、その店が世界中に複数の店舗をオープンしたと想像してみてください。顧客は近くの店舗に靴を注文できるので、店は配送時間を短くして1店舗に注文が集中する可能性を少なくすることができます。これとまったく同じことをGSLBはWebサイトやサービスに対して行います。そうしたことより、グローバルな顧客基盤を持つ企業にとってGSLBは非常に人気のあるロードバランシングソリューションです。

ロードバランシングとは?

ロードバランシングとは、2つ以上のサーバー間のトラフィックを分散させる方法です。一部のロードバランシング手法は、トラフィックの分散のランダム化に基づく「ダム」ロードバランシング戦略を利用します。たとえば、ランダム方式の DNSロードバランシング手法であるラウンドロビンDNSは、各リクエストを最後のリクエストとは異なるサーバーに送信します。どのサーバーがリクエストを処理するのに適切かを判断するためにデータを分析する「スマート」ロードバランシング手法もあります。たとえば、エニーキャストルーティングは、クライアントとサーバー間の最短の移動時間に基づいてサーバーを選択します。

GSLBがレイテンシーを低減する方法

オリジンサーバーが過負荷状態になり、リクエストの実行を停止することにならなくても、そのサーバーに対する大量のトラフィックは深刻なレイテンシーの問題を引き起こす可能性があります。GSLBシステムは、トラフィックを複数の異なる場所に分散できるので、1箇所で大量のリクエストを処理して遅延が発生することがないようにします。

また、GSLBはユーザーとサーバー間のリクエストおよびレスポンスの移動時間を大幅に短縮できます。ユーザーがロサンゼルスにいて、パリにあるオリジンサーバーでWebサービスを使用している場合、リクエストとレスポンスの両方が非常に長い距離を移動しなければならないため、「ホップ」と呼ばれる小さなセグメントに分割されます。これにより、読み込み時間に大きな遅延が生じます。

GSLBを使用すると、全世界のサーバープールにより、各ユーザーは地理的に近いサーバーに接続できるようになるので、ホップと移動時間を最小化することができます。上記の例では、パリに拠点を置く会社がGSLBを使用していれば、ロサンゼルスのユーザーは、160キロ以内にあるサーバーに接続できるので、俊敏性を享受できるユーザー体験を得ることになります。

GSLBを有効にする方法

GSLBを実装する最も簡単で安価な方法の1つは、Cloudflare CDNのようなContent Delivery Network(CDN)を使用することです。グローバルCDNサービスは、顧客のオリジンサーバーからデータを取得して、地理的に分散されたサーバーネットワークにキャッシュするので、世界中のユーザーにインターネットのコンテンツを高速で信頼性の高い方法で配信します。