New Easy

New Easyは妥協のないパフォーマンス、セキュリティ、コス��削減を達成しています。

new-easy-graphic

NewEasy.comは、生活を楽にする革新的な新商品を販売するオンラインストアです。New Easy Marketplaceは、買い物客が大好きなAs Seen On TVの商品をはじめ、何百もの商品を取り揃えた、買い物にうってつけの場所です。As Seen On TV, Inc.の社長兼CEOのRon Rule氏は、「当社は直接対応するトップメーカー全社と仕事をしています。そして、発明者と直接やりとりをして新しい商品をWebと消費者向けの小売りスペースに提供することもしています。」と説明します。

New Easyの課題:何百万もの訪問者によるスパイクにもメディアを提供すること

「もともと当社が抱える課題は、自社サイトでメディアコンテンツを提供することでした」と、同氏は続けます。「当社が扱っている何千もの商品には、画像はもちろん動画がついていることも多く、それを何百万人もの訪問者が閲覧するのですから、CDNは不可欠でした。」CDN、つまりコンテンツ配信ネットワークは、静的コンテンツをキャッシュし、エンドユーザーに直近のエッジサーバーからそれを送信することで、New Easyのメディア配信をサポートします。このキャッシングと配信方法によって、帯域幅の負荷が軽減されるだけでなく、訪問者は遠く離れた配信元サーバーからではなく、最も近いデータセンターからデータを受信するため、パフォーマンスも改善されます。

「二つ目の課題は、当社のサイトに到達するトラフィックのスパイクの対処方法でした」とRule氏は付け加えます。「通常、サイトにいるユーザーは数百人かも知れませんが、テレビで商品のコマーシャルが流れると、トラフィックの急上昇が発生します。その後、不必要なコストをかけることなくトラフィックスパイクに対処できる設定を維持することが困難でした。」

CDNがなければ、こうしたトラフィックスパイクでサーバーは過負荷となり、サイト全体がオフラインになるか、パフォーマンスがひどく低下します。「お客様は、遅いページを待つなんてことをしません」と同氏は指摘します。「すぐに読み込まれなければ、「戻る」ボタンを押して、他の場所で買い物します。」

Rule氏は「それにセキュリティも心配でした」と続け、「毎週のように新しい脆弱性が、あらゆるサーバープラットフォームで見つかっているようでした。」

New Easyのソリューション:セキュリティ内蔵のパワフルで使いやすいCDN

「何社か、調査しましたよ」とRule氏は話し始め、「しかし、その全社に共通の欠点がありました。つまり、当社がすでに持っているもので対処するのではなく、リクエストを特定のCDN URLへと再ルーティングするためにページ上のコードを修正するのです。コード変更は、ページの動作を何らかの形で妨げることが��いようです。これはユーザー体験を悪くすることもあり、当社が求める改善ではありませんでした。」

「しかし、」と、同氏は続け「Cloudflareはコードや画像URLに変更することなく機能しました。当社のドメインでコンテンツを配信していますし、どのJavascriptも混乱させませんでした。完全な透明性があり、フロントエンドに問題を起こすことなく、バックエンドで作業が行われました。以前、Cloudflareを他のプロジェクトで利用したことがあり、最初のコードを書く前から、CloudflareがNew EasyのWebサイトにとって不可欠であると判断しました。Cloudflareなしでは、作業の多くを楽に行うことはできなかったでしょう。」現在、New EasyはCloudflareのCDNを利用してキャッシュし、世界250都市に広がるCloudflareのデータセンターからコンテンツを配信しています。その結果、高速で高性能なサイトを提供しながらコストの大幅削減を実現しました。「当社のホスティングインフラストラクチャ費用が、毎年3万米ドルの削減されると見込んでいます」と同氏は言います。「Cloudflareは、帯域幅消費を大幅に削減し、キャッシュから大量のコンテンツを提供し、サーバーリソース要件を全体的に大きく削減してくれました。」

「サイトのセキュリティについて、New EasyはCloudflareの保護レイヤーに満足しています。「セキュリティは、今の時代極めて重要です」と、Rule氏は続けます。「セキュリティの観点からすべて正しいことをしたとしても、Webホストや基盤となるサーバープラットフォームに脆弱性があると、機密性の高い顧客データが危険にさらされます。あまり宣伝されていないCloudflareのネットワークの利点があります。それは、Webサーバーとユーザーの間に追加のレイヤーが加わることで、不正行為者が配信元サーバーに直接手を下せなくなります。サイトをスキャンには、本当のサーバーOSまたはスクリプトエンジンのバージョンが表示されていないため、大量の「自動」ワームが脆弱性を探しても、無視するでしょう。なぜなら、サイトが使用している技術の詳細が分からないからです。」

Rule氏はこのようにまとめます。「正直言って、Cloudflareの一番いいところは、プロセスの簡潔さです。プロセスについて考える必要もないし、そこにあることに気づくこともありません。あるべき形ですべてが機能します。仕組みの詳細を把握すると、さらに多くのメリットが得られますよ。」

Cloudflareのサービスを利用すると、ネームサーバーを変更する以外なにもしていないのに、ファイアウォール、CDN、それから、通常は大規模なジオ冗長サイトだけで使用されているようなもののすべてが装備されたようなものです。

Ron Rule氏
社長兼CEO