リモートデスクトッププロトコル (RDP) とは何ですか?

リモートデスクトッププロトコル (RDP) を使用すると、従業員がリモートで働く場合にも職場のデスクトップコンピューターに接続できます。

学習目的

この記事を読み終えると、以下のことができるようになります。

  • リモートデスクトップ接続の仕組みを理解する
  • リモートデスクトッププロトコル (RDP) の機能
  • RDPの長所と短所

関連コンテンツ


さらに詳しく知りたいとお考えですか?

是非、Cloudflareが毎月お届けする「theNET」を購読して、インターネットで最も人気のある洞察をまとめた情報を入手してください!

当社がお客様の個人データをどのように収集し処理するかについては、Cloudflareのプライバシーポリシーをご確認ください。

記事のリンクをコピーする

リモートデスクトッププロトコル (RDP) とは?

リモートデスクトッププロトコル (RDP) は、デスクトップコンピューターをリモートで使用するためのプロトコルまたは技術的な規格です。リモートデスクトップソフトウェアは、RDP、Independent Computing Architecture (ICA)、仮想ネットワークコンピューティング (VNC) など、いくつかの異なるプロトコルを使用できますが、最も一般的に使用されるプロトコルはRDP です。RDPは当初、Microsoftによってリリースされました。現在、ほとんどのWindowsオペレーティングシステムで利用可能ですが、Macオペレーティングシステムでも使用できます。

「リモートデスクトップ」とは?

リモートデスクトップは、別のコンピューターから遠く離れたデスクトップコンピューターに接続して使用する機能です。リモートデスクトップを使用するユーザーは、実際にデスクトップコンピューターの前に座っているかのように、デスクトップにアクセスし、ファイルを開いたり編集したり、アプリケーションを使用したりできます。従業員が、出張時や在宅勤務時に、リモートデスクトップソフトウェアを使用して職場のコンピューターにアクセスすることがよくあります。

リモートデスクトップアクセスは、従業員がリモートで作業できるにもかかわらず、クラウドコンピューティング とは大きく異なります。クラウドコンピューティングでは、ユーザーはクラウドに保存されているファイルやアプリケーション、特にクラウドサーバーにアクセスします。対照的に、リモートデスクトップソフトウェアを使用する場合、ユーザーは実際に物理的なデスクトップコンピューターにアクセスするため、そのデスクトップにローカルに保存されたファイルとアプリケーションしか使用できません。クラウドコンピューティングは、リモートワーカーにとって使いやすく、より効率的に実装できます。しかし、多くの企業は、まだクラウドに移行していないか、セキュリティや規制上の理由から移行することができません。

RDPの仕組みとは?

遠隔操作できるドローンやおもちゃの車を考えてみてください。ユーザーはボタンを押して遠くからドローンや車を操縦し、コマンドが車両に伝達されます。RDPの使用もこれに似ています。ユーザーのマウスの動きやキーボードの入力はデスクトップコンピュータにリモートで送信されますが、ドローンのように電波ではなくインターネット経由で送信されます。ユーザーのデスクトップは、ユーザーがその前に座っているかのように、接続先コンピューターに表示されます。

RDPプロトコルは、接続されたマシン (リモートデスクトップと現在使用中のコンピューター) 間でデータを送受信するための専用ネットワークチャネルを開きます。RDPでは、常にネットワークポート3389をこのために使用します。マウスの動き、キーボードの入力、デスクトップディスプレイ、その他の必要なすべてのデータは、このチャネルを介して、TCP/IPを経由して送信されます。TCP/IPは、ほとんどの種類のインターネットトラフィックに使用されるトランスポートプロトコルです。また、RDPはすべてのデータを暗号化して、パブリックインターネット経由の接続をより安全にします。

キーボードとマウスの操作は、暗号化してインターネット経由で送信する必要があるため、これには数ミリ秒かかります。また、デスクトップディスプレイがユーザーに返送されるため、わずかな遅延が生じることがよくあります。たとえば、ユーザーがアプリケーションをダブルクリックして開くと、実行前にユーザーのアクションがデスクトップに送信されるため、「ダブルクリック」が数ミリ秒間行われないことがあります。その後、アプリケーションが開くと、ディスプレイがユーザーに返送されるまでにまた短い遅延が生じる可能性があります。

RDP使用に関する長所と短所

RDPにはいくつかの利点があります。利点の1 つは、VPNを必要としないことです。また、データをユーザーのデスクトップに安全に保存し、クラウドサーバーや、セキュリティで保護されていないユーザーの個人用デバイスに保存することはありません。さらに、RDPにより、従来のオンプレミスの ITセットアップを持つ企業でも、従業員の在宅勤務が可能になります。

ただし、RDPは、特にローカルインターネット接続が遅い場合は、ユーザーに遅延をもたらす可能性があります。これにより、リモートワーカーが苛立ち、生産性が低下する可能性があります。RDPには、サイバー攻撃の対象となり得るセキュリティ上の脆弱性がいくつかあります。(RDPセキュリティの詳細については、こちらをご覧ください )。

Cloudflareは、RDPの高速化と保護にどう役立つのか?

Cloudflare Spectrum は、長距離のRDP接続やその他のネットワークの問題に関連するネットワークレイテンシーを低減します。Cloudflareは、Smart Routingを使用することによって、セッションの接続時間を短縮し、全体的なネットワークレイテンシーを削減し、よりリアルタイムのユーザー体験を実現します。Cloudflareはまた、Tunnelを提供し不正なポート3389接続を防止し、RDPの安全性を高めます。

さらに、Cloudflare Zero Trustプラットフォームは、リモートチームの安全性と生産性を維持するのに役立ちます。Cloudflareネットワークの背後にRDP接続されたアセットを配置することで、企業は脆弱性のあるユーザーパスワードに頼るのではなく、SSO認証情報を使用してセッションを検証できます。