ScoopWhoop

CoopWhoopはCloudflareのサービスを利用して、webサイトのパフォーマンスを向上させつつ、帯域幅コストも削減しています。

scoopwhoop-graphic

ScoopWhoop Mediaは、毎月3000万人を超えるユーザーに利用されているインターネットメディア企業です。ScoopWhoop、Vagabomb、GazabPostの三つのメディアブランドを運営し、ローカルニュースから、旅行、スポーツ、フードに至るまで様々なコンテンツを提供しています。

ScoopWhoopの課題:大容量のメディアファイルを抱える大規模メディア企業

プラットフォーム全体で合計3億8000万のコンテンツビューを抱えるScoopWhoopは、ユーザーに向けて、大量のコンテンツを提供しています。それだけではなく、最高品質のコンテンツを目指して日々努力しています。つまり、ユーザーに圧縮されて画質の低い画像ではなく、高解像度の大画像ファイルを提供することを選んでいるということです。しかしユーザー数が急増し続け、サイトのコンテンツのサイズも拡大し続けるにつれ、ScoopWhoopの帯域幅コストとインフラストラクチャコストも同様に上昇してきました。独自のインフラストラクチャを構築するということは、主力製品の構築からエンジニアリソースを奪ってしまう上に、社内ソリューションの構築に時間がかかる分、高価な帯域幅料金を支払い続けることも意味するのです。そこで、ScoopWhoopは帯域幅負荷を軽減し、高速かつプレミアムな経験をすべてのエンドユーザーに提供するために、コンテンツ配信パートナーを探しました。

ScoopWhoopのソリューション:パワフルで使いやすいネットワーク

ScoopWhoopは、Cloudflareのネットワークこそが問題解決に必要なソリューションであるという結論に至りました。現在、CloudflareのCDNは世界中の200を超える都市に広がるデータセンターからScoopWhoopのコンテンツをキャッシュし、提供しています。それに応じて、ScoopWhoopはサイトとアプリケーションのパフォーマンスを向上する一方で、帯域幅コストを84%以上削減しています。

さらに、CloudflareのPage RuleとWebsite Optimization機能を活用することで、ScoopWhoopのサイトパフォーマンスはさらに向上しました。CloudflareのMirage 画像の最適化では、二種類の画像バージョン(オリジナルサイズの1%ほどの仮想化した画像と高品質のオリジナル)を提供することで、画像読み込み時間を短縮します。ページの読み込み時、Cloudflareは、高解像度の画像を読み込む一方で仮想化した画像を提供し、エンドユーザーには完全にインタラクティブなwebページを表示します。

ScoopWhoop
関連導入事例

Cloudflareは多数のカスタマイズ可能なソリューションを提供しており、その設定も展開も優れたUIで実に簡単です。さらに、優れたセキュリティ機能のおかげで頭痛の種が減り、主力事業に集中できます。

Debarshi Banerjee
共同設立者兼CPO