CDNのメリット:CDNを使う理由は?

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、Web上の資産のパフォーマンスの向上、信頼性の向上、セキュリティの向上など、多くのメリットをもたらします。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • コンテンツ配信ネットワーク(CDN)を使用することで得られるパフォーマンスと信頼性の利点を説明する
  • CDNによるコスト削減効果を理解する
  • 攻撃を受けてもCDNがWebサイトをオンライン状態に維持する仕組みを説明する

記事のリンクをコピーする

CDNの主なメリットは何とは?

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)とは、Web上でのコンテンツ配信を高速化するために、地域や世界各地に分散して設置されたサーバー群のことです。CDN内のサーバーは、画像、HTML、JavaScript、動画などのウェブページのコンテンツを一時的に保存(キャッシュ)します。そのサーバーは、Webページを読み込んだユーザーにキャッシュしたコンテンツを送信します。現在、ほとんどのWebサイトやアプリケーションが、ユーザーへのコンテンツ提供にCDNを利用しています。

WebアプリケーションがCDNを広く利用する主な理由は、「パフォーマンスの向上」「信頼性の向上」「コスト削減」「サイバー攻撃への耐性」という4つの重要な利点があるからです。

パフォーマン��

CDN を検討する際に多くの人が思い浮かべる利点は当然のことながら「パフォーマンスの高速化」です。CDNの利用を開始したWebサイトは、読み込み時間が50%短縮、場合によってはそれ以上短縮されています。CDNは以下の方法でコンテンツ配信を高速化します。

  • コンテンツの保管場所とそれを必要とする場所との距離を短縮
  • ファイルサイズを小さくして読み込み速度を向上
  • ユーザーの要求により迅速に対応するため、サーバーインフラストラクチャを最適化

CDNのパフォーマンスに関する利点の詳細についてはこちらをご覧ください。

リライアビリティ

インターネット上では、時に問題が発生します。サーバーがダウンしたり、ネットワークが混雑したり、接続が途切れる場合があります。CDNは、このような問題に直面した場合でも、Webアプリケーションは途切れることなくユーザーにサービスを提供できるようにします。

CDNはネットワークトラフィックの負荷のバランスをとり、1つのサーバーに負荷がかからないようにします。1台のサーバーが停止しても、CDNは「フェイルオーバー」プロセスを開始し、バックアップサーバーに引き継ぐことができます。Cloudflare CDNのような一部のCDNは、GPSナビゲーションソフトウェアが高速道路の混雑を迂回できる道を見つけるようにネットワークの混雑を迂回するルーティングを行うことができます。

CDNは、複数のデータセンターに分散された複数のサーバーで構成されているため、非常に高い冗長性を備えています。仮にサーバー、データセンター、またはデータセンターのある地域全体がダウンした場合でも、CDNはネットワーク内にある他のサーバーからコンテンツ配信を継続することができます。

CDNの信頼性と冗長性に関する利点の詳細についてはこちらをご覧ください。

コスト削減

CDNがウェブサイト運営者の支出を削減する主な方法は、オリジンサーバーとの間の往復を減らすことです。CDNは、ウェブサイト上のコンテンツの多くをキャッシュし、そのキャッシュからコンテンツを提供するため、オリジンサーバーは同じコンテンツを何度も配信する必要がありません。CDN がオリジンサーバーの代わりにコンテンツを配信します。

Webホスティングプロバイダーは通常、Webホストとの間で転送されるデータ量に対してWebサイトに課金します。転送されるデータ量が多ければ多いほど、費用も高くなります。「帯域幅」は実際にはネットワーク容量のことを指しますが、多くの人はこれらの費用を「帯域幅コスト」と呼びます。

しかし、CDNがオリジンサーバーの代わりにWebサイトのコンテンツのほとんどを提供する場合、転送するデータ量は大幅に少なくなります。CDNがほとんどのコンテンツを処理するため、オリジンサーバーに送られるユーザーリクエストは少なくなります。また、同じ理由から、オリジンサーバーから発信されるコンテンツも少なくなり、帯域幅の費用が削減されます。

CDNによる帯域幅の費用の削減方法に関してはこちらをご覧ください。

攻撃への耐性

CDNは特に、サービス拒否(DoS)分散サービス妨害(DDoS)攻撃からウェブサイトを保護することに適しています。これらの攻撃は、攻撃者が大量のジャンクネットワークトラフィックをWebサイトに向けることで、Webサイトを過負荷状態にさせてクラッシュさせようとするものです。CDN内は多数のサーバーを所有しているため、単一のオリジンサーバーで運営するよりも、大量のトラフィックやDDoS攻撃による不自然なトラフィックの急激な増加も吸収することができます。これにより、攻撃を受けてもWebサイトを維持することができます。

CDNがどのようにDDoS攻撃を吸収するかについて、詳細はこちらをご覧ください。

Webサイト運営者はどのようにCDNのメリットを実感できるか?

Cloudflareでは、Webサイトをお持ちの方であればどなたでも無料でサインアップしてCloudflare CDNをご利用いただけます。Cloudflare CDNやその他のサービスを利用するには、Cloudflare プランページをご覧ください。